Yahoo! JAPAN

おつまみアレンジに最適?刺身用サーモンを『サーモンたたき』に一工夫!

オリーブオイルをひとまわし

おつまみアレンジに最適?刺身用サーモンを『サーモンたたき』に一工夫!

サーモンの生食といえば刺身が定番だが、ちょっと変わった食べ方がある。それが「サーモンたたき」だ。本記事では、かつおのたたきのように表面を炙ったものではなく、ネギトロに使われるようなたたきを紹介する。カロリーや作り方をおさえて、気軽に試してみてほしい。

1.サーモンたたきのカロリーは?どうやって作る?

サーモンたたきは、生食用のサーモンをたたいて細かくした料理だ。材料は生のサーモンのみである。醬油をたらしてそのまま食べたり、ネギトロやなめろう、手巻き寿司にしたりすると美味しい。カロリーや作り方を見ていこう。

サーモンたたきのカロリー

サーモンたたきは、トラウトサーモンやアトランティックサーモンなど生食用のサーモンで作られている。ほかに加える食材はとくにないため、サーモンのカロリーがそのまま、サーモンたたきのカロリーということになる。
日本食品標準成分表によると、100g当たりのカロリーは、トラウトサーモン(にじます)が224kcal(※1)、アトランティックサーモン(たいせいようさけ)は、241kcal(※2)である。

サーモンたたきの作り方

まず、サーモンを包丁で粗く切る。その後、粘りが出るまで包丁でたたこう。たたいているうちにサーモンが広がってくるため、包丁で集めたり上下を返したりする。全体が均一に細かくなったら完成。

業務スーパーのサーモンたたきが便利

サーモンたたきは簡単に作れるが、販売もされている。市販品のサーモンたたきといえば、業務スーパーで売られている株式会社極洋の「サーモンたたき」が使いやすいと評判だ。冷凍されているため長期保存が可能で、冷蔵庫に移すか流水で解凍すればすぐに食べることができる。

2.サーモンたたきをアレンジ!カルパッチョ風に玉ねぎソースでいただく

サーモンたたきは醤油をかけて食べても美味しいが、洋風にアレンジすることもできる。簡単でおすすめなのが、カルパッチョ風の食べ方。サーモンによく合う玉ねぎソースを手作りして、オシャレな一品に仕上げよう。

玉ねぎソースの作り方

玉ねぎは、すりおろすかみじん切りにしておく。辛みが気になる場合は、細かくしてからしばらく空気に触れさせておくとよい。オリーブオイル、レモン汁、醤油、砂糖、塩などを混ぜ合わせたものに、細かくした玉ねぎを合わせれば、玉ねぎソースの完成だ。

サーモンたたきを野菜と組み合わせて

ミンチ状のサーモンたたきの盛り付けが難しいという人も多いのではないだろうか。キレイに盛り付けるコツは、野菜をうまく組み合わせること。
たとえば、薄くスライスしたラディッシュを並べたうえに、一口大に取ったサーモンたたきをのせていく。または、皿の中央にまとめて盛り付け、周りを生野菜で飾るという方法もよいだろう。ブロッコリースプラウトなどを散らして、彩りよく仕上げるのがポイントだ。

3.サーモンたたきとアボカドでユッケ風!おつまみにもぴったり

もう一つおすすめしたいのが、ユッケ風のアレンジだ。サーモンたたきとアボカドを使って、韓国風の味付けで楽しもう。

サーモンたたきとアボカドの組み合わせ方

アボカドは一口大にカットしてから、サーモンと一緒にたたくと濃厚なアボカドサーモンたたきになる。または、アボカドを一口大のままサーモンたたきの周りに盛り付けてもよい。アボカドのほかに、みじん切りにした玉ねぎを加えたりきゅうりを添えたりするのもおすすめだ。野菜を加えると、さっぱりとして食べやすくなる。

サーモンたたきをユッケ風の味付けに

サーモンたたきに直接調味料を加えて混ぜ合わせよう。使用するのは、ごま油、醤油、砂糖、おろしにんにく。辛くしたい場合は砂糖の代わりにコチュジャンを加えよう。

おつまみにもおすすめ

ユッケ風にアレンジしたサーモンたたきは、おつまみにもぴったりである。サンチュや焼きのりで巻いて食べよう。ほかにも、丼に盛ったごはんにたっぷりのせて、卵黄をトッピングして食べると絶品だ。

結論

サーモンたたきは、生食用のサーモンを包丁で細かくたたくだけで作ることができる。刺身とはまた違った食べ方を楽しめるため、自宅でも気軽に試してみてはいかがだろう。カルパッチョやユッケ風のおつまみなどは、おもてなしメニューとしても活躍しそうだ。(参考文献)
※1 文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」食品成分データベース 食品群名/食品名: 魚介類/(さけ・ます類)/にじます/海面養殖/皮つき/生

※2 文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」食品成分データベース 食品群名/食品名: 魚介類/(さけ・ます類)/たいせいようさけ/養殖、生

投稿者:佐々木このみ
監修者:管理栄養士 藤江美輪子

【関連記事】

おすすめの記事