Yahoo! JAPAN

マヂラブ野田「野田ゲー世界進出です!」 オンライン機能であの“つり革”ゲームが満員電車に?

Techinsight

記者会見で重大発表をするという野田クリスタル

お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタル(34)が19日、オンラインゲーム「スーパー野田ゲーWORLD」を制作することをYouTubeで生配信された記者会見で発表した。野田と言えば『R-1ぐらんぷり2020』で自作ゲーム“野田ゲー”をプレイするネタで優勝したが、野田が制作した前作、Nintendo Switch「スーパー野田ゲーPARTY」も販売数約8万本(7月末現在)と好評だ。今回もクラウドファンディングで資金集めをするが、支援した人にはさまざまなリターン(特典)が用意されている。

FANY GAMES発表記者会見では、吉本興業の新サービス「FANY GAMES」の“社長”に就任した野田クリスタルが黒のタートルネックにジーンズ姿で登場。視聴者から「スティーブ・ジョブズを意識してる?」と声があがるなか、野田社長が「これから発表するのは今回のこの会見でもっとも発表したかったことです。最重要発表です!」と前置きしてから、「『スーパー野田ゲーWORLD』の開発が決定しました!」と力強く宣言した。さらに「ついにこの野田ゲー自身がメジャータイトルを目指すときがきました! 野田ゲー世界進出です!」と盛り上げるもなぜか静まり返り、もう一度「野田ゲー世界進出です!」繰り返すと拍手がパラパラと起こり、相方の村上が「1回目で(拍手が)起きて欲しいものですけど…」と突っ込んだ。

続けて前作の利益を今作の制作費に充ててみたものの「オンライン機能を付けようとしたら嘘みたいにお金がかかりました」と制作費不足を訴えて、「皆さんの協力が必要です。この面白ゲーム、野田ゲーをオンラインで世界に広めたい。お願いします、マジで、マジで、超マジで」と訴えた野田社長。前作もクラウドファンディングで約2000名の支援者から1357万円超を集めている。

「内容についてはこれから作っていく」という野田社長だが、前作にはマヂカルラブリーが『M-1グランプリ2020』優勝時に漫才か否か物議を醸したつり革ネタのゲームが収められている。今度はオンラインになるため「『つり革』は世界中の人が集まりますので満員電車になります」と野田社長が予想。最後に野田社長が「スーパー野田ゲー」と叫び、視聴者が「WORLD」と続けて唱和して記者会見は終了した。

会見終了後のマスコミ向けの囲み取材で野田は「今回の記者会見はリハーサルでは5分で終わってしまうと全員が焦りまして。5分で終わる記者会見なんてやっていいのかと。いざ本番を迎えたら芸人の力で16分まで延ばすことができました!」と達成感に胸を張った。「全員で遅延行為。延ばして延ばして、何度も同じことを繰り返し、なんとかみんなの力で記者会見を乗り切ったと思います! ありがとうございます」と感謝したが、確かに同じ言葉を繰り返したり、妙に長い間があったが、このような事情だったのか。

相方の村上は「非常に現場はスベった空気が流れていたので、観ていらっしゃる方がどう思ったか分かりませんが、新しいゲームを作るというのでそちらはスベらずに成功させて欲しいなと思います」と野田にエールを送った。

「FANY GAMES」の“社長”に就任した野田は「これまで吉本もゲーム事業には何度も挑んでは潰され…しかしここで新しい若社長・野田クリスタルが吉本のゲームを背負い、ゲーム界のてっぺんを目指そうかと思っております。てっぺんです!」と目力を込めてやる気をみなぎらせた。

「スーパー野田ゲーWORLD」は前作と同様に野田クリスタルと「ことばのパズル もじぴったん」の生みの親で 面白法人カヤック所属のゲームクリエイター後藤裕之氏が再びタッグを組むNintendo Switch専用ダウンロードゲーム。19日22時に「FANY Crowdfunding」でクラウドファンディングを開始したが、すでに支援総額は930万円を超えた(20日14時現在)。初のオンライン対戦機能を搭載し、世界中のプレイヤーが国籍性別年齢を超えて野田ゲーを通してつながり、笑い合ってもらえることを目指すという。

(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

【関連記事】

おすすめの記事