Yahoo! JAPAN

今市隆二、ソロツアー全国13カ所15公演完走!「また必ず、新たな形で『RILY'S NIGHT』やりたいと思います!」

WWSチャンネル

『RYUJI IMAICHI CONCEPT LIVE 2024 RILY'S NIGHT/LOST R』(※提供画像)

三代目 J SOUL BROTHERSの今市隆二が、
ソロツアー『RYUJI IMAICHI CONCEPT LIVE
2024 RILY'S NIGHT/LOST R』全15公演を完走した。

2022年に初開催された、ファンとより濃厚な
時間を過ごすためのライブ『RILY'S NIGHT』。
その第3章となる本ツアーはRを探す旅という
コンセプトで届けられ、初めて訪れる土地を含めた
全国13カ所で行われた。本稿では、5月31日に
行われたツアーファイナル・長崎ブリックホール
公演の模様をレポートする。

オープニング映像の後、ライブは未発表の新曲で
幕を開け、たちまち会場は大歓声に包まれた。
「ZONE OF GOLD」「LOVE THIEF」と力強い歌声を
響かせながら、今市はダンサーと息の合ったダンス
パフォーマンスで観客を魅了していく。

「ROMEO + JULIET」ではスタンドマイクでの
パフォーマンスを交えながら、ステージに現れた
階段セットに登り、2階席や後方のファンにも目を
向ける。音楽、ダンス、演出と、さまざまな側面で
楽しませてくれる『RILY'S NIGHT』は、まさに
エンタテインメントショーと呼ぶのに相応しい。
「REALLY LOVE」では、プロジェクターでステージに
歌詞を投影する迫力満点の演出が施されていた。そこから
シーンが切り替わるように、「CASTLE OF SAND」では
メロウな演奏に乗せて、今市はしっとりした歌声を届ける。

バンドの表情豊かなアンサンブルを経て、
「長崎の皆さん盛り上がってますか!」と客席に
呼びかけた今市。「ついにここ(ファイナル)まで
来てしまいました」と名残惜しさを滲ませつつ、
「いろいろ想いはありますけども、まずは……楽しみましょうよ」と
話し、ステージ上手に現れたバーを思わせるセットへ向かう。

カウンター席に腰かけた今市は、マスター役を務める
ダンサーのTAiCHiと、ツアーを振り返って和やかな
トークを展開。そのまま、入場時に集めたファンからの
質問に答えるコーナーが始まった。
「ファイナルだからこそ言える裏話は?」という質問に
「熊本公演での『ROMEO + JULIET』のパフォーマンス中に
マイクスタンドを倒してしまった」と他公演のエピソードを
語ったり、「『LOST R』でコール&レスポンスをしたい」という
ファンの要望に応えたりこのファンとの距離感の近さも、
『RILY'S NIGHT』ならではだろう。

「次はお客さんと一緒に楽曲を作り上げていきたいと
思います!」と始まった「Sweet Therapy」は、事前の
抽選で選ばれたファンをステージに上げるスペシャルな
演出で届けられた。ステージ上の階段、ソファ、椅子に
座るファンに向けて、今市は肩を抱いたり頭を撫でたりと、
夢のようなファンサービスを大放出。贅沢すぎる演出に、
客席からは終始悲鳴に近い歓声が沸き起こっていた。

ここからは、今市がアーティスト活動において
ターニングポイントとなったバラード曲を披露していく。

まずは、徳永英明の「レイニー ブルー」。2010年、
『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2
~夢を持った若者達へ~』で歌唱した、彼の人生を大きく
変えた1曲だ。続いて、自身がR&Bに興味を持つきっかけに
なった曲だと以前から語っているブライアン・マックナイトの
「One Last Cry」へ。最後に、三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」などを
手掛けたSTYと共に制作した「これが運命なら」。
歌唱前に「しんどい時に感じた言葉を綴った」と紹介した
この曲を、今市は切なくも力強い歌声で届けた。

『RYUJI IMAICHI CONCEPT LIVE 2024 RILY'S NIGHT/LOST R』(※提供画像)

静かな雰囲気から一転、後半戦は「FUTURE LOVERS」で
にぎやかにスタート。再び会場のギアを上げると、
「Kiss & Tell」で今市はステージを降りて1階席へ。大興奮する
観客の目の前で歌を届けていく様子から、どこまでもファン
想いな彼の姿勢が伝わってくる。「Talkin’ bout love」の後、
「THROWBACK pt.2」はサンプリング元であるEXILE
「Your eyes only ~曖昧なぼくの輪郭~」をリミックスした
スペシャルバージョンで披露し、さらに会場を盛り上げた。

『RYUJI IMAICHI CONCEPT LIVE 2024 RILY'S NIGHT/LOST R』(※提供画像)

「あっという間に、駆け抜けていきました。ファイナルなので、
1個1個噛みしめながらやらせていただいてます」としみじみと
語った今市。ラストに届けるのは、かけがえのない日常を
テーマに制作した曲だという。直近のコロナ禍や戦争、震災などを
例に挙げながら「日常っていうのは当たり前のものだけど、それが
急に奪われてしまうこともあります」と告げ、「Star Seeker」を披露。
日常をもっと大切にするべきというメッセージを力強く届け、
ステージを後にした。

アンコールでは1曲目に「Don't Give Up」を披露。紗幕に
大地や滝といった映像、歌詞を映し出し、今市は幕の後ろ
で歌を届ける。迫力のある映像、美しいコーラスワークも
相まって、壮大さを感じるパフォーマンスだった。

『RYUJI IMAICHI CONCEPT LIVE 2024 RILY'S NIGHT/LOST R』(※提供画像)

「『RILY'S NIGHT』はこの先も大切にしたい場所なので……
次は第4章になるのかな?」「また必ず、新たな形で
『RILY'S NIGHT』やりたいと思います!」と約束した今市。
ラストに届けられたのは、ファンからタイトルを募集して
完成した「星屑のメモリーズ」だ。『RILY'S NIGHT』には
欠かせないこの1曲。演奏に合わせて無数のペンライトが左右に揺れ、
ラストサビでは観客の歌声が会場いっぱいに響きわたった。

『RYUJI IMAICHI CONCEPT LIVE 2024 RILY'S NIGHT/LOST R』(※提供画像)

最後に再び「LOST R」のコール&レスポンスを行い、
この日のライブは大団円。一方で、6月26日にはニューアルバム
『R』のリリース、直後にはアルバムを携えたアリーナツアー
『RYUJI IMAICHI LIVE TOUR 2024 RED』の開催と、
今市は休むことなく走り続ける。そして、この日ステージ上で
交わした約束を、彼はきっと果たしてくれることだろう。
ファンと近い距離で過ごす大切な時間がまた訪れることを
期待させながら、ツアーは幕を閉じたのだった。

The post 今市隆二、ソロツアー全国13カ所15公演完走!「また必ず、新たな形で『RILY'S NIGHT』やりたいと思います!」 first appeared on WWSチャンネル.

【関連記事】

おすすめの記事