Yahoo! JAPAN

味わい豊かなまろやかな出汁で、播磨の恵みを贅沢に味わう 『おりょうり~野菜とお出汁の料理店~』実食レポ 姫路市

Kiss

「おりょうりのおまかせランチ」3,000円(税込)

鮮やかな緑が美しい景色を見せる、お城の北側に佇む『おりょうり~野菜とお出汁の料理店~』へ行ってきました。姫路城のお堀沿いにある同店、窓際の席からは四季折々の自然を満喫することが出来ます。

お城からは歩いて7分ほど。近所には姫路市立美術館や、兵庫県立博物館もあり、街探索も楽しい立地です。

店名にある通り野菜とお出汁がコンセプトの同店。旬の食材、地場の食材に徹底的にこだわり、丁寧に引いたお出汁が楽しめると人気なのです。北海道産昆布は姫路市本町の「昆布屋きたまえ」の特選昆布、有機栽培の野菜は、伝統野菜の生産も手掛ける姫路市香寺、神崎一馬氏「ばんごんじんじい」のものなど。米は姫路市夢前町の飯塚祐樹氏「welcome farm house」、酒や甘酒は同じく夢前町の「壺阪酒造」、坊勢島からは海の幸。生産者の想いをしっかりと受け止めて、美味しい料理へと作り上げるのは料理家玉岡愛子さんです。

まず食前に供されるのは、食前酒ならぬ食前出汁。この日は、北海道産昆布、香川県の伊吹いりこ、鹿児島県枕崎の鰹節を使用。毎日、低温でじっくりと丁寧に出汁を引いているそう。新鮮な材料を使い、素材に合わせた温度で出汁を引くため、雑味のないすっきりとした味わいの中にふわ~っと広がる濃厚な甘みを感じます。

いただいたランチは「おりょうりのおまかせランチ」。ランチメニューはこのほかにも「てまり寿司セット(3日前までに要予約)3700円(税込)」や「播磨の恵み海鮮ちらしセット(3日前までに要予約)3700円(税込)」などがあります。

彩り豊かな前菜は、小松菜や胡瓜、ミニトマトやズッキーニに茄子などバラエティー豊か。どの野菜も味が濃いため、それぞれの個性がきりっとしています。トウモロコシのポタージュは出汁の香りの中に自然の甘みをたっぷり感じられます。オクラのすり流しは、粘り気と出汁の組み合わせが最高に良い!

本日のメインは坊勢島産天然鯛のソテーです。パリッとした食感の鯛の皮と、甘みの詰まった鯛の身に、甘酒のこっくりとしたソースが絡んでとってもまろやか。甘酒の旨味が凝縮されたソースは添えられた野菜と一緒に食べてもとても美味、野菜の旨味を引き立てます。

ご飯と手作りのお味噌を使用したお味噌汁、出汁を取った後の昆布で作った佃煮(mottainai佃煮)もこちらのランチ主役級の味わいです。播磨近郊の天然素材を使用して作り出される料理は、新鮮で旬なものを味わえるだけでなく、地産地消で地域への理解を深めるきっかけにもなりますね。食後のデザート、お店で手作りのシソジュースから作られるゼリーは、窓辺でキラキラと輝いていました。同店を象徴するような自然の光との一体感です。

期間限定特別ランチのメイン料理が盛られる皿 今西公彦氏の作品


7月20日から姫路の山陽百貨店にて、日本遺産六古窯の一つである兵庫県丹波篠山市の陶器、丹波焼きの作家今西公彦氏の個展が開催されます。それに先立ち同店では、今西氏の作品を使用した特別ランチが提供されます。きっかけは2018年、播磨日本酒プロジェクトの酒器作りを今西氏に依頼したところから始まりました。今西氏は酒器作りに関わる事で、播磨の土地、人、歴史と深く"呼應(こおう)"。2022年、再び姫路で呼應を試みます。

今西公彦氏作の長皿 ※特別ランチのメニューとは異なります


今回特別ランチで使われる食材は、今西氏にゆかりのある播磨の生産者のものばかり。坊勢島産の海鮮や、兵庫の和牛、猪肉、有機野菜、米、酒蔵の甘酒など、普段から同店が大切にしている"生産者との繋がり"を存分に堪能することが出来ます。

中でも開催期間中提供される、坊勢島産のちりめんは大注目。漁師さんが水揚げしたものを即、鮮度が良いうちに丁寧に釜揚げ。長年の経験や知識に基づく地元漁師だからこそできる製法で釜揚げされたちりめんは、新鮮でプリプリとした食感や深い味わいが特徴なのだとか。「自信を持っておすすめしたいちりめんを、おりょうりに届けていただけます。是非この機会に味わってください」と玉岡さん。

今西公彦氏の作品


期間中(7月1日~16日)は、通常ランチ3000円(税込)と「今西公彦展記念 特別ランチ」5000円(税込)の提供となり、生産者の米、野菜、甘酒、現在入手困難な今西氏の器も展示販売されるそう。特別ランチは2日前までの完全予約となります。季節の野菜と猪肉の佃煮がお土産となる特別ランチは16日まで楽しめます。お問い合わせは電話かInstagramのDMからどうぞ。普段の食事も、ご予約がおすすめです。

お堀を眺める特等席


子どもの頃から料理に親しんできた玉岡さんは、母親が丁寧に出汁を取る姿を見て育ったそうです。自身も当たり前のように出汁を取り普段の食事を作っていたところ、娘さんも玉岡さんの真似をしておままごとで出汁を取る仕草をしていたのだとか。昆布や出汁の話をする時の玉岡さんのお顔はとても楽しそうで、この店が誕生したのも必然だったのだなと感じました。

「練りたてくずもち」※写真はお持帰り用 一人前 500円(税込) お持帰り800円(税込)

注文を受けてから練り上げるくずもちも人気の一品。熱々プルプルのくずもちはお持帰りも可能です。季節に合わせたお弁当や、行事に合わせたオードブルなど素敵な料理の数々はぜひInstagramをご覧ください。また、毎月趣向を凝らした料理教室も開催されています。姫路城を肌で感じられる自然豊かな場所で楽しむ、播磨の恵み。旬の食材を使い丁寧に作りだされる美しいお料理の数々、ぜひお楽しみください。

店舗
おりょうり~野菜とお出汁の料理店~
(姫路市坊主町68-4)

営業時間
【昼/二部制】
11:30~12:55
13:10~14:30

【夜/完全予約制】
18:30~21:30

定休日
日曜日・月曜日

駐車場
あり(4台)

問い合わせ
079-229-3583

下記InstagramのDMから

【関連記事】

おすすめの記事