Yahoo! JAPAN

スイカがサンドに⁉ お客様のワクワクを大事に”パンの遊園地”を目指す【BLUE LEAF(ブル―リーフ)】(熊本県熊本市)

パンめぐ

「スイカサンド」はスイカが美味しい期間のみの販売。

熊本市内の義実家に法事で帰省した4月初旬。
いつもは通らない道を通って帰る際に偶然看板を見つけて立ち寄った「BLUE LEAF(ブル―リーフ)」さん。

フルーツの美味しい「吉次園」さんから県道31号(熊本田原坂)線を玉名方面に進み、ファミリーマート植木田原坂店のある交差点を過ぎてすぐ左手に看板が見えるので、引き寄せられるように入ってみました(笑)
緑あふれる敷地内の庭にはテーブルと椅子が何か所かあるので、購入したパンを美味しそうに召し上がっている家族連れもいらっしゃいました。

この新緑が美しい外観から期待値が上がります。

日曜日の11時前、2組ほど入店待ち。
その間に、こちらのボードで『カフェ人気メニュー』という文字を発見!

◎6種のパンセット or 4種のパンセット&サラダ
※どちらのセットも、ドリンク・季節のジャム・豆乳有塩バターつきで650円(税込)
しかも、8:30~16:00まで注文できるという超良心的なメニュー!!

知っていれば迷わずこれを注文するところですが、先に同じ植木町にある「ベッカライ・ヘスティア」さんでパンを数点買ってあるので、被らないようなパンを買うだけにして次回のお楽しみに。

店内中央、壁際をぐるりと囲むように惣菜パンや菓子パンなどが並び、目移りしてなかなか決められません。

ハード系もラインナップにあるのがさらにポイント高し!

かと思ったらこんな愛らしい“くまちゃん”パンまであるなんて、振り幅が広くて驚きます。

中央で目を引いたのが、一番人気の“豆乳くるみのあんバター”。

冷蔵ケースにも魅惑的なスイーツ系、パンに合うスープなど。

ん?んん??“スイカサンド”ですと?
スイカって水分多いからどのようにサンドにしているのか気になる!!

というわけで、店内利用をレジで告げていくつか購入。
店内入って右手にあるイートインスペースで食べてみることに♪

広くスペースが取られていて居心地がいいうえに、温め直しのできるトースターやお水、お皿まで準備されて至れり尽くせりのサービス。

地元の果物を使ったドリンクも美味しそうだったので“生いちごミルク”と共に。
季節によって使う果物は変わるため、今はメロンやスイカなどに変わっているかもしれません。

◆フィッシュバーガー
湯種仕込みのベーグルはソフトで食べやすく、もっちりむぎゅっとした引きもあるのでベーグル好きさんも嬉しい食感。
サクサクの白身魚のフライには、たっぷりのタルタルソースに赤玉ネギの自家製刻みピクルス、オレンジレモン風味のキャロットラペ、ピクルスの輪切りを載せて。
ベビーリーフは和水町の無農薬農家さんのものを使用。
これ一つですごい満足感!ランチにぴったりです。

◆スイカサンド
丸パンはふわふわもっちり。フレッシュなスイカに合わせたヨーグルトクリームの酸味と甘みがいい仕事をしています。
カスタードクリームでさっぱりだけではない満足度もプラス。
植木町出身の夫が「スイカにちゃんと甘みがあるからできるサンドだよね」と。
おぉー、さすが、そうだよね!!
植木名産のスイカの美味しさがあってのサンドだと思いました。

2019年のお店のオープン当初から作っている看板商品で、今年も4月9日から販売開始。
スイカが美味しい期間のみの販売となりますので、お店のInstagramをチェックしてぜひ食べてみてください!

◆豆乳くるみのあんバター
生地がほんのりクリーム色をしているのは豆乳クリームを練り込んでいるから。
くるみのえぐみがなくて美味しい。丁寧な仕事をしているのがわかるので、これ結構ポイント高いんです。
豆乳有塩バターのクリーミーさ、粒あんの豆の香りとほどよい甘さ、くるみの食感。
この一体感がとても良くて人気№1なのが納得の美味しさです!!
豆乳バターをお恥ずかしながら初めて食べましたが、後味が軽いからもう一個食べられそう!!
これからの季節は冷やして食べても美味しいそうです♪

「BLUE LEAF」さんは2019年5月18日オープン。まもなく3周年を迎えられます。
パン屋歴20年以上の
森本さん…甘いもの大好きで可愛いパン考案担当(乙女パン)
久邉さん…お酒が大好きでおつまみパン考案担当(男前パン)
のお二人でオープンされたお店です。

お二人の出会いは24年も前だとか!!
熊本の方には学校給食で馴染みのある、フードパル熊本内にある「永田パン」さんで共に働いていたそう。
その後、熊本市東区にある人気のパン屋「パン オ ルヴァン」さんのオープニング時から7年勤務され、
お二人の夢を叶えるべく「ブルーリーフ」さんをオープンされました。
楽しい!美味しい!『パンの遊園地』を目指し、お客様のワクワクを形にすべくお店作りをされています。

基本は熊本、九州産小麦を使用していますが、国産だけでは出せない風味などがあるため外麦もブレンドしているそう。
見た目、香り、食感のトータルで美味しい!と思っていただけるパンを日々100種類前後作られています。

店内には、交流のあるお店や作家さんの雑貨を販売していたり、広い敷地を使って週末や休日にはキッチンカーを呼んでマルシェを開催。
「近くにある宮本果樹園さんで作られている柑橘類の訳あり商品を加工用に安く分けていただいたり、苺は天水町、桃はフードパル熊本近くの西川農園さん、セロリは二隣先の農家さんなど、たくさんの農家さんに支えられているお店です。」と教えてくださった森本さん。
保護猫の活動などもされていて、地域の方との関りなども含め『生きる』という意味を深く考えていらっしゃるお店だなあと感じました。

写真撮影や突然の取材申し込みにも関わらず、笑顔でお付き合いくださった森本シェフ、久邉シェフ、スタッフの皆様の温かい接客に、美味しいだけでなく気持ちまで満腹になって笑顔になれること間違いなし!のお店です。
熊本で立ち寄りたくなる素敵なお店が増えて、帰省がますます楽しみになりました。

※5月から原材料等の高騰により商品やカフェメニューの価格改定がされています。

SHOP INFORMATION
【店名】BLUE LEAF(ブル―リーフ)
【住所】熊本県熊本市北区植木町円台寺94-1
【電話番号】096-240-2859
【営業時間】8:30~17:00
【定休日】水曜日(火曜日は不定休)

※写真の商品の種類、価格は、2022年5月現在の情報となります。
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗またはInstagramにてご確認ください。

【関連記事】

おすすめの記事