Yahoo! JAPAN

【玄界灘】沖のエサ釣り最新釣果 エビラバで91cm8.5kg大ダイ浮上

TSURINEWS

90cmオーバーの大ダイ浮上(提供:昭隆丸)

福岡県から沖釣り最新釣果情報が入った。エビラバで91cm8.5kgの大ダイ登場。乗っ込みマダイがハイシーズンを迎え、夢の大ダイに出会えるチャンス!ほか夜焚きイカ釣りではパラソル級ヤリイカも狙える。

第二磯丸

4月10日、福岡県遠賀郡・芦屋の柏原漁港の第二磯丸が玄界灘方面へ夜焚きイカ狙いへ。スルメイカ主体ながら3対1の割合でヤリイカも交じりヒットしており、ヤリイカはアタると良型サイズで、今後は乗りも上向いてくるため好土産が楽しみだ。ジギングではヒラマサ10kgオーバーを筆頭に船中で30~40尾と上がっており、こちらも釣果は順調だ。これから夜焚きイカをメインにジギング、根魚五目などに出船する、予約受け付け中。

ヤリイカ上昇中(提供:第二磯丸)

第二宮一丸

4月10日、福岡県宗像市大島の第二宮一丸がテンビン五目で玄界灘に出船すると、良型アカイサキ、大中小型イサキ、ヒラゴ交じりの釣果が上がりクーラーもご覧のように埋まった。船長は「日によってムラがあります」と話している。

テンビン五目で多彩にヒット(提供:第二宮一丸)

友栄丸

4月9日、福岡県宗像市・大島の友栄丸が玄界灘の夜焚きイカ釣りに出船すると、イカメタルで挑戦した乗船者らはスルメイカ1人60~70尾、パラソル級のヤリイカ1人4~7尾の釣果。まだまだシーズン突入前だが好感触を得たようだ。船長は「これからヤリイカ主体の釣果になっていく見込みです」と話している。

シーズン前に好感触(提供:友栄丸)

明石丸

4月11日、福岡県宗像市・大島の明石丸がテンビン五目で玄界灘に出船すると、この日はイサキ25~40cm主体にダブル・トリプルで上がる時間帯もあるなど好調。マダイ1~4kgも交えクーラーも十分満たされている。今後もイサキを筆頭にマダイや青物交えた釣果が望めそうだ。

良型主体にイサキ連掛け(提供:明石丸)

金生丸

4月10日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の金生丸が沖五目釣りで玄界灘に出船すると、船中ではレンコ25尾、アオナ23尾、タカバ25尾、アラカブ20尾、アコウ3尾、イトヨリ5尾など高級根魚メインに好土産ができた。写真は、良型アコウをゲットした北九州市の吉開さん。なお、ゴールデンウイークは沖五目釣りかアジ泳がせ釣りで出船予定だが、まだまだ乗合募集中とのこと。

良型アコウ手中(提供:金生丸)

蛭子丸/鐘崎漁港

4月10日、福岡県宗像市・地島の蛭子丸/鐘崎漁港がアジ泳がせ釣りで玄界灘に出船すると、アコウやタカバの好ヒットが続き良型~大型が揃った。また、8日に沖五目釣りで出船した時は、良型アマダイ、アオナ、タカバ、ボッコ~アラカブなどがヒットしている。同船人気のリレー船でチャレンジしてみるのも面白い。

タカバほか好ヒット(提供:蛭子丸/鐘崎漁港)

新生丸

4月13日、福岡県福津市津屋崎漁港から新生丸が玄界灘の沖の根魚釣りに出船。タカバやアコウ、ボッコなど高級魚揃いでクーラーに収め、特に注目されたのがエビスダイで4~5kgの大型。船長も「このサイズはあまり見たことがない」と話している。根魚のほかにアマダイが交じる人もおり、クーラーの中は朱色で華やかだ。

大型ほかクーラー満タン(提供:新生丸)

福岡市中央区港かもめ広場前からが玄界灘のヒラマサ狙いキャスティングゲーム~ジギングに出船。朝は渋い状況もあり、ジギングでヒラマサ数尾。場所移動から好転し、キャスティングでヒラマサ13.34kgがキャッチされた。

ヒラマサ13kg超えキャッチ(提供:優)

海遊丸

4月10日、福岡市西区の姪浜能古島渡船場から海遊丸が玄界灘のタイラバに出船。船中でマダイ5~6kg頭に32尾、ヒラメ、アオナ、レンコダイなどの釣果。船長は「マダイの型がよく、クーラーに収まらない人もいた」と好調を話す。

マダイ好調(提供:海遊丸)

昭隆丸

4月9日、福岡市西区の姪浜漁港から昭隆丸が玄界灘のエビラバに出船。福地さんの1投目、ものすごい引きでヒット。しばらくやり取りをしてタモに収まったのは91cm8.5kgの大ダイ。乗っ込みマダイがハイシーズン。夢の大ダイに出会えるチャンス。

90cmオーバーの大ダイ浮上(提供:昭隆丸)

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年4月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post【玄界灘】沖のエサ釣り最新釣果 エビラバで91cm8.5kg大ダイ浮上first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事