Yahoo! JAPAN

はんにゃ・川島、隔離中に娘から貰った手紙を公開「感動」「可愛すぎる」の声

Ameba

芸名を“川島ofレジェンド”に変更したお笑いコンビ・はんにゃの川島章良が24日に自身のアメブロを更新。隔離中に娘・きあちゃんから貰った手紙を公開した。

21日のブログで、川島は40歳の誕生日に新型コロナウイルスに感染したことを報告。23日には朝食とともに手紙を受け取ったことを明かし、手紙に「もう出てくるんじゃないよ!!!」と書かれていたことを説明。部屋から出ていることが子ども達にばれてしまったといい「子供達が興奮してあきぷーと言って会いたい感情がでてしまった」と報告し「みんな我慢してるのにでてくるんじゃないよの手紙だね」「もうしわけない」とコメントしていた。

この日は「あきぷーいなくても不思議と寂しくないね」というきあちゃんの一言を紹介し、「やめてよー」とコメント。「なかなか会えなくて強がってるってきあちゃんに関してはないのよ」と説明し、「たぶん日常になってきたのかな?」と推測した。

一方で「ドアの隙間から、、紙が届いた」と報告。「青くぬられた紙にうっすらと、、文字が」と述べ「あきぷーだいすきだよ」と書かれた手紙の写真を公開。最後に「うぇーん!!」と感激した様子でつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「薄っすらと見える文字に感動」「可愛すぎる」「頑張って!」「安心感があるんだと思います」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事