Yahoo! JAPAN

同じトラ猫でも性格が違う!? キジトラ・サバトラ・茶トラの性格

ねこのきもちWEB

茶トラ猫のうるちゃん

猫の毛柄はさまざまなものがありますが、なかでも猫の先祖を連想させるトラ柄は、猫らしい毛柄のひとつです。今回はキジトラ・サバトラ・茶トラの3種類のトラ柄に注目。同じトラ柄でも、性格の傾向に違いはあるのでしょうか?

キジトラはちょっとワイルド


キジトラ猫のみゅーちゃん


茶色に黒のしま模様が入っているキジトラ猫。鳥のキジに色柄が似ているため、この名前がつけられました。
ほかの毛柄に比べると、平均よりも慎重で警戒心が強い傾向にあるようです。
実はキジトラは、飼い猫のルーツであるリビアヤマネコなどの野生の猫に毛柄の遺伝子構造が似ています。そのためワイルドな性質が多いという説も。

サバトラは注意深いだけ


サバトラ猫のハロちゃん


シルバーのベースに黒いしま模様が入っているサバトラ猫。模様の濃淡には個体差があるため、全体的にグレーっぽい猫も存在します。
サバトラは洋猫との交配が進んだ結果生まれた毛柄。ヤマネコのしま模様を持ち合わせているため、野性的で慎重だといわれています。
しかし実際には、注意深くても警戒心は弱めな傾向に。そのため、気を張るのは初めのうちだけ、という猫が多いようです。

茶トラはのんきな性格?


茶トラ猫のうるちゃん


オレンジのベースに、濃いオレンジのしま模様が入っている茶トラ猫。この色合いから、欧米では「生姜」を意味する「ジンジャー」と呼ばれることも。
茶トラは遺伝的にオスが生まれやすく、そのため通説ではオスらしい性格が出やすいといわれています。
メスは保守的な傾向にありますが、オスはメスにアピールしたり、ライバルとメスを取り合ったりする必要があるため、性格は積極的になる傾向に。
そのため、平均よりも友好的な性格が多く、一方で繊細さはやや欠けているようです。
同じトラ柄であっても、それぞれルーツや遺伝的要因が異なるため、性格に違いがあらわれるようです。もちろん個体差などもあるため、通説とはまた異なる個性も見られることでしょう。これからも、トラ猫たちの魅力に注目していきたいですね。

参考/「ねこのきもち」2017年11月号『読者の愛猫781匹から見えてきた! 毛柄×性格相関データFile』(監修:「Tokyo Cat Specialists」院長 山本宗伸先生)
文/田山郁
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

【関連記事】

おすすめの記事