Yahoo! JAPAN

「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」見知らぬ男性からの暴言にママたちが大反論!

ママスタセレクト

2020年7月初旬、Twitterで「ポテトサラダ」が突如としてトレンドの上位に挙がってきました。

ある人が見かけたスーパーの総菜コーナーでの出来事についての呟きです。幼児を連れた女性が総菜売り場のポテトサラダのパックを手に取ったところ、見知らぬ高齢の男性から「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」と言われます。彼女は突然浴びせられた暴言に言い返すことができず、立ち尽くし……。この様子を見ていたTwtterの投稿者さんは女性に対して、「大丈夫ですよ」と心のなかで念じながらポテトサラダを2パック購入した、とのことでした。

ママたちからは母親に対して暴言を浴びせた男性に、反論するコメントが寄せられました。

『母親ならポテトサラダくらい作れだと? Twitterで見たけど、惣菜売り場でポテトサラダを買おうとしたママに老人が放った言葉。余計なお世話だよね』


”母親なら”という言葉に対してママたちは大反論!「余計なお世話」

『その老人、ホント余計なお世話だわ』


『本当に余計なお世話。その年でも何が失礼かわかんないんだね』


『他人の家庭に口出しするなって話だよね』


『人んちの家庭の事情とかいろいろあるし余計なお世話だよね。スーパーからしてみたら営業妨害』


『人が選んでいるもの、カゴをのぞきこむ老人、品がないねー』


ママたちは高齢の男性が幼児連れのママに浴びせた暴言について「余計なお世話」とのコメントで反論していました。スーパーで何を買おうと、他人には何も関係のないことです。自分だけの価値観で他人をジャッジすることは、失礼のひと言ではないでしょうか。その男性のひと言でポテトサラダが売れない可能性があるわけで、”スーパーへの営業妨害”では、とのコメントがありました。

そもそもポテトサラダを作るのは意外と手間がかかるのに

そもそもポテトサラダは、作るのが面倒だからこそ、お惣菜として求められているのにとの意見もありました。

『メインにもならないのに面倒だよね』


『地味に手間かかるよ』


『結構、手間がかかるからねー。手間がかからず安く買えるなら惣菜の方がいい』


『野菜切って茹でてどれだけ手間ひまかけていると思っているんだ』


『この間じゃがいもを大量にもらったから、一気に蒸してつぶして大量のポテトサラダにしたけど家族で食べたらあっという間に食べ終わって、けっこう大変だったのに! ってなった。しかも副菜扱いだし作りがいがない』


『ポテトサラダってじゃがいもを茹でるの時間かかるから、ちょっと面倒なんだよな』


ポテトサラダは、じゃがいもを茹でる(蒸す)、皮をむく、つぶすなど、じゃがいもの調理だけでも時間がかかります。加えてサラダに入れる具材を調理する工程もあります。水分が多いきゅうりなどを入れるなら塩もみして水切りをしたり、卵を入れるなら卵も茹でたり。作る工程は少なくないのに、肉や魚のようなメイン料理にはなりづらいところも、ポテトサラダ作りのハードルが高いとママたちが感じる理由のようです。

事情を知らない他人の余計なお世話は、気にしないことがいちばん


幼児連れのママに暴言を浴びせた男性は、ママの反応をみることなくその場を去ったということでした。すぐにその場を去るくらいなら、口を閉じることもできたのでは、と筆者は思わずにはいられません。

『作る方の大変さを知らない、残念なおじいさんなんだろうね。自炊する人ならこんなこと言わない。言われた人に「気にするな」って言ってあげたい 』


”母親なら”、”ポテトサラダくらい”という言葉に限らず、他人の価値観で何を言われたとしても気にする必要はありません。母親として子どもや家族のためにできることをやっているのなら、文句を言われる筋合いはないはずです。

ママは自分の行動を信じて胸を張っていてくださいね。

文・しのむ 編集・しらたまよ

おすすめの記事

新着記事

  1. あれ、何か泣けてきた…ゴールデン赤ちゃんの成長記録を見たら、我が子のパピー時代を思い出して胸熱ホロリ…【動画】

    Retriever Life
  2. ど正面から何度も威嚇する柴犬と、微動だにしないイカつい鳥さん。この激しい温度差がシュールすぎてジワジワ不可避【動画】

    柴犬ライフ
  3. Aqoursとファンの「失われた世界」が初のオンラインライブで甦る! 「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours ONLINE LoveLive! ~LOST WORLD~」DAY1レポート

    SPICE
  4. 【子連れドライブ】無料で遊べる!那須ガーデンアウトレットに『落書きし放題の店』限定OPEN!

    ウレぴあ総研
  5. 韓国ミュージカル『ランボー』がCS衛星劇場にて日本初放送決定 “天才詩人”アルチュール・ランボーが主人公の創作ミュージカル

    SPICE
  6. 争奪戦だ~! 大人気「ステラおばさんのクッキー」お楽しみ袋が27日に発売

    東京バーゲンマニア
  7. 「村上隆コラボアフタヌーンティー」が可愛すぎ♪ “お花”づくしの気になる内容

    ウレぴあ総研
  8. バターとあんこの禁断のマリアージュ。昭和8年創業の淡路町『珈琲ショパン』で味わう、絶品アンプレス

    さんたつ by 散歩の達人
  9. グッズ付きの京都鉄博入館券、第2弾を発売中 11月には「硬券印刷機」を使用するワークショップも

    鉄道チャンネル
  10. 柿澤勇人×鴻上尚史『ハルシオン・デイズ2020』対談 「芝居を観終わった頃には“明日も元気に生きよう”という気持ちになっていただければ」

    SPICE