Yahoo! JAPAN

5月15日放送の“静岡発そこ知り”は「復活グルメ~受け継がれる思い出の味~」

アットエス

コロナ禍、店主の高齢化、後継者問題など、愛されつつも様々な理由で閉店を余儀なくされる飲食店。

そんな中でも「この味をなくしたくない」という思いから復活したグルメがあります。味を復活させるまでの、思い、苦労などと共に、受け継がれる「思い出の味」を紹介します。

トータルテンボスと杉本真子アナウンサーが訪ねたのは浜松。「餃子の町」と言われるより以前に創業した餃子の名店「かんべゑ」の味を受け継ぐ「七福」。カリカリ、もちもちの皮と野菜たっぷりのジューシーな餃子を復活させたのは内藤温子さんです。三重県出身だという内藤さんは「かんべゑ」のことを知らなかったのですが、一体なぜ後を継ぐことになったのでしょう?

重長アナウンサー&近江アナウンサーのコンビは、相模湾を望む熱海の山奥に佇む洋食店へ。

元々は東京で洋食店をしていたご主人ですが、15年間のブランクを経て場所を変え、熱海の山奥に店を構えた理由とは?そして今でも、当時を懐かしんで東京からわざわざ訪れる人が後を絶たない人気ナンバーワンメニューの「和風オムライス」が登場。フレンチのレストランで修行を積んだご主人が作り上げたオリジナルのオムライスに、「今まで食べたことがない味!」と重長アナウンサー&近江アナウンサーもドハマりしていました。

【出演者】大村朋宏・藤田憲右(以上トータルテンボス)、杉本真子・重長智子・近江由佳(以上SBSアナウンサー)※敬称略

「静岡発そこ知り」は5月15日(水)よる7時から、お見逃しなく!

【関連記事】

おすすめの記事