Yahoo! JAPAN

大倉士門 みちょぱと正月を実家で過ごしたと初告白!将来についても「そうしたいな」と堂々宣言

フジテレビュー!!

大倉士門が、交際中の池田美優との関係を堂々と告白した。

1月28日(金)、フジテレビでは『人志松本の酒のツマミになる話』が放送された。

今回のMCを務めたのは、松本人志と千鳥(大悟、ノブ)。ゲストには、大倉士門、近藤春菜(ハリセンボン)、DJ松永(Creepy Nuts)、ヒコロヒーが登場した。

大倉士門とみちょぱ お正月は「親戚とかみんなで4日間過ごしました」

昨年、池田美優(みちょぱ)との交際を宣言した大倉は、秘密にしていた関係をカミングアウトした。

数年前に“仲が良いコンビ”として『ダウンタウンDX』(日本テレビ)に出演した2人。大倉は当時「『恋愛感情は一切ないんです』って言ってたんですけど、ぶっちゃけちょっとあった」と告白。

松本からは「その後、夜一番盛り上がったやろ」と言われて苦笑い。

さらに、酒瓶ルーレットがあたると、「“人にバレたくない恋”をしたことはありますか?」と問いかけた。

大倉士門

はじめは、周囲に対して交際を隠していたという大倉。

大倉:たまたま同じイベント(出演の仕事)があったとき、付き合ってるのは僕らしか知らない。お客さんもスタッフさんもみんな知らない…。

松本:『ダウンタウンDX』のときとまったく一緒やんか。

大倉:みんなでワーってしてるけど、隙(すき)をみて“相方”の楽屋に行って、(コソコソと)「今日がんばろうなぁ」みたいな…。

大悟:やっとんな!

松本:ちょっとHやなぁ。

大悟:ちゃんと仕事できたかなぁ!その日。

大倉:そういうのって、めちゃくちゃ楽しいですよね。

ノブ:楽しいやろなぁ~。

みちょぱとの交際は6年半になり、1年前から一緒に住んでいるという大倉。松永は「えー!長ーい!」と目を丸くする。

ノブ:正月とか、一緒に過ごしてたんですか?

大倉:はい。これ、初めて言うんですけど、うちの実家で、親戚とかみんなで4日間過ごしました。

一同:えー!!

左から時計回りに)大倉士門、近藤春菜、ノブ、松本人志、大悟、DJ松永、ヒコロヒー

大悟:正月、実家に連れて行くってなったら…。

松本:いくパターンやで。最後まで。

大倉:(キッパリと)そうしたいなって、僕的にはすごく思ってます。

松永:(目を見開いて)テレビで公言しちゃってるじゃないですか!

大倉:何がダメなんですか?

松永:(しどろもどろになり)あや、わや、ダ…メじゃ……。

大倉の堂々宣言に動揺した松永。松本らからイジられると「びっくりしちゃって…」とタジタジに。

大倉:え、しゃべりすぎですか?僕。

大悟:それは、みちょぱに聞け!

大悟

一同:(笑)

「これ、もういくね。ゴール」(松本)、「その感じありますねぇ」(ノブ)と言われ、大倉はうなずいていた。

DJ松永「ちょちょちょ…!」直近の恋愛を口走って大慌て

一方、動揺していた松永も、松本と千鳥の誘導にうまく乗せられて、直近の恋愛について口を滑らせてしまった。

ノブ:松永くん、結婚してないよな?

松永:してないです。

松本:いるでしょ!絶対!

松永:そ、今は、いないですけど…。

大悟:ちょっと前は?

松永:い、いましたねぇ。

松本:(かまをかけて)有名人ともあるでしょ!

松永:や、俺…初めて彼女できたのが、テレビのお仕事し始めてからなので…。出会いがこういう界隈(かいわい)しかない。

DJ松永

大悟:じゃ、そういう人だ。

松永:家とかになってきちゃいますよね。

大倉:ずっと家デートで何するんですか?

松永:しゃべる。マジでしゃべること以外、一切…。

大悟:外でご飯食べたり、映画観たりとかはあまりしなかった?

松永:一切しなかったです。俺、ミュージシャンだからなんでもいいと思うんですけど。でも、お相手の立場次第で、また違ったりしません?

松永がそう言うと、ノブはニヤついて「ありゃ!?」と反応。近藤も「お!?」と目を輝かせ、みな前のめりに食いつくと、松永は大慌て。

近藤春菜

松永:ちょちょちょちょ…ぼ、墓穴、“掘りたって”る…。

ノブ:墓穴を掘りたってる!?

一同:(笑)

大悟:有名な方ってことですよね?

ノブ:(机に突っ伏しながら)めっちゃ楽しんでるやん!陰気な奴らの仲間かと思ったら。陽キャやなー!

ノブ

松本:誰もが知ってる人でしょ?

松永:や、や、それはわからないです。いゃ、いゃ…業界の、界隈の、中の…人ですよくらいの認識でいてもらったら…。

あたふたと弁解する松永の話を聞いた松本は、ノブと顔を見合わせながら「なんか楽しそうやなぁ」とニヤついた。

ヒコロヒー、思春期の恋は“ロンチェザワ先輩”との秘密の関係

そんな中、松本から「今、オトコ寄って…」と振られたヒコロヒーは「寄ってきますね」とキッパリ。そして学生時代の恋愛について語った。

松本人志

当時、腰につけて垂らすウォレットチェーンが流行っていたが、“オザワ先輩”だけ膝くらいまでの長さがあったという。

ヒコロヒー:流行りは抑えているけど、なんか違うみたいになる人いるじゃないですか。オザワ先輩、私も好きで、一瞬“よしな”になった時期があったんです。

一同:よしな(笑)。

ノブ:サザンの歌か!

ヒコロヒー:よしなにさせていただいた時期がありまして。でも、オザワ先輩のこれ(ウォレットチェーン)が長いっていうのが女子たちの間で噂になって。女の子って残酷やったりして。陰で、“ロングチェーンオザワ”って…。

松永:いやだなぁ(笑)。

ヒコロヒー

ヒコロヒー:しかも、それが行き過ぎて、“ロンチェザワ”っていう。イヤな感じのイジられ方をされて。

一同:あははははははは!

結局、「周りに『オザワ先輩とよしなやねん』って言えなくて」とヒコロヒー。思春期ならではの、“バレたくない恋愛”をしていたことを打ち明けた。

【関連記事】

おすすめの記事