Yahoo! JAPAN

【連載】沖口優奈×SUPER☆GiRLS渡邉幸愛(前編)「ホントに“ゼロからのスタート”っていうのがピッタリな言葉ですね」

Pop’n’Roll

【連載】沖口優奈×SUPER☆GiRLS渡邉幸愛(前編)「ホントに“ゼロからのスタート”っていうのがピッタリな言葉ですね」

マジカル・パンチラインのリーダー沖口優奈が、さまざまなリーダーと対談して理想のリーダー像を見つけていく本企画。第15回目に登場するのは、SUPER☆GiRLSの5代目リーダー・渡邉幸愛。SUPER☆GiRLS は、2019年1月から現体制である“第4章”をスタート。1期生らが全員卒業した“ゼロからのスタート”となった新体制のリーダーに就任する際に渡邉は何を想ったのか。スパガの大きな転機を支えている渡邉のリーダーとしての深い想いに、沖口がじっくりと迫った。

撮影:曽我美芽

それはアイドルの鏡です!(沖口)

沖口:
まず最初に、渡邉さんがスパガさんのリーダーになった経緯を教えていただきたいなと思います。

渡邉:
前のリーダーが溝手るかちゃんだったんですけど、溝手るかちゃんを含めメンバー5人(溝手るか、渡邉ひかる、宮崎理奈、浅川梨奈、内村莉彩)の卒業を発表した時に、実は私も卒業しようと思っていたんです。当時事務所の方から、2020年に向けてスパガとしてさらに加速していくために、新メンバーを入れるし、 “2020年までは誰もメンバーを卒業させたくないから、頑張れるメンバーは続けて、そうじゃないメンバーはこのタイミングで卒業っていうのを考えておきましょう”という話をもらって、それぞれが持ち帰って考えて、再度集まった時にみんなの話を聞いたら1期生と2期生が全員卒業という形になってしまったんです。その時に、このままじゃ3期生も初めて先輩という立場になるのに、上が誰もいなくなってしまうのは心細いというか怖いだろうなと思って。自分のやりたいこともあったんですけど、それは正直あとからでも全然できることだったので、グループを支えたいって想いで残ることにしたんです。それで、私と3期生3人が残って、リーダーは誰にしようか、新しい子を迎えてどうしていこうかって話をしている時にスタッフさんから“リーダーやってみませんか?”って話をいただいて、リーダーを引き受けました。

沖口:
グループのために残って、しかもリーダーになる決断もした?

渡邉:
そうですね!

沖口:
それはアイドルの鏡です!(笑)

渡邉:
いやいやいや(笑)。

沖口:
5人のメンバーさんが一気に卒業されて、新しいメンバーさんがたくさん入ってこられた中でのリーダーっていうのは大変だったのでは?

渡邉:
そうですね、最初は正直めちゃくちゃ大変でした。今まで出来上がっていたものが思っていた以上になくなってしまっていて、ホントに“ゼロからのスタート”っていうのがピッタリな状況でした。ゼロから作り直しって感じだったので、今までのスパガを知っている方に“新しいスパガ、全然ダメじゃん”って思われたりしたのも悔しかったです。でも、その時は自分がしっかりしていないとグループが壊れちゃうって思っていたので、できるだけポジティブな言葉を発するように心がけていて、つらいって思っても“こうすればこうなるよね”ってポジティブな方に転換するようにしていました。

沖口:
実際ほかのメンバーさんに向かって、言葉として発信し続けたって感じ?

渡邉:
悩んでいそうな子がいたら声をかけてみたりとか、その子の良い部分を“ここの部分、すごく良かったよ”と褒めてみたりとか。上からになっちゃうんですけど、言葉にして伝える。ちゃんとポジティブな部分を本人に伝えてあげるっていうのを心がけてやっていました。

沖口:
スパガさんはすごく歴史があるグループさんで、リーダーも代々受け継がれていると思うんですけど、その中でのプレッシャーとかってありましたか?

渡邉:
私は5代目リーダーなんですけど、その前に3人のリーダーを経験していて、その人によってグループ色が全然変わるのを肌で感じてたので、けっこうリーダーって大事だなって思ってましたね。だからこそ、自分がリーダーになった時にはグループが一気に崩れてしまうんじゃないかというプレッシャーもありました。

沖口:
リーダーによってグループが変わっていくっていうのを経験されていたということですが、自分はこういうリーダーになっていきたいっていう目標はありました?

渡邉:
私は自分自身が2期生として加入した時に、出来ているものに加入する大変さだったり、希望に満ちて新しく入って来てきても、過去のメンバーと比較されたりして自分をマイナスに思ってしまったりする部分もあることを知っていたので、たくさん引っ張っていくっていうのも大事なんですけど、どちらかというと、支えてあげられるようなお母さん的存在(笑)のリーダーでいられたらいいかなって思っています。

沖口優奈(マジカル・パンチライン)、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)

敬語を使ってくれなくても信頼してくれていればいいかな(渡邉)

沖口:
アイドル経験のない方が新メンバーとして加入した時に、コミュニケーションの取り方で気をつけたことはありますか?

