Yahoo! JAPAN

50代のおばさんがウエスタンブーツを履くのは変?ママたちが考えるオシャレの楽しみ方とは

ママスタセレクト

皆さんは普段からオシャレに気を使っていますか? 「人から褒められたい」「自分が気に入ったものを身につけたい」など、オシャレへのこだわりや定義は人それぞれでしょう。ママスタコミュニティには、50代の同僚のファッションに驚いたと話すママからの投稿がありました。

『50歳過ぎのおばさんが昨日、職場にウエスタンブーツを履いてきてびっくりした。どうしたんだろう急に。雨でもないのに。50代で流行っている?』


50代の女性がウエスタンブーツを履くことに対して、違和感を感じている投稿者さん。この投稿を見たママスタコミュニティのママたちからはどのようなコメントが寄せられたのでしょうか。

ウエスタンブーツを履いてきた理由とは?

『ひと昔前に流行ったような記憶。その頃に買ったものを履いてきたとか? その世代の人って高いものなら一生使えると思っていそうだし』


『衣替えのついでに昔流行ったウエスタンブーツが出てきた。履いてみたら「あら、まだ使えるんじゃない?」と思い履いてきた、ってとこじゃない』


『ウエスタンブーツ好き。流行に興味ないから分からないけど』


突然ウエスタンブーツを履いてきた同僚について、ママたちからは「前から持っていたものを履いてきたのでは?」との憶測が寄せられました。ひと昔前にウエスタンブーツが流行していたと記憶しているママは、「50代は良い品物を長く使う年代」と考えているようですね。まだ使えそうな状態であるなら履いてみようと思う気持ちは理解できます。流行している・していないに関わらずウエスタンブーツが好き、と話すママもいました。服装を選ぶときに、流行は意識せず自分の好きなアイテムを身にまとう人たちも少なくないでしょう。流行は気にせず「使える状態のものであれば使う」という意識もエコなファッションの楽しみ方かもしれませんね。きっと投稿者さんの同僚も、出勤前に鏡の前でファッションチェックをし「あら、ウエスタンブーツもいいじゃない」と思ったのではないでしょうか。

ファッションアイテムの可否を年齢で決めるのは……


『それって投稿者さんの価値観だよね。人それぞれだよ』


『服と合ってなかったわけではないんでしょう?』


『投稿者さんがただ気にしすぎだと思う』


『50過ぎのおばさんは何を履いたらいいわけ?』


「50歳を過ぎているのにウエスタンブーツを履くなんて……どうしたの?」と気になって仕方がない様子の投稿者さん。しかしこの投稿者さんの反応に対してやや批判的なコメントも寄せられました。50歳を過ぎている女性がウエスタンブーツを履いていたら驚くというのは、投稿者さんの価値観そして主観のように思えます。何歳までならウエスタンブーツを履いていいかとの問いに、答えなどないはずです。ましてや〇歳の人はコレを履け、という決まりもないでしょう。どのようなファッションを楽しむかを他人が評価するのは、いささかナンセンスなのかもしれませんね。

おしゃれに年齢制限なし!

『おしゃれをしたいんだよ。女はいくつになっても綺麗でいたいの。おばさんだから履いたらダメなんてないでしょ。好きな格好をしたらいい。とてつもなく不快な格好をしていたら嫌だけど、ウエスタンブーツなんて問題ないね』


『ファッションなんて個性なんだからいいじゃん』


『いいじゃん。何歳でも好きな格好をすれば。ウエスタンブーツに年齢制限はないし』


『かっこいいじゃないか!』


ママスタコミュニティのママたちからは「ファッションはその人の個性であり、オシャレを楽しむのに年齢制限はない」とのコメントが寄せられました。自分の価値観や主観から、他人の言動や身なりについ口を出したくなることもあるでしょう。しかしながらファッションはその人の持つ個性であり、著しく公序良俗に反していない限りは批判できないのではないでしょうか。

筆者は30代後半ですが、個性的なファッションが好みです。顔なじみの女子高生や中学生と顔を合わせると「また変な服を着ている!」と言われることもしばしば。でもそんなことは意に介しません。自分が気に入っていて、「心地よい」「この服が好き」と思って身に着けているのです。筆者にとってファッションは毎日を楽しく過ごせる要素のひとつになっています。「おしゃれに年齢制限はない」というのがママスタコミュニティのママたち、そして筆者からの答えです。お子さんが小さいと独身のころのように華やかなファッションを楽しむことは難しいでしょうが、年齢や他人の目を気にせず自分自身が喜ぶオシャレを楽しんでいきたいですね。

文・子持ち鮎 編集・荻野実紀子

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【後編】旦那とは喧嘩ばかりで1年以上口をきいていない。現状のままがいいけれど、子どもたちのためにこの状況を変えるべき?

    ママスタセレクト
  2. 川栄李奈、生見愛瑠[イベントレポート]「可愛いマスクがほしい」「天才になりたい」!? <『ぷよテト2』CM発表会>でサンタクロースへのお願いを告白

    Pop’n’Roll
  3. 【前編】旦那とは喧嘩ばかりで1年以上口をきいていない。現状のままがいいけれど、子どもたちのためにこの状況を変えるべき?

    ママスタセレクト
  4. 【いぬねこ漫画】第1話:【はじめまして ヨル・ナナです!】動物チームといっしょ

    PECO
  5. ビジュアルセンスが秀でるポルシェ911デザイン資料集

    ClassicPORSCHE.jp
  6. 櫻坂46、1st SG収録の個人PV予告編を公開!

    Pop’n’Roll
  7. 若月佑美、オンラインサロン『未開発区域』公式YouTubeチャンネル開設! 収益の一部を日本赤十字社に寄付

    Pop’n’Roll
  8. 辻希美、自身のYouTubeチャンネルを見る三男の姿を公開「嬉しいけどちょっと近過ぎ」

    アメーバニュース
  9. おかもとまりの「生き方が大好き」と憧れる小林礼奈 「素直な人で自分と似てる」とも

    Techinsight
  10. 杉浦太陽、思い出の場所を紹介「俺が大阪で育ってきた景色や…」

    アメーバニュース