Yahoo! JAPAN

【千葉県の海】一宮はサーフィンの名所!初心者から上級者まで楽しめるスポット

ちいき新聞

【千葉県の海】一宮はサーフィンの名所!初心者から上級者まで楽しめるスポット

九十九里浜の最南端に位置する一宮には、日本有数のサーフポイントが連なります。

レベルに合わせてポイントが選べ、初心者から上級者まで楽しめます。

そんな一宮の海とサーフィンの魅力を取材しました。

今日の波はどうかな~?

一宮の海がサーファーに人気の理由

波がサーフィンに適しているといわれる千葉県の海岸線は、多数のサーファーが訪れる観光資源。

中でも東京五輪サーフィン会場に決定した一宮町の釣ヶ崎海岸(通称:志田下)は、全国から上級者が集まる「波乗り道場」としても有名です。

東京五輪サーフィン会場(現在工事中)

オリンピック前に機運を醸成し、サーフィンという競技を広めるため、2016年から毎年ここで開催されてきた国内最大級の大会「ICHINOMIYA CHIBA OPEN」を機に、一宮の人気がさらに高まりました。

「砂鉄が多い海岸砂のため、一度地形が決まると技が繰り出しやすい。だから上級者に人気があります」と話すのは、一宮町サーフィン業組合組合長の鵜沢清永さん。

生まれも育ちも一宮の鵜沢さん

サーフィン入門は海の安全から

釣ヶ崎海岸を拠点に活躍する岩見天獅選手(16)は、父親の影響で5歳からサーフィンを始め、13歳にして日本サーフィン連盟のプロ資格を獲得。

岩見天獅プロ©Minori Kitamura

オリンピック強化指定選手でもあります。

「技を極めることが僕のサーフィンの魅力。プロになり、練習のモチベーションが上がりました。自然が相手なので、安全に楽しんでほしいです」と話します。

岩見天獅プロ©Minori Kitamura

サーフィン初心者がそろえるのにお薦めの道具は、ソフトボードと呼ばれる柔らかいサーフボード。

ソフトボード

保温や運動性に優れたジャージ素材のフルスーツ。

ウェットスーツ

ボードと体をつなぐリーシュ(ひも)など。

海岸線に並ぶショップでは、初心者でもサーフィン体験ができます。

大切な海の安全知識から基本のサーフボードに立つ手順までを丁寧に教えてくれます。

「けがなくルールを守り楽しむためにも、地元の人やショップにぜひ海の情報を聞いてほしい」と海岸に一番近いサーフショップ「NAVIGATOR SURFBOARDS」のオーナーでもある鵜沢さん。

ウェットスーツと鵜沢さん

また一宮には、上級者向けだけでなく初心者向けポイントもあります。

波に乗りやすく駐車場もある、一宮海岸やサンライズポイントなどです。

サーフィンは心身ともにリフレッシュできる身近なスポーツ。

レベルに合うポイントを見つけ、楽しんでみては。(取材・執筆/みんみん)

※ウエットスーツは季節により素材や厚みが異なります。

取材協力

NAVIGATOR SURFBOARDS 公式HP/https://navigatorsurfboards.jp 

岩見プロ Instagram/@tenshiiwami

【関連記事】

おすすめの記事