Yahoo! JAPAN

管理釣り場フライフィッシング入門 代表的毛針とキャスティング方法

TSURINEWS

フライフィッシングで釣りあげたトラウトと遊んだ(提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

ここでは「フライフィシングを始めてみたい」と思っている人にオススメできる関東近郊の管理釣り場や、釣り場タイプ別タックル選び、基本的なキャスティング方法などを解説。

フライフィッシングのタックル

釣り場の規模に合わせてタックルを選択する。オススメは図参照。

タックル図(提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

オススメのフライ

オススメのフライを紹介しよう(フックサイズはすべて#12)。

化繊カディス(ドライフライ)

カディス(提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

・ウィング:化繊系のもの
・ハックル:ブラウン系
・ボディー:タン
・スレッド:ブラウン系

ソフトハックル(水面下)

ソフトハックル(提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

・ハックル:ブラックまたはブラウン系
・ボディー:ビニール素材のもの(ヘアゴムや釣りイトで代用可)
・スレッド:ブラックまたはブラウン系

ビーズヘッドニンフ(中層以下)

ビーズヘッドニンフ(提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

フックにビーズヘッドを通して、化繊系の白やオリーブのマテリアルを巻き付ける(毛糸で代用可)

ドライフライはキャストする距離が必要だが、ソフトハックルやビーズヘッドニンフは、竿の長さぶん足下に落としてサイトフィッシングが可能。飛距離が出せなくても楽しめるため、子どもやビギナーに特にオススメ。

キャストの練習方法

バックキャスト、ロールキャストともに、5、6mまっすぐ、精度よくキャストできることが重要で、距離よりも方向性と正確に狙った位置に落とすことが重要。

キャスティング図解(作図:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

キャスティングは手首を曲げないことがコツ。ロッドの尻を袖口に入れて練習するといい。画像と図解参照。

楽しみはさまざま

秋の行楽シーズンにあわせて楽しめる管理釣り場のフライフィッシング。前項で紹介した釣り場の近くには紅葉やイルミネーションが楽しめるスポットもある。行楽とセットで楽しむのもいい。

また、一日券でとことん釣りをして、タイイングしたフライのテストや仲間との意見交換も面白い。

管理釣り場での大型魚とのファイトやスレた魚との頭脳戦、数釣りの研究、釣友やライバルとの出会い……。管理釣り場の経験が確実にステップアップさせてくれるはず。私自身、管理釣り場で知り合った仲間は多く、釣り人の交流の場として渓流釣り禁漁中は貴重な場所だ。

オススメ管理釣り場

自然の河川を利用した渓流に近い感覚で楽しめる場所から、豊富な放流量の大規模ポンドまでさまざま。

今回、以下の3つの釣り場を紹介したい。

うらたんざわ渓流釣場

神奈川県神ノ川上流の自然渓流タイプの管理釣り場でフライ・テンカラ専用エリアがある。当該エリアはまさに渓流そのもので、ウェーダーを履いての川歩きの練習になる。また木々も自然のままなので実践的なキャストが体験できる。

大岩や淵、落ち込み、瀬など狙いどころになるポイントが多く「来年こそ渓流デビュー」と明確な目標がある人にはオススメ。

うらたんざわ渓流釣り場(提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

一般エリアはプール状に区切られていて、岩盤の淵や緩やかな流れが多く、足場も比較的よくゆっくりと楽しめる。大型ニジマスが放流されている。

リヴァスポット早戸

魚種多彩で放流量が多く、魚影が濃い釣り場で、流れのなかを狙えばF1やイワナが釣れる。

河川を区切ったプール状の釣り場でフラットな水面や落ち込み、チャラ瀬など変化に富んでいる。ロングキャストしなくても、足元に定位する魚が多く、並んで釣りが楽しめるので親子で楽しむのもいい。

開成水辺フォレストスプリングス

ポンドタイプの釣り場で大型魚が多い。バックスペースのとれない場所ではロールキャストが有効。月1回フライスクールを実施しているので実釣レクチャーが受けられる。

開成の1stポンド(提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

クリアな1stポンドとマッディーな3rdポンドがあり、前者はサイトフィシングが楽しく、後者はライズを探す釣りが面白い。

<週刊つりニュース関東版APC・井田泰司/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年11月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post管理釣り場フライフィッシング入門 代表的毛針とキャスティング方法first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事