Yahoo! JAPAN

『胸が鳴るのは君のせい』完成報告イベントレポート

映画ログプラス

「きゅんきゅんさせる自信があります!」

すべての恋する女子の共感ポイントにあふれた、親友のように仲が良い友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリーが遂に映画化!6月4日(金)より全国公開します。

主人公の有馬隼人を演じるのは、ジャニーズJr.で唯一「VS魂」のレギュラーメンバーに抜擢されるなど、今年最もブレイクが期待される浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)。本作で映画初主演を果たし、その活躍に更に期待が寄せられています。

そして、ヒロイン・篠原つかさに白石聖、2人の恋のライバルに板垣瑞生原菜乃華と今注目のキャストが勢揃いし、甘酸っぱくも切ないラブストーリーを彩ります。情報解禁の度に大きな話題を巻き起こし、公開を待ち望む声も続々と届くなど、ファンの期待はどんどん高まっています!

浮所飛貴、白石聖、板垣瑞生、原菜乃華ら登壇

そしてこの度、4月29日(木・祝)に完成報告イベントを丸の内TOEI①にて実施。本作で映画初主演を務める浮所飛貴をはじめ、白石聖、板垣瑞生、原菜乃華たち次世代を担う若手注目キャストと本作を手がけた髙橋洋人監督が登場しました。

イベントの冒頭に浮所は「早くみなさんに観ていただきたいです。完成報告イベントを無事迎えられて、いよいよお届けできると僕自身も“胸が鳴って”います!」と、映画が完成した喜びを交えながら笑顔を見せました。

撮影現場について振り返ると、浮所は「みんな仲良く、和気藹々としていて、本当に学校生活を楽しんでいるような雰囲気での撮影でした。今日は久しぶりにみんなに会ったんですが、同窓会みたいな気持ちです笑。」とコメント。

白石も「高校生に戻ったようで、当時は友達とこんな空気感だったなって思い起こさせてもらいました。浮所さんは明るく現場を盛り上げてくれるムードメーカーで、すごく楽しい現場でした。」と座長を務めた浮所への信頼を見せました。

板垣は、「浮所くんとはお互いにあだ名で呼びあって、すぐに仲良くなりました。お互いにうっきー、みっきーと呼び合ってます笑。うっきーじゃなきゃできなかった、“うっきーらしい座長の姿“で、キャスト・スタッフ全員を現場で盛り上げてくれました。」とライバルとしてぶつかりあう役ではあったが、ふたりの仲の良さ、そして互いに切磋琢磨した現場をアピールしました。

つかさの恋のライバルとして登場する麻友を演じた原は、「私が演じた麻友ちゃんは、ふたりの仲をかき乱す役柄だったので、あんまり仲良くなりすぎない方がいいなと思って。みんなが楽しそうにしているのをうらやましそうに見ていました笑。今日こうやってお会いして、みなさんとたくさんお話できてうれしいです。」と話しました。

“胸が鳴る”シーンスペシャル映像

また本作で初主演を務めた浮所は、撮影・宣伝活動を通して“座長だと実感したこと”を聞かれると、「取材や収録で「胸が鳴るのは君のせい」見てください!と言ってるときや、今こうやってみなさんの前でお話させていただいてまさに実感しています。撮影中は、すごく積極的にいろんな方に話しかけました。はやく仲良くなって、“胸きみチーム”として撮影したいなと思って。」と初めてながらも果敢に座長として現場に挑んでいく浮所の気概を感じさせました。

またこの日は、キャストそれぞれが劇中の“胸が鳴る”シーンをスペシャル映像としてイベントで初公開!浮所が選んだのは、林間学校で洗い物をするつかさの髪の毛を有馬が束ねてあげるシーン。映像を見ながら、「みんなと一緒に見るの恥ずかしい!照れる!けどここはすごくきゅんきゅんすると思うんです!実は原作にはないシーンなんですが、有馬くんの距離の近さもそうですし、髪に触れられるのってドキドキしますよね。」と胸きゅんシーンにも自信をのぞかせました。

白石が選んだのは、有馬にフラれたあとに「やっぱり有馬が好き。フラれても、がんばるから!」と有馬の家に宣言しに行くシーン。「原作のこのシーンがとても好きで、読んでいて一気に心をつかまれました。このヒロインを応援したい!って思ったシーンなんです。何より好きなのが、つかさが告白したあとに、有馬が屈託のない笑顔で笑ってくれるんです。フラれて気まずい思いをさせないような有馬の優しさに救われる、つかさとしてはすごくうれしいシーンなので選びました。」とシーンに込めた思いを語りました。

板垣が選んだのは、長谷部がつかさにキスをしてビンタされるシーン。「たまたまなんですが、ビンタにされたときにイヤカフが飛んでいくんですよ。長谷部の切なさが強調されているシーンになって、すこし複雑な気持ちにはなりますがいいシーンになりました。白石さんのビンタがまた上手で笑。」とビターなシーンの中に込められた裏話を披露しました。

原が選んだのは、麻友がつかさに本音を初めてぶつけるシーン。 「原作でもすごく好きなシーンなんです。麻友ちゃんとしてはつらいシーンなんですが、お芝居も白石さんにすごく引っ張っていただいて、つかさと麻友が本気でぶつかりあうとてもいいシーンになったと思います。」と笑顔で語りました。

そしてフォトセッションでは、本作のタイトル「胸が鳴るのは君のせい」にかけてハートをあしらった“きゅんと鳴る鐘”が登場!浮所が代表して「この映画を観て全国のみなさんの胸が鳴りますように!」と宣言をし、鐘を鳴らすとかわいい「きゅんきゅん♥」という声が!その音の意外性に浮所は「なになに!?鐘から“きゅん”って鳴るなんて初めてです!え!?誰の声?」と驚き、音の正体を確認するため何度も鐘を鳴らし、実はこの声は白石の声ということが知らされると、「本当に!?わざわざ録ってくれたの!?めちゃくちゃうれしい!」と喜び、声を吹き込んだ白石は「こんなにかわいらしいきゅんになると思っていなくて笑。いくつかパターンを録らせていただきました。」と照れながらコメントしました。

最後に、浮所から「片想いの方の背中を後押しできる映画となっておりますので、ぜひ劇場でご覧ください!きゅんきゅんさせる自信があります!」と公開を待つファンに向けてメッセージを贈り、イベントが終了しました。

『胸が鳴るのは君のせい』特別映像

キャスト

浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)
白石聖
板垣瑞生
原菜乃華 

河村花
若林時英
箭内夢菜
入江海斗

浅川梨奈
RED RICE(湘南乃風)

監督

髙橋洋人

原作

紺野りさ「胸が鳴るのは君のせい」
(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)

脚本

横田理恵

主題歌

「虹の中で」美 少年/ジャニーズJr.

音楽:KYOHEI(Honey L Days)
配給:東映
公式HP:munekimi-movie.com
©2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

6月4日(金) 全国ロードショー

【関連記事】

おすすめの記事