Yahoo! JAPAN

ユニークな変形機構を備えた高性能な14.4型2in1PC「Surface Laptop Studio」

価格.comマガジン

ユニークな変形機構を備えた高性能な14.4型2in1PC「Surface Laptop Studio」

マイクロソフトの「Surface Laptop Studio」は、高性能な14.4型2in1パソコン。フリップ機構によりディスプレイが180°回転し、ラップトップモード、ステージモード、キャンバスモードなど複数のスタイル(モード)で利用できるのが特徴だ。外付けGPU(dGPU)を搭載したモデルもラインアップし、クリエイティブな用途やゲームなど高付加な作業にも向いている。価格.com最安価格は199800円から。ユニークな変形機構とその性能をじっくりとチェックしていこう。

14.4型のディスプレイを搭載するSurface Laptop Studio。ディスプレイが180°回転し、さまざまなスタイルで利用できる。高いパフォーマンスを求めるクリエイター向けのモデルだ

「VAIO Z」を彷彿させるフリップ機構

Surface Laptop Studioは「Surface Book 2」の後継モデルで、高性能な2in1パソコンだ。Surface Book 2は、キーボードから本体を着脱するタイプだったが、Surface Laptop Studioはディスプレイが180°回転し、さまざまなスタイルで利用できる。

この機構の魅力は、本体を持ち上げずに、ラップトップモードからキャンパスモード(タブレット)などさまざまなモードに変更できること。変形機構は、VAIOの「VAIO Z(フリップモデル)」を彷彿させる。

変形機構はVAIO Z(フリップモデル)とほぼ同じ。ディスプレイの上部を後ろ側に押すと、ディスプレイが倒れ、そのままタブレットとして使える
天板を見ると中央に線が入っている。「Dynamic Woven Hinge」というもので、この位置を軸にディスプレイが回転する
回転した裏側。布のような素材で下側が覆われている
ラップトップモード
ステージモード。キーボード操作を必要としない、ビデオ鑑賞やゲーム、プレゼンテーションに適している
スタジオモード。タブレットの状態のことで、デジタルキャンパスとして、「Surfaceスリムペン2」(別売)を使って、文字や線を書いたり、絵を描いたり、スケッチしたりできる

ディスプレイは14.4型で持ち運び用と思いきや重量が約1.82kgあり、頻繁に持ち歩くのには正直向いていない。やや大きいディスプレイやdGPUを搭載しているためだが、持ち運びを重視する人は実際の重さを確認してから購入するといいだろう。

別売のSurfaceスリムペン2を含めた重量は実測で1834g。ほぼカタログスペック通りだ

書き味抜群の「Surfaceスリムペン2」、ディスプレイやキーボードも優秀

ディスプレイには、同社が「14.4インチPixelSense Flow ディスプレイ」と呼ぶ高性能なディスプレイを搭載する。解像度は2400×1600(220ppi)、リフレッシュレートは最大120Hzというハイスペックなパネルだ。アスペクト比はほかのSurfaceと同様、3:2で縦方向に長くWebページの閲覧やOfficeアプリが使いやすい。なお、120Hzの高リフレッシュレートは電力消費が激しいので、外出時など画面の滑らかさよりもバッテリー消費を重視するときは60Hzに設定しておくといいかもしれない。

14.4 インチ PixelSense Flow ディスプレイは、2400×1600の高解像度で、最大120Hzの高リフレッシュレートが特徴だ。コントラスト比は1500:1。Dolby Visionをサポートする。アスペクト比はSurface伝統の3:2
リフレッシュレートは「ディスプレイの詳細設定」で設定できる。120Hzは滑らかだが、消費電力が大きくなるので、バッテリー動作時かつ高リフレッシュレートが不要な時は60Hzに設定するといいだろう

別売だが、「Surfaceスリムペン2」との相性も抜群だ。ハプティックモーターが内蔵されており、画面の上で線を書くと、ペンが振動し、ペンで紙に書いた時のような摩擦感を再現する。この振動はオン・オフ可能で、強さも調整可能。好みに応じて設定するといいだろう。

別売のSurfaceスリムペン2。細い楕円形で、一見持ちにくそうに見えるが使ってみると案外持ちやすくて書きやすい。Surfaceスリムペン2の価格.com最安価格は17490円
ハプティックモーターによる振動はオン・オフが可能。強さも調整できる

また、ペンの収納方法も工夫されている。ペンを格納する専用スペースは設けられていないが、パームレストの下にマグネットで固定できる仕組みになっているのだ。かなり強力なマグネットで簡単には取れないようになっている。いい意味で紛失しにくく、悪い意味だと取り外しにくい。

Surfaceスリムペン2はパームレストの下のスペースにマグネットで固定できる

キーボードは、スペースバーの左に「A」(英語)キー、右に「あ」(ひらがな)キーが配置された、マイクロソフトの新しいキー配列。Macのキーボードに似ている。キーピッチは実測で約19mmのフルサイズ。小気味よい打鍵感で、快適にタイピングできた。

大型のタッチパッドにもペンと同様ハプティックが入っている。これもMacBookと同じで、タッチパッドの下側だけでなく、真ん中あたりでもクリックできる。電源をオフにするとタッチパッドはただの板で押し込むことはできない。

