Yahoo! JAPAN

冬のリバーシーバスゲームで50cm本命2尾 動かさないルアーにヒット?

TSURINEWS

いろいろかえて導き出したシーバス(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

雪のちらつく2021年末、大分県のリバーにてシーバスを狙ってきた。いるのに食わない本命をいろいろ試して攻略し、渋いながらもなんとか釣り納めに至った釣行をレポートする。

厳寒期のシーバスゲーム

冬はシーバスゲームにおいては厳しい季節。冬の産卵に絡んでくるシーバスは秋の荒食いが終わると産卵のために一度岸沿いから離れてしまう。

そのためサイズが出しにくくなり、反応があってもセイゴばっかりという結果になりがち。水温が低くなり、シーバスの適水温から外れるため食い渋っていることも釣りにくい要因の一つ。

厳しい冬のシーバスゲーム(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

防寒対策は万全に

真冬の釣りは寒さとの戦い。真冬のシーバスは居ても食わないケースが多く、ゆえに正解に辿り着くまでに時間がかかることがある。そのため、集中力を欠かないための防寒対策は過剰に思うくらいきっちりしておいた方がいい。

足の裏に貼るカイロ、体に貼るカイロ、防寒インナーに防寒着を着込んでもまだ足りないほど寒かった。

繊細な釣りになりやすいので、集中力が貴重な釣果へのひとつの鍵となる。

風裏ポイントではヒットなし

12月30日は中潮で、16時ごろが満潮。当日は北西風が強く、とても風表では釣りのできない状況だったので、風裏のポイントを選択した。

風の当たる対岸のポイントにもルアーが届く川幅の場所にエントリー。下げ潮の間は当たりも無くベイトも視認できなかった。

小休憩を挟み上げ潮狙いに切り替える。ベイトは時折ザワつくが、シーバスからの反応は結局得られなかった。釣り終わりに橋の上から覗くと、シーバスはしっかり居た。居るのに食わせられない、冬の渋さを味わった。

川をかえて2日目

12月31日は中潮で18時ごろが満潮。風の影響を受けにくい河川に移動した。どうしても下流側から斜めに風を受けるので、満潮からの下げが大きく動く時間になんとか魚を獲りたい。

同行者のミノーにショートバイトがあったので、こちらもミノーにかえて完全にルアーをドリフトさせて明暗部に流し込む。ショートバイトを抑えて流し続けると本アタリが出た。

ミノーをドリフトさせキャッチ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

50cmの産卵にはまだ参加していない個体。

カゲロウ100のドリフトに反応した。ルアーが泳いでいるのを感じるスピードでリールを巻いてしまうとアタリが出ないので、イトがたるんだ分だけを巻き取るスピードで巻く。

その後もリップレスミノーにだけ反応が出る時間が続いた。komomo110にしっかりとしたアタリが出た。その後も同サイズを1匹追加し納竿とした。

反応がないならこまめにかえる

冬のシーバスは上述の通り、居ても食わないことが多い。同じルアーを投げ続けるのではなくどんどんルアーをかえ、投げる角度や水深をかえてなんとか正解を探してほしい。

<檜垣修平/TSURINEWSライター>

The post冬のリバーシーバスゲームで50cm本命2尾 動かさないルアーにヒット?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事