Yahoo! JAPAN

玉城裕規、岡本玲、森優作ら出演のハードボイルド現代劇 『湊横濱荒狗挽歌〜新粧、三人吉三。』の新ビジュアルが解禁 

SPICE

『湊横濱荒狗挽歌〜新粧、三人吉三。』

2021年8月27日(金)~9月12日(日)KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオにて、KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『湊横濱荒狗挽歌〜新粧、三人吉三。』が上演される。本公演の新ビジュアルが解禁となった。

KAAT神奈川芸術劇場、長塚圭史芸術監督により導入されたシーズン制。一年目のテーマは「冒」とされ、幕開けを飾るのは、作・野木萌葱×演出・シライケイタによる歌舞伎の人気演目「三人吉三」をモチーフにしたハードボイルド現代劇である本公演だ。

出演者は、歌舞伎版『三人吉三』で和尚吉三にあたる役を、玉城裕規、お嬢吉三にあたる役を、若手実力派として多方面での活躍を見せる岡本玲、お坊吉三にあたる役を、森優作が演じる。また、彼らの親や取り巻く周囲の人々として、渡辺哲、山本亨、ラサール石井、村岡希美、大久保鷹、若杉宏二ら実力派俳優が集結した。

(上段左から)玉城裕規、岡本玲、森優作(中段左から)渡辺哲、山本亨、ラサール石井(下段左から)村岡希美、大久保鷹、若杉宏二

『三人吉三』同様、今作においても世の中からはみ出た悪党たちの葛藤や悲哀がにじむ、人間味あふれる物語が展開します。アウトローたちが湊町を舞台に運命に翻弄される任侠現代劇が、このカンパニーによってどのように立ち上がるのか、期待しよう。

【関連記事】

おすすめの記事