Yahoo! JAPAN

昭和レトロな釣り堀で束釣り達成 ファミリー釣行で133尾と爆釣

TSURINEWS

子どもたちが爆釣満喫で筆者大満足(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

4月16日(土)、埼玉県富士見市にある南畑R463へと、今回もお初場所であるがファミリー束釣り爆釣チャレンジ釣行である。前回に続いて自身未開拓つり堀へのファミリー釣行であったが結果的に終始爆釣となった釣行をレポートしよう。

釣り堀『南畑R463』

同店は昭和レトロ感残るどこか懐かしい雰囲気の爆釣釣り堀で、対象魚としてはキンギョ、コイ釣りが楽しめるつり堀だ。

特徴としては店主が丁寧に釣り方や安全事項について説明してくれる点だろう。はじめての方にとてもありがたい対応をしてくれるので、ファミリー釣行には最高の環境である。

開始前の説明だけでなく様子も見に来てくれ、質問も常に対応してくれるので、楽しんで良い思い出作りに配慮してくれる優しいつり堀なのだ。

つり池は室内金魚池、屋外子供鯉池、屋外浅鯉池、屋外深鯉池の4種類がある。

凄まじい魚影が爆釣を体感させてくれる(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

※現在お店のつり堀(キンギョ・コイ)営業時間は朝9時から平日は17時、土日祝は17時30分までとなり、料金的には細かく分かれているのでHPを参考に。

私的には『移動自由3時間コース1500円(竿1本につき)』がオススメである。エサはなくなれば店主に言えばおかわりもOK。

定休日に関しては『毎週水曜日と金曜日』となっている。ファミリーにとにかく最適なつり堀なので楽しい思い出になること間違いなしだ。

タックル

同店は基本的レンタルタックル仕様のつり堀である。室内はレンタルタックル仕様で、屋外に関してはマイタックルの使用も可能である。

使用するレンタルタックル(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

エサはお店の練りエサを使用すること。特に初めての来店の場合は店主が色々と細かく教えてくれるし、タナ合わせもしてくれるので安心だ。しいて用意するとならば「タナ取りゴム」を用意しておけば問題ないだろう。

入店から釣り開始まで

9時30分に現地到着して受付の際に筆者ファミリーは室内も屋外も釣りすることを伝え、「移動自由3時間コース(4池利用)」を選択した。2竿分である3000円を払い、店主から釣り方の説明を受けてから釣り開始となった。

レンタルタックルと釣座(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

ちなみに料金体系に関しては事前にHPを参考にしつつある程度の情報は入手しておいたほうが無難である。

料金体系について

基本的に室内1時間700円、屋外1時間900円であるが、移動自由3時間ファミリー料金1500円(1竿かつ4池利用可能)や半日料金1500円(但し、深鯉池のみ)などがある。「いこーよクーポン」で100円割引もあるので利用しよう。

はじめての釣りや少しだけという方々ならば魚影抜群な室内つり堀を選択すると間違いない。

開始から爆釣スタート

釣座に座りエサを付け仕掛けを入れるとすぐにサカナが寄り付きアタリがある。凄まじい魚影なのでびっくりしながらも爆釣スタートを子ども達は楽しんだ。

オススメ室内つり掘は魚影抜群(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

ハリ外し器も各釣座に設置してあるので、ある程度練習すると子ども達もサカナも自分で外せるようになった。

サカナ外しは備え付けてあるので便利(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

開始わずか30分ですでに45尾と子どもメインで釣らせているのに素晴らしい釣果だ。

あっという間に束釣り達成

先行ファミリーの方々は釣りがはじめてだったにかかわらず、入れ食いを堪能して1時間コースでも3人で約30尾ほど釣られていた。それだけ魚影が濃いということである。

開始1時間で束釣り達成(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

我々も勢いが衰えることがない室内つり堀にニコニコしながら1時間を迎えるとすでに100尾到達してしまった。

子ども達も笑いがたえない

とにかくヤル気のあるサカナが出迎えてくれるので、爆釣モードは失速しておらず小ゴイメインで釣れまくりだ。

親子でダブルヒットも多くある(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

数釣りには満足できたので、子ども達はのんびりと色モノを狙う釣りがしたいようだ。ワキンと色ゴイを狙いつつ小ゴイ攻撃を楽しみ時間が楽しく過ぎていく。

室内つり掘では128尾釣れた(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

屋外浅鯉池に挑戦

室内では数釣りと色モノ狙い釣りを楽しんだ結果128尾と爆釣したところで、屋外浅鯉池に移動することにした。

その際に金魚竿を返却して鯉竿へチェンジしてタナを合わせる。ちなみにタナは竿に印がついているので分かりやすいのできちんと調整しよう。

釣座は常連さんが角で釣りしていたので真中あたりをチョイス。池にはクチボソが確認できるので、寄せるまでは我慢の釣りとなることは子ども達に教えた。予想通り仕掛けを入れるなりすぐに本命ではないウキの動きが多発する。

移動後15分で本命手中

室内つり堀で爆釣後に写真撮影や釣果をみて楽しんでいたせいか残り時間は意外に少なく、少し焦りも感じていた移動後15分。突如次女のウキが勢いよく沈みこれに素早く反応。やりとりを楽しんでいて安心した。

屋外つり掘でコンディション抜群のコイ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

サイズ感的に尺~40cmあたりで元気が良くよく走る。これに気分を良くしてさらに3連発で掛けてニコニコだ。

終了間際に長女にヒット

その後はさらに次女が追加していくが長女はまだ掛けていない。残り5分をきる寸前で長女にアタリがあり本命を掛ける。だがバレてしまい姿見れず……。

コイの強烈な引きを楽しんだ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

だがサカナは寄っているので諦めずにリベンジすると終了2分前に掛かり、慎重にやりとりをしつつ私がタモ入れで時間内に取り込んだ。長女もラストに釣れてくれ喜んだところで釣行終了だ。

釣行を終えて

今回初めて来店したが、やはり室内つり堀での釣れ方に強烈な印象を受けた。これだけヤル気のあるサカナが沢山いれば爆釣は間違いないので、初めての方でも楽しめることだろう。

屋外はまったりとコイ釣りを楽しみたい方向けの印象である。室内に関しては子ども達はまた行きたいと連呼していた。また時間を見つけて釣行したいと思う。

南畑R463を楽しむためのポイント

同池で釣りを楽しむポイントを紹介しよう。

室内つり堀が間違いなし

キンギョ池は水質がクリアでサカナの動きが見えるので初めての方にオススメで釣りやすい。しかも魚影抜群なので数釣りも楽しめてファミリーに特にオススメしたい。難しいことは考えずに楽しめる。それが室内つり堀であることである。

室内つり掘の爆裂釣果(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

店主の説明が間違いない

室内も屋外も店主が常時みてくれるので、釣れていない場合はアドバイスをもらえる。話している内容に耳を傾ければ、とても分かりやすく釣るために正しいことをはっきりと伝えているので、参考にすれば釣果はついてくるだろう。特に屋外つり堀で子ども達にとっては参考になると思う。

鯉つり堀はタナ取り重視

同店では屋外鯉池が3池あり子供用池・浅池・深池とある。どれもサイズ感あり元気いっぱいのコイが楽しませてくれるので、子どもも大人も楽しめる。屋外ではコイ釣りなので「底ダナをきっちりと合わせること」がしっかり楽しむための対策といえる。

<なおぱぱ/TSURINEWSライター>

The post昭和レトロな釣り堀で束釣り達成 ファミリー釣行で133尾と爆釣first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事