Yahoo! JAPAN

特許技術で安全・美味な「国内産オイスター」が1年中食べられる!《福岡市博多区》

UMAGA

牡蠣=冬のイメージですが、実は日本では1年中美味しいカキが獲れます(夏の岩牡蠣がいい例ですね)。「レカイエ オイスター バー」を経営する「ゼネラル・オイスターグループ」では、全国各地で獲れた牡蠣を富山にある施設に集め、極めて清浄性の高い海洋深層水で浄化(こちら特許技術!)。こうすることで牡蠣がキレイになり、ミネラル分もアップ! 鮮度も長く保てるようになるのだそう。店に並ぶ牡蠣はすべてこのプロセスを経たもの。だからこそ、「レカイエ オイスター バー」では美味しく、安全な牡蠣が楽しめるのです。

店頭には毎日、6箇所の産地から入荷した旬の牡蠣がズラリと並びます。これを見ただけで「早く食べたいっ!」って気になります。

オイスターバーって、なんだかオシャレで、日常使いしにくいイメージかもしれませんね。でも、そんな人にこそ、ぜひこの店に行ってほしい。産地が違う新鮮な牡蠣を食べ比べできるうえ、さまざまな調理法で牡蠣という食材の素敵な可能性を広げまくっています。

しかも、これからの季節なら、冷たい生牡蠣と白ワインなんて最高のマリアージュ。まずは本日届いた「兵庫県坂越産」(616円)と“豊前海一粒かき”のブランドで知られる「福岡県門司産」(660円)を食べ比べ。食べ応えたっぷりの「兵庫県坂越産」、濃厚な味わいの「福岡県門司産」、どちらも甲乙つけがたい美味しさです。

※施設より提供

そのままいただいた後は、お店オススメのアレンジで。さまざまなテイストで牡蠣を楽しめるのもこの店の魅力です。「コールドオイスタープレート」(2189円)は、漬け牡蠣・牡蠣炙り・胡麻牡蠣・生牡蠣の4種、「ホットオイスタープレート」(1199円)はバターソテーやカキフライ、焼き牡蠣の3種が盛られています。それぞれの味わいが際立ち、一粒一粒いただくのが楽しくてたまりません。

こちらは人気メニューのひとつ「牡蠣のアヒージョ」(979円)。パンを別オーダーして、旨味たっぷりのオイルをつけていただきましょう。

……とここまで牡蠣づくしだと、牡蠣が苦手な人とは行けないと思ってしまいますが、ご心配なく。「レカイエ オイスター バー」には九州産の素材を使ったアラカルトメニューも充実しています。この日のメニューをチェックしてみると「糸島雷山豚の生ハムと地元農家のカブのカルパッチョ」(550円)や「本日のカルパッチョ」(715円)、「鹿児島産キビナゴのフリット」(550円)など、牡蠣以外のメニューも揃っています。

※施設より提供

こちらはランチで人気となっている「胡麻牡蠣丼」(1210円)。牡蠣の出汁で炊き込んだご飯の上に、牡蠣醤油とゴマをベースにした特製ダレで牡蠣をのせたもので、博多名物・胡麻サバにヒントを得た丼メニューです。お米の一粒一粒にまで、牡蠣の風味がしっかりと感じられ、ゴマ醤油と牡蠣の相性も抜群! ご飯が進みます。ランチではほかに「カキフライセット」(1210円)やパスタ、グラタンなども揃っています。

※施設より提供(窓際席)

窓側に面したテーブル席の壁には牡蠣の説明などが書いてあり、読みながら食べるとより美味しく感じます。入口側には2席ずつ区切られたカウンター席がのび、デートにぴったりな印象。2人で仲良く産地別のオイスターを食べ比べるデートも楽しそうですね。

取り揃えているワインはほぼ白ですが(赤は4種のみ)ボトルで2959円からとリーズナブル。ここはどっしりと腰を落ち着かせ、牡蠣とワイン三昧といきたいところですが、店長の橋本耕輔さん曰く「しっかりお食事いただくのはもちろん大歓迎ですが、オイスターは肝臓にいいので、他のお店でお食事をされる前にうちに立ち寄っていただき、前菜としてオイスターとワインを1杯という楽しみ方もおすすめですよ」とのこと。なるほど、身体にもよくてオシャレ! こんな利用の仕方もアリですね。

《レカイエ オイスター バー》
福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ シティダイニングくうてん10F
092-409-8940

※掲載しているメニューや価格は取材時のものです。訪問する際にはお店のSNSや電話等でご確認ください。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 淹れ手はお客様と生産者をつなぐ“双方向”のメッセンジャー 「足久保ティーワークス」宇野明日真さん

    さんたつ by 散歩の達人
  2. 江ノ電・長谷~江ノ島さんぽコース! 電車に乗っても眺めても、はしゃげる沿線

    さんたつ by 散歩の達人
  3. 神はサイコロを振らない、新曲がNHK Eテレのアニメ『アオアシ』第2クールのエンディングテーマに決定

    SPICE
  4. ももクロ、ドキュメンタリー映画全国公開決定+ポスタービジュアル解禁!

    Pop’n’Roll
  5. 森高千里、全国ツアー【「この街」TOUR2020-22】千秋楽 デビュー35周年記念ライブ開催発表 

    SPICE
  6. 観光業の活況再び! インバウンド回復見込むJR西日本【企業分析バトル 北海道大学 不破・金井チーム】

    J-CAST会社ウォッチ
  7. 初めての病院に緊張するハムさん 「オワタ……」な表情で硬直

    おたくま経済新聞
  8. 異界と交わってしまいそう... 「逢魔が刻」の奈良の古刹が、怖いくらいに美しい

    Jタウンネット
  9. サステナブルなカカオ原料調達によるチョコレート「不二製油」

    ELEMINIST
  10. あっとほーむデスクあっとほーむデスク〈横浜市旭区〉

    タウンニュース