渡邉:
私自身、スパガに加入した時に先輩との距離を正直ウマく縮められたわけではなくて、最後まで距離があったなって感じがしていました(笑)。でも、そうすると、例えばバラエティ番組に出た時に、ただでさえメンバー以外の人がいて緊張するのに、メンバーに対しても緊張していたらますます前に出られなくなっちゃうなって思っていたんです。だから、新メンバーに対しては、最初こそ“無理はしなくていいんだけど”って前置きをしつつ、“敬語は使わなくていいよ”とか“同級生というかクラスメイトみたいな感覚で接してくれたらいいよ”って伝えましたね。今はホントに友達感覚で話してくれる子もいれば、まだ敬語の子もいつつ、みんなそれぞれなんですけど、好きなようにやってもらえればなって思っています!(笑)

沖口:
先輩メンバーと急に距離を縮められるのとか、友達感覚で話せるようになるのって、その子の学生時代の部活の環境がけっこう影響してきますよね(笑)。

渡邉:
そうそう!

沖口:
運動部系の厳しいところを経験していたら敬語ナシは無理だけど、あんまりそういう経験をしていないと敬語ナシでもガンガンいけるっていう(笑)。でも、アイドルとしては、ガンガンいける方がやっぱいいですよね!(笑) 私も人見知りっていうのもあって、なかなかガンガンいけないので、そういう風にできる子とかを見ると“これが正解なんだろうな!”って思ってます(笑)。

渡邉:
私もいけない派なので、ガンガン来てくれる子には本当に感謝してます!(笑)

沖口:
今まではけっこうグループ内でも敬語が多かったんですか?

渡邉:
基本的には敬語でしたね。先輩は先輩っていう感覚でいたので“敬語を使わなくていいよ”って言ってくれた先輩もいたんですけど、私はそれができなくて。でも、敬語を使ってくれなくても信頼してくれていればいいかなって思っていますね。

沖口:
気持ちの問題ってことですね(笑)。

渡邉:
そうですそうです!(笑)

渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)

沖口:
スパガ加入前に所属していたParty Rocketsでもリーダーをされてたんですよね。その時はどんな風にしてリーダーに決まったんですか?

渡邉:
その時は私が最年長だったので、リーダーになる流れでしたね。メンバーそれぞれが若いし、自分も14歳とかで(笑)。中学3年生から高校1年生の2年間ぐらいリーダーをしてたんですけど、今思えばこうすれば良かったなってところがいろいろあるので、それをスパガのリーダーとして活かしたいなっていう気持ちです。

沖口:
中学3年生のリーダーってなかなか聞かないですよね! グループが違うと、リーダーの在り方ってだいぶ違いますか?

渡邉:
Party Rocketsの時は4人組で、今のスパガが10人組だから、人数も違うし。ただ年齢が上がっている分どっちかというと自由というか、前のグループの時は引っ張らなきゃっていう想いの方が強かったんですけど、今はみんなにも意見を聞いたりとかしてまいすね。ゆうきりん(金澤有希)がもともとGEMでリーダーだったこともあって、支えてもらったり。メンバー間のバランスが良いので、やりやすくリーダーをやらせてもらってるかなって思います。

沖口:
そうですよね! もともとGEMのリーダーだったゆうきりんさんが新メンバーとして4期でスパガに加入してるんですもんね。

渡邉:
不思議な感じなんです。(阿部)夢梨と(長尾)しおりの先輩が後輩として入って来たみたいな(笑)。

沖口:
不思議〜(笑)。リーダーの経験があるゆうきりんさんとはけっこう話とかするんですか?

渡邉:
4期が加入したての頃は、振り付けを覚える時とか、リハの時とか4期だけで活動する機会がすごく多かったんですけど、その時にリーダーの役割をしてくれてて。わからない子に教えてくれたり、ゆうきりんにはすごく助けられましたね。

沖口:
4期生の中のリーダーみたいな感じだったんですね。

渡邉:
それでいて、けっこうポンコツなので(笑)! それもバランスを取ってくれててすごい良いなって思ってます。

沖口:
私、ゆうきりんさんが台本を読んでる時がすごく大好きで(笑)。

渡邉:
もう必死なんだよね!(笑)

沖口:
しかも、ちょくちょく漢字を読み間違えたりして(笑)。

沖口優奈(マジカル・パンチライン)
渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、沖口優奈(マジカル・パンチライン)

SUPER☆GiRLS情報

SUPER☆GiRLS「明日を信じてみたいって思えるよ」CD+Blu-ray

2020年8月5日発売
AVCD-39599/B
¥2000 (税込)

CD
01.明日を信じてみたいって思えるよ
02.Summer☆Wave!!!
03.はっちゃけ!灼熱オトメ節
04.明日を信じてみたいって思えるよ(Instrumental)
05.Summer☆Wave!!! (Instrumental)
06.はっちゃけ!灼熱オトメ節(Instrumental)

Blu-ray
01.明日を信じてみたいって思えるよ(Music Video)
02.明日を信じてみたいって思えるよ(Music Video 個人サビver. )

SUPER☆GiRLS「明日を信じてみたいって思えるよ」CD Only

2020年8月5日発売
AVCD-39600
¥1200(税込)

CD
01.明日を信じてみたいって思えるよ
02.Summer☆Wave!!!
03.はっちゃけ!灼熱オトメ節
04.明日を信じてみたいって思えるよ(Instrumental)
05.Summer☆Wave!!! (Instrumental)
06.はっちゃけ!灼熱オトメ節(Instrumental)

マジカル・パンチライン情報

ラジオ日本『マジカル・パンチラインのマジラジ』
毎週日曜 22:00〜22:30

無観客リモートライブ<MAGiCAL PUNCHLiNE Remote Live Express~LiVE TOGETHER! Vol.1~>
アーカイブ配信期限:2020年7月31日(金) 23:59まで

【関連記事】

おすすめの記事