Yahoo! JAPAN

鈴木亮平、バズ似を自認!今田美桜が指摘した“共通点”は?

フジテレビュー!!

アニメーション映画「バズ・ライトイヤー」の初日舞台挨拶が、7月1日に行われ、日本語吹き替えを担当した、鈴木亮平さん、今田美桜さん、山内健司さん(かまいたち)、りょうさんが登壇しました。

この作品は、ディズニー&ピクサーの最新作。「トイ・ストーリー」シリーズで、誰よりも仲間思いの“バズ・ライトイヤー”の、知られざるルーツを描くファンタジー・アドベンチャー。

左から)山内健司、今田美桜、鈴木亮平、りょう

山内健司、猫の被り物に「どの現場でも、この格好で行きたい」

主人公のバズ・ライトイヤー役の鈴木さんは、「無限の彼方へ、さあ、行くぞ」と、バズのセリフを引用してあいさつ。

続けて、「一足先に、この映画を見させていただいているのですが、試写室でしか見ていないんです。大きなスクリーンで見られる皆さんが、とてもうらやましいです。アトラクションに乗っているような映画なので、楽しんでください」と語りました。

バズの運命を変える仲間・イジー役の今田さんも、「こんなに大きなスクリーンで見たことがないので、すごいと思います!」とオススメしました。

猫型の友だちロボット・ソックス役の山内さんは、「こういう舞台挨拶は初めてでして…。気合を入れて先日、(都内にある美容室)『OCEAN TOKYO』で髪を切ってきたのですが、今日来てみたら、ソックスを被らせていただけるということで、自分でもびっくりしております。持って帰りたいぐらい、気に入っています」と、被り物を指さしながらコメントし、周囲を笑わせました。

司会者から、「自身の姿を携帯で撮りましたか?」と聞かれると、山内さんは「写真は撮りました。普段よりいい感じです。許してもらえるのなら、どの現場でも、この格好で行きたいです」と返答。

山内さんの姿に、鈴木さんは「『かわいい』しか出てこないですよね。どっちを向いて話しかければいいのか迷いますけど…。(見比べてみると)似てますね。目がクリンとしているのが」と絶賛しました。

山内さんは、「(ステージの)裏でも、女性のスタッフが、『かわいい』と言ってくれて。平気な顔をしていましたが、めちゃくちゃ嬉しいです」とほほ笑みました。

鈴木亮平はバズにそっくり!?今田美桜も納得「分け目が一緒です」

本作の注目ポイントを聞かれた鈴木さんは、「『トイ・ストーリー』を見ていて、バズの設定はなんだろう、と。劇中で『スターコマンド』とか『ザーグ』とか言っていますけど、(本作を見れば)わかりますから」と説明。

そして、「『無限の彼方へ、さあ、行くぞ』と、(『トイ・ストーリー』シリーズでバズの吹き替えを務めている)所ジョージさんが言うじゃないですか。自分がバズの吹き替えを試みる前に、一旦、所さんのモノマネはしているんですよ」と。

続けて、「どれくらい、(モノマネ要素を)振りかけるかな、と。結局、隠し味程度でしか、振りかけていないんですけど…」と明かしました。

また、鈴木さんは「バズが自分自身に似ている」と感じたそうで、「顎がしっかりしているんですよ。カックとした感じが、『似ている』と言われます。髪型も若干近いかもしれない」と、ステージに用意されたバズのイラストと見比べると、今田さんも「分け目が一緒です」と同調。

山内さんは、「ネタバレのぎりぎりラインを、どう攻めたらいいのかわからないので…。とにかく、大阪時代にロケで、海に飛び込みまくっていた芸人が、こんな声優をしているんだ、というところに注目してもらえれば」とアピール。

そして、「もし、山内ファンの方がいるのであれば。今(会場を)見渡す限り、1人もうちわとか持っていないですけど…」と、観客に目をやると、「あっ、1人いました!ありがとうございます」と驚き。

続けて、会場にいる山内さんのファンを何人か見つけると、「いない方が(笑いとして)おいしかったんですけど」と残念がりました。

映画「バズ・ライトイヤー」は、全国公開中。
©2022 Disney /Pixar. All Rights Reserved.
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

【関連記事】

おすすめの記事