Yahoo! JAPAN

ビネガー活用でおいしく時短!キユーピー醸造のフルタイムママ【たべぷろ編集長インタビュー】

たべぷろ

フルタイムで働くママの平日は大忙し! でも皆さん、仕事から帰宅後の貴重な数時間を、とっても上手に家事・育児とやりくりしてるんですよね。しかも夕飯づくりだけなく、子どもと過ごす時間も大切にしています。そんな平日の上手な時間の使い方を、たべぷろ編集長の貞苅が現役ワーママにインタビューします。今回は、キユーピー醸造にお勤めのワーママにお話を伺いましたよ~!

土鍋炊飯や下味冷凍で時短!

緊急事態宣言が再度発令されたこともあり、今回はオンラインでのご対面です!6歳と4歳の元気いっぱいの男の子を持つ、キユーピー醸造株式会社 東京営業所 CVS営業課に所属する大西希実子さん。ママ自身もハツラツとした印象で、“ムリせず”“子どもに押し付けない”男児育児を実践中!

大西さんは起床から出勤までを、たったの1時間半で行っているそうで、2時間半もかかる貞苅にはとても信じられないスピード感! 朝食は主に、パン・ヨーグルト・フルーツ・ヤクルトを用意し、子どもたちが食べている間にご自身の用意に加えて、夕飯用の米を洗米・浸漬するようです。

というのも、なんとご飯は専用の土鍋で炊いているんだとか! 土鍋でご飯を炊くなんて、時間も掛かりそうだし、使用後に洗うのもめんどくさそう…なんて思いがちですが(私もそう思ってました!)、帰宅後に火に掛けて20分くらいで炊きあがるそう。思ったよりも早く炊けるぞ?!

しかも蓋は食洗機の使用OK! 土鍋だけ洗えばいいので、使用後の炊飯器を洗うのよりも意外と楽チンなことに気が付きました。ご飯専用土鍋に興味が沸いてきましたよ~。

<平日夕方のタイムスケジュール公開>

17:00 退社
18:00 お迎え
18:10 帰宅
18:45 夕食・夫の翌日のお弁当作り
19:30 入浴・子どもたちとの時間
21:30 子どもたち就寝
00:00 就寝

夕飯は主に、週末にまとめ買いして下味冷凍をつけた肉を使って料理。塩・こしょうに醤油や酒を揉み込んだものだけでなく、から揚げ用に『塩・こしょうのみ』といったものもアリ。

トンカツ用の肉は、パン粉までまぶしてから冷凍保存しているため、平日の帰宅後は焼くだけでOK! パン粉をまぶす作業でキッチンが汚れることもないので、料理への敷居が低くなりますよね。

作り置きに頼らない献立作り!

献立は、ご飯・味噌汁・メイン料理に加えて、2品程度の副菜も30分以内で用意しています。煮物もするそうですが、例えば「ひじき煮」であれば水に浸す時間を省くために、すでに戻してあるひじきを使うなど時短の工夫をされています。

作り置きの惣菜を用意しているご家庭も多いと思いますが、大西さんはそれはせず、都度料理をしているそうです。というのも、毎日少しずつ残ってしまい、無駄にしてしまう料理もでてしまうから。そこで、コンロとグリル、オーブンレンジをフル稼働させて、一度に全メニューを用意!時短調味料や調理家電をうまく活用すればこれはかないそうですよね!

大西さんの作った料理を拝見して、気が付いたのが彩りのよさ。赤・黄・緑の野菜がどのメニューにも豊富に入っていますよね。それは、6歳のお兄ちゃんが野菜好きだからだそう。スゴイ!

4歳の弟くんは残念ながら野菜はイマイチ…。でも、味噌汁に入れたり、しっかりと炒めたりすれば食べられるようです!

苦手なものを小さく刻んで食べさせる方法もありますが、大西さんの場合はあえて『見せる(魅せる)』料理によって、ふたりとも野菜を食べられるようです。

子どもと一緒に料理して料理男子にしよう!

「食育」なんていうと堅苦しさも覚えますが、野菜をちぎったり調味料を混ぜてもらったり。ちょっとしたお手伝いで子どもたちも食に興味を持ち、好き嫌い克服につながりますね。うどんを一から作った時には、ふたりで生地をふみふみ…。自分で作った食事はおいしいに決まってる~!

苦手なキュウリやトマトを克服するために、弟くんは家庭菜園にも挑戦。 大きく育った野菜らを、なんと弟くんは食べられました! これで嫌いを克服できたか…!と思いきや、市販のそれらは食べないそうで(苦笑)。でも、食べられたのはエライな~。

好き嫌いのないお兄ちゃんは、ちょっと背伸びをしたいお年頃。パパママが食べていたゴーヤに手を出し(笑)、ちょっと苦かったのをガマンして『自分も食べられた!』の自信につなげています。カッコイイ!

また、行事食も積極的に取り組んでいて、こどもの日には春巻きでこいのぼりを作ったり、ひなまつりにはちらし寿司、クリスマスにはチキンを焼くなど、食事の楽しさを伝えながら「食育」に取り組んでいます。

我が社の調味料でおいしく時短!

大西さんが料理に取り入れているオススメの調味料は「芳醇モルトビネガー」「八方だし」「ビネガードリンク」。大人も子どもも同じ味付けで調味し、大人用には香辛料をプラスするといった楽しみ方もしています。

これらの商品は一般的なスーパーでは手に入りにくいものですが、キユーピーのこだわりの商品を集めた「セレクトマルシェ」であれば購入可能! とてもオシャレなサイトで新しい調味料とも出会える場所ですのでぜひのぞいてみてくださいね。

フルーツビネガーで手作りドレッシング

【材料】
ビネガードリンク 10cc
オリーブオイル 5cc
塩、コショウ 適量
ニンニク 適量

【作り方】
材料はすべて混ぜるだけ!
お好きなサラダにかけてお召し上がりください。

鶏手羽のさっぱり煮

【材料】(4人分)
鶏手羽元 お好みで
野菜 お好みで(写真はレンコン、ゴボウ)
八方だし 100cc
水 400cc
芳醇モルトビネガー 20cc
砂糖 大5

【作り方】

鍋に調味料をすべていれて、鶏肉を入れて煮込む。ある程度鶏肉がやわらかくなってきたら、お好みの野菜を追加する。

【ワーママ応援プレゼント】お料理が味わい深くなる「芳醇モルトビネガー」を5名様に!

大麦麦芽をたっぷりぜいたくに使用した大麦黒酢で、大麦麦芽由来の甘く芳醇な香りとコク深い味わいが特徴の「芳醇モルトビネガー」を抽選で5名様にプレゼントいたします!

応募方法など詳しくはこちら→読者投票で決まる!働くママを応援する秋のベストレシピは!? 50名様に当たるプレゼントも【たべぷろワーママ応援レシピ2021秋賞】

【関連記事】

おすすめの記事