Yahoo! JAPAN

国土交通省、「ドローンを活用した港湾施設の点検・調査効率化に関する技術開発・実証」公募開始

DRONE

「中小企業イノベーション創出推進事業(SBIRフェーズ3基金事業)」の3回目の公募を令和5年11月28日(火)から開始する。補助金は約87億円規模

公募概要

「中小企業イノベーション創出推進事業」の補助対象事業について、以下の2つの分野それぞれ2つの研究開発課題(以下「テーマ」という。)の追加公募を開始した。

○国際競争力強化に資する交通基盤づくり分野 ○安全・安心な公共交通分野 ○分野共通

公募内容

本事業の補助対象は、国土交通省が提示するテーマを解決するために必要な革新的な新技術を有する代表スタートアップ又は当該新技術を有する代表スタートアップの技術を活用したコンソーシアムによる大規模技術実証事業(今回の公募対象事業への補助金は約87億円規模)だ。今回行う公募のテーマは以下となる。

国際競争力強化に資する交通基盤づくり分野

・ドローンを活用した港湾施設の点検・調査効率化に関する技術開発・実証・船舶の係留施設への衝突リスク低減に資する安全かつ効率的な離着岸の実現に向けた技術開発・実証

安全・安心な公共交通分野

・地域公共交通に対応した自動運転技術実証・海運DX促進に向けた海運関係データ連携基盤の開発・実証

公募期間

令和5年11月28日(火曜日)~令和6年1月23日(火曜日)12時(必着)

公募説明会

以下日時でオンライン公募説明会を開催する。

説明会開催日時:令和5年12月5日(火)16時~17時説明会形式  :オンライン(ZOOMを予定)問い合わせ先 :kokuken-sbir@p.mpat.go.jp

国土交通省

【関連記事】

おすすめの記事