Yahoo! JAPAN

中深海釣りでクロムツ&オニカサゴ好捕 40cm後半の良型も顔出し

TSURINEWS

良型のオニカサゴを御用(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

1月3日(月)、南房洲の崎の勝丸からムツ~根魚五目で出船。波が高くバラシも多かったようだが、船釣果は27~45cmムツ2~10尾、25~48cmオニカサゴ0~2尾とカンコ、ユメカサゴ0~4尾。好調に釣れた中深海釣りの模様をリポートする。

ムツ・根魚五目釣り

1月3日(月)、釣友と初釣りで南房洲の崎の勝丸からムツ~根魚五目に乗船。出船前、船長から「潮が速いみたいだからオモリは200号。水深200mくらいから始めて、日が昇ってきたら270mまで流してみるつもりです」と案内される。

6時半、女将に見送られて鈴木兼治船長の舵取りで出港。予報より強い北風で波立つ海を航程約20分で真沖の釣り場に到着。

船着場周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

ひと流し目は船中35cmムツ

投入合図と同時に仕掛けを入れて着底を待つ。イトフケを取ったら置き竿で、オモリが底をトントンと叩く位置でアタリを待つ。

開始10分、水深が220mまで深くなったあたりで、右舷胴の間の安斎さんにアタリ。胴突き5本バリのチモトに、マシュマロボールを配した仕掛けに35cm級ムツ。

最初の流しは船中この1尾だけ、約30分で潮回り。

当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

ふた流し目に当日のハイライト

少し流す筋を変えたふた流し目、この日最初の山場がやってきた。まず、左舷ミヨシの曽根さんに30cm級の一荷。仕掛けを見るとやはり同様のマシュマロボールが付いている。

続いて右舷ミヨシの川島さんが30~35cmの3点掛け。2人が巻き上げているとき、底を取り直すと、竿先にアタリ。電動の中速で巻上げると30cmが2尾、下バリに掛かっていた。

さらに、右舷トモの多田さんは30cmのダブル。この間に安斎さんは30~35cmの2点掛けを連発。

多田さんがクロムツを一荷で(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

単発拾い釣りでポツポツ

3流し目は水深220mから。単発が多くなったが良型を拾い釣り。波が高いので、電動アワセで即巻き上げ。すると、今までにない竿曲がり。

海中に見えてきたのは、焦げ茶色の大きな魚体。抜き上げて計測すると45cm。掛かってきたのは中バリ。ポツポツではあるがムツのアタリが続き、30~35cmを3尾追釣。

50cm級クロムツを上げた筆者(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

オニカサゴ狙いに移動

10時すぎ、船長から「オニカサゴ狙いに移動しますので天ビン仕掛けに替えてください」とアナウンスがあり、船は沖へ向かって10分ほど走る。

10時半、水深125mから流し始めるとユメカサゴ。水深165mから緩いカケアガリを流すと、船酔いダウンの多田さん以外は全員にアタリ到来。コクン、コクンという引きでカサゴ。

曽根さんはカサゴの一荷。川島さんと安斎さんはそれぞれ45cmと48cm本命。

安斎さんが船中最大オニカサゴ(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

最終釣果

12時半に沖上がり。船釣果は27~45cmムツ2~10尾。25~48cmオニカサゴ0~2尾とカンコ、ユメカサゴ0~4尾。

【船長のコメント】

「波が高くてバラシが多かったようですが、ナギの日に潮が適当な速さで流れる日に当たれば、きょう以上の釣果が期待できますよ」

クロムツをダブルで上げた曽根さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

<週刊つりニュース関東版APC・木津光永/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年1月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post中深海釣りでクロムツ&オニカサゴ好捕 40cm後半の良型も顔出しfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事