Yahoo! JAPAN

大井中央公園 工事順調、7割完成 〈南足柄市・大井町・松田町・山北町・開成町〉

タウンニュース

春の供用開始に向け工事が進む大井中央公園

愛称が「おおい中央公園」に決まり、春ごろの供用開始を予定している大井町の「大井中央公園」。町によると、1月21日時点で約70%が完成しているという。

同公園は、敷地面積約2万4000平方メートルで東西に細長く全体の1万1000平方メートルを芝生広場が占める計画。公園としての機能のほかに、有事の際の飲料水兼用耐震性貯水槽、大型の防災備蓄倉庫も備える。

現在、バスケットボールコートや休憩所、トイレ、せせらぎ水路、健康遊具広場などは完成している。今後、公園周囲に植栽を行い、その後、芝生や舗装の整備が行われる予定。

町環境整備課の担当者は「遊具など設置も進み、公園工事は順調に行われています。もうしばらくお待ちください」と話している。

【関連記事】

おすすめの記事