Yahoo! JAPAN

アップル、血中酸素濃度を測定できる「Apple Watch Series 6」と税別29,800円の「SE」

価格.comマガジン

アップル、血中酸素濃度を測定できる「Apple Watch Series 6」と税別29,800円の「SE」

米アップルは2020年9月15日(現地時間)、オンラインイベントを開催し、腕時計型端末「Apple Watch」の新モデルとして、血中酸素濃度を測れる「Series 6」と価格を抑えた廉価モデル「SE」を発表した。国内ではどちらも9月18日に発売する。

アップルストアでの価格は、Series 6が42800円(税別)から、SEが29800円(税別)から。ケースサイズはどちらも44mmと40mmの2種類を用意する。

Apple Watch Series 6

新センサーとアプリで血中酸素濃度を測定

Apple Watchはこれまで心拍数や心電図計測などでユーザーの健康を手首から支えてきた。最新のSeries 6では光を使って血液中の酸素濃度を測定できるようになり、健康をサポートする端末としていっそう強化された。裏蓋に搭載された4つのLEDクラスターと4つのフォトダイオードで構成される新しいセンサーと、アプリを使って血中酸素濃度を測定する。

血中酸素濃度は裏蓋に搭載された新しいセンサーとアプリを使って測定する

血中酸素濃度は健康状態を把握するためのバロメーターのひとつとされるが、Series 6の同機能はあくまで健康管理とフィットネスのためで、医療での使用や診断を目的としたものではないという。

SoCは、「iPhone 11」の「A13 Bionic」をベースにした第6世代の「S6」チップ。高性能なデュアルコアプロセッサーを搭載しており、前世代の「Series 5」の「S5」チップから最大20%高速化しているという。さらに、常時表示Retinaディスプレイは、手首を下げた状態で以前の2.5倍明るくなっている。

デザイン面では、Apple Watch史上最もカラフルなラインアップを揃える。ブルーアルミニウムケース、ゴールドステンレススチール、グレイブラックのステンレススチール(グラファイト)、そして(PRODUCT)REDが初登場。素材はチタニウム、ステンレススチール、100%再生アルミニウムなどから選べる。バンドにはバックルのない「ソロループ」と「ブレイデッドソロループ」が新たに加わった。

ブルーアルミニウムケースとブレイデッドソロループ
(PRODUCT)REDアルミニウムケースとスポーツバンド
ゴールドステンレススチールケースとミラネーゼループ
グラファイトステンレススチールケースとレザーリンク

OSは、手洗い管理機能や就寝準備といった機能が備わった「watchOS 7」。なお、同モデルから環境に配慮して電源アダプターが付属しなくなる。

価格を抑えた廉価モデル「SE」

SEは、Series 6のデザイン要素とApple Watchの主要な機能を兼ね備えた廉価モデル。29800円(税別)からという購入しやすい価格が魅力だ。常時表示Retinaディスプレイなど一部機能は省略されているが、コンパスや高度計はSeries 6と同じもので、最新のモーションセンサーも搭載しており、転倒検出もサポートする。

Apple Watch SE

Cellularモデルで使える「ファミリー共有設定」

Apple WatchはiPhoneとペアリングしないと使えないため、iPhoneを持っていない子どもや高齢の家族だと使えない。それを解消するのが新しい「ファミリー共有設定」だ。自分のiPhoneに子どもや高齢の家族のApple Watchをペアリングでき、それぞれが個別の電話番号とアカウントで使うことができる。

たとえば、子どもなら親が連絡先を管理して電話やメッセージの相手を限定できる。自動位置情報通知を設定すれば、子どもがどこにいるかもすぐにわかる。学校でも使えるように、通知などを切って勉強に集中できるスクールタイムモードも備える。

ファミリー共有設定はSeries 4以降のCellularモデルに対応する。オンラインイベントでは「au」がサポートすることが示されていた。年末までにはさらに対応キャリアが増える見込みだという。

自分のiPhoneに家族のApple Watchを紐付けて管理できるファミリー共有設定

このほか、Apple Watchと連携したフィットネス動画サービス「Fitness+」を北米など一部の国で2020年末から開始することも発表された。Apple TVやiPhone、iPadでトレーナーの動画を見ながら、Apple Watchを装着して運動する。Apple Watchで測定したカロリーなどのデータがリアルタイムに動画上に表示され、モチベーションアップにつながるという。ヨガや筋肉トレーニング、ローイングなどさまざまなバリエーションを用意する。運動に適した音楽も用意してくれるという。利用料金は月額9.99ドル。

フィットネス動画サービスのFitness+。日本でサービスが開始されるかは不明

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. サバンナ高橋、今田耕司との食事会「荒れそうですわ」

    ナリナリドットコム
  2. 「おジャ魔女どれみ」全201話が1週間限定で無料配信 ニコ生&GYAO!で実施

    おたくま経済新聞
  3. 【世界ひとり飯35】物価高のストックホルムで海鮮スープをリーズナブルに

    TABIZINE
  4. 【後編】「本当のパパじゃない」小5の子どもに打ち明けるべき?悩みぬいた末に……

    ママスタセレクト
  5. 原因は自分にある。ハロウィンにちなんだスペシャル配信イベントを開催! さらに1stアルバムの発売も決定!

    WWSチャンネル
  6. 【前編】「本当のパパじゃない」小5の子どもに打ち明けるべき?悩みぬいた末に……

    ママスタセレクト
  7. 「腎」の弱りが不調の原因?薬膳的・更年期の不調ケアのコツ

    つやプラ
  8. おでんと新鮮な魚が自慢! 赤羽『なごみ処 響』で、充実のカウンター飲みを

    さんたつ by 散歩の達人
  9. 阿久津仁愛「カンパニー全員で、すべてをかけて創りました!」 ミュージカル『テニスの王子様』Dream Streamインタビュー

    SPICE
  10. 山本彩、「ゼロ ユニバース」MVメイキングダイジャスト映像公開。10/28 21時より「against」MVのプレミア公開も

    Pop’n’Roll