Yahoo! JAPAN

犬が飼い主の外出を悲しむ時の行動6選!別れを惜しむ姿にキュンが止まらない

わんちゃんホンポ

犬が飼い主の外出を悲しむ時の行動

1.後をついて回る

飼い主が外出することがわかると、悲しんで後をついて回ることがあります。

お留守番までの間、少しでもそばにいたいのです。

悲しむ気持ちが仕草や行動にしっかり表れています。

しっぽは垂れ下がり、トボトボと歩き、目尻が下がったような悲しげな表情をしていることでしょう。

2.わざと粗相をする

飼い主の外出を悲しむあまり、わざと粗相をしてしまうことがあります。

何とかして飼い主の気を惹きたいのです。自分に注目してもらいたいのです。

おもちゃを持って行っても遊んではもらえません。おやつを要求して甘えても「ダメ」と言われてしまいます。

むしろ、お留守番前の対処としてすでにおやつをもらっているかもしれません。

わざと粗相をするのは飼い主の外出を悲しむ気持ちを表現したい時、少しでも外出する時間を遅らせたい時の行動なのです。

3.お見送りをしない

飼い主の外出を悲しむ時、犬はお見送りをしません。

「どうして悲しい思いをさせるの!?」と、反抗する気持ちも含まれているのではないでしょうか。

コンビニやスーパーに買い物に行く時はお見送りをするけれど、仕事に行く時はお見送りをしないという器用な犬もいます。

長時間のお留守番であることを理解しているからなのだと思います。

4.とにかく吠えまくる

飼い主の外出を悲しむ時、とにかく吠えまくることがあります。

普段は無駄吠えをすることのない犬が、飼い主の外出時に限って吠えてしまうのです。

滅多にない愛犬の行動を不安に思う飼い主の感情を理解し、利用しているのかもしれません。

外出時に限って異常に吠えるのであれば、ただ飼い主を引き留めたいだけだと思います。構うことなくサッと家を出ましょう。

その後も吠えているのではないかと心配するのであれば、ペットカメラを置くなどして確認してみましょう。

5.仮病を使う

飼い主の外出を悲しむ時、仮病を使うことがあります。

✔お散歩の途中で歩かなくなる
✔ごはんを食べない
✔床に寝転がったまま動かない
✔手を上げたまま歩く

愛犬の具合が悪い時、そのまま置いて出かけるなんてできないですよね。

本当に体調が悪い時、悪化させてしまったり、死に至らせてしまったり、万が一のことがあってはならないからです。

実際に仮病を使われると、仮病なのか病気なのか、見極めるのが難しい場合もあります。

6.泣き真似をする

飼い主の外出を悲しむ時、泣き真似をすることがあります。

子供が泣く姿を見たことがある犬の場合、子供が泣く時の行動をそっくり真似ることがあります。

ただ、人間のように涙を流すことはできないのでバレバレですよね。

愛犬を悲しませることなく外出するためにできること

お留守番を特別なことにしないこと

飼い主の外出を悲しませないためには、お留守番を特別なことにしないことです。

外出時、まるで永遠のお別れかのように大袈裟なスキンシップをしていませんか?

毎日お留守番しなければならないのであれば、任務として与えてあげるくらいの気持ちで外出すると良いと思います。

お留守番が悲しい出来事ではなく「任務」なのであれば、犬を退屈させたり不安にさせたりすることがなくなるでしょう。

たっぷり朝のお散歩をする

飼い主の外出を悲しませないためには、たっぷり朝のお散歩をするのがおすすめです。

お留守番前の愛犬とのコミュニケーションの時間になるからです。

犬の睡眠時間の平均は12時間です。そのほとんどがお留守番の時間であれば、悲しい気持ちで飼い主の帰りを待つことがなくなります。

たくさん体を動かしてエネルギーを消耗した後は、ゆっくり眠りにつくことができるのではないでしょうか。

まとめ

犬が飼い主の外出を悲しむ時の行動を6つ解説しました。

✔後をついて回る
✔わざと粗相をする
✔お見送りをしない
✔とにかく吠えまくる
✔仮病を使う
✔泣き真似をする

飼い主が愛犬と離れる時間を「悲しい」と感じると、犬も飼い主の外出の度に悲しい気持ちになってしまいます。

分離不安にまで発展すると問題行動にも繋がりやすいので注意しましょう。

【関連記事】

おすすめの記事