19mmピッチのフルサイズキーボード。ハプティックが組み込まれたタッチパッドは広くて使いやすい。クリエイター向けとはいえ、完成度の高いキーボードだ

第11世代CoreのH35とGeForce RTX 3050という強力な組み合わせ

最後にスペックをチェックしていこう。ラインアップはCore i5モデルとCore i7モデルがあり、Core i7モデルはNVIDIAのGeForce RTX 3050 Ti Laptop GPU(4GB)を搭載する。Core i5モデルのグラフィックはCPU内蔵のIris Xeグラフィックスだ。今回試したモデルのスペックは以下の通り。

CPU:Core i7-11370H(3.30GHz、最大4.80GHz)
メモリー:32GB LPDDR4x
ストレージ:1TB SSD
グラフィック:GeForce RTX 3050 Ti Laptop GPU(4GB)
マイクロソフトストア価格:341880円

CPUは第11世代で一世代前だが、H35というTDP35Wの高性能なCPUだ。ターボブースト時のクロック周波数は4.80GHzにも達する。グラフィックはAmpereアーキテクチャのGeForce RTX 3050 Ti Laptop GPUで、4GBのGDDR6メモリーを搭載。GeForce RTXシリーズとしてはエントリークラスのGPUではあるが、クリエイティブ用途はもちろん、PCゲームなど負荷の高い作業も快適にこなせる。

パソコンの総合性能を測定する定番ベンチマークソフト「PCMark 10 Professional Edition」の結果は5436。高性能なCPUやGPUを搭載しており、基本性能は非常に高い
グラフィック性能を測定するベンチマークソフト「3DMark Professional Edition」の結果。先日レビューしたデル・テクノロジーズ「New Dell G15 プラチナ(RTX3060搭載)」のGeForce RTX 3060 Laptopに比べると概ね半分のスコア。最新ゲームを高リフレッシュレートで楽しむのにはパワー不足だが、カジュアルゲームなどは問題なく楽しめるだろう

外部インターフェイスはUSB 4.0/Thunderbolt 4搭載USB-Cポート×2、3.5mmヘッドホン出力、Surface Connect ポートと少なめ。周辺機器との接続性を考えるとドッキングステーションやハブが欠かせないだろう。充電はSurface Connectポート経由だけでなく、USB PDでの充電も可能。付属の充電器は120Wタイプで、ほかのSurfaceシリーズよりも大きくて重いので、外出先では別売のUSB PDで充電するといいだろう。

外部インターフェイスは左側面にUSB 4.0/Thunderbolt 4搭載USB-Cポート×2を、右側面に3.5mmヘッドホン出力とSurface Connect ポートを備える
ほかのSurfaceシリーズと比べると大きめのACアダプター。本体とのコネクター部分も少し太めだ

まとめ

Surface Laptop Studioは製品名の「Studio」という通り、高いパフォーマンスを求めるクリエイターやハイスペック志向のユーザー向けだ。CPUは最新世代ではないが、H35シリーズということでCPUパワーは高く、Core i7モデルはGeForce RTX 3050 Ti Laptopも搭載する。プレイするゲームや求めるクオリティにもよるが、PCゲームも楽しめる。

フリップ機構は意外と実用的で、ペンを使っての手書きやプレゼンなど幅広い用途に使える。変形時に本体を持ち上げずに済むのもありがたい。重量は約1.82kgと毎日持ち歩くのには苦労しそうだが、普段は在宅勤務で会社に行くのは、ときどきという人なら十分許容できる重さだろう。

写真や動画の編集、高負荷な作業をどこでも快適にこなしたい人はもちろん、高性能なモバイルマシンを求めている人はSurface Laptop Studioをぜひチェックしてみてもらいたい。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【愛知】沖釣り最新釣果 ジギングでワラサ登場にイサキ&キス数釣りも

    TSURINEWS
  2. 猫には『生理』が無いって本当?その理由や出血する時に考えられる病気3つ

    ねこちゃんホンポ
  3. 動物病院での正しいマナーとは?犬の飼い主が意識すべき大切なこと

    わんちゃんホンポ
  4. コース仕立ての大人ビアガーデン。ハイボールやカクテルも KITANO CLUB ANNEX『ルーフトップビアテラス~highball&cocktail~ 』神戸市中央区

    Kiss PRESS
  5. 渡辺美奈代、ママ友からの頂き物で作った夕食「素晴らしい」「美味しそう」の声

    Ameba News
  6. 男女共同参画 意識向上に街頭啓発 名張市

    伊賀タウン情報YOU
  7. みきママ、次男に毎週リクエストされる料理「作ってみました」「いいですね」の声

    Ameba News
  8. <お祝いの悩み>もらって困った出産祝いといえば何?一番喜ばれて無難なものは……

    ママスタセレクト
  9. 【新店・ノンアルカクテル専門店 mocktails】浜焼きのお供に!みんなが楽しめるノンアルカクテル│長岡市寺泊(モクテル)

    日刊にいがたWEBタウン情報
  10. 才賀紀左衛門、彼女に朝から注意されたことを告白「カフェ行って気分転換しよかな」

    Ameba News