Yahoo! JAPAN

Netflix『愛の不時着』がイッキ見するしかない面白さ! まさか今さら韓国ドラマにハマるとは

ロケットニュース24

まさか今さら韓国ドラマにハマると思っていなかった。何しろ、私が視聴したことのある韓国ドラマは『冬のソナタ』で今から15年以上前。ヨン様ことペ・ヨンジュンにオバチャンたちが夢中になったのは遠い昔のことだからだ。

しかしあれから時は流れ、今ではNetflixで韓国ドラマがランキング上位。もちろん冬ソナから今に至るまで名作はあったが、ここにきて韓国ドラマが圧倒的な人気で話題になっている。そしてこうまで人気ならば理由が知りたくなるのが人の性(さが)──。

ということで流行に少しでもついていくべく、とりあえず『梨泰院クラス』を覗いてみたら……まるで『半沢直樹』を見ているかのような復讐劇でこれがなかなかどうして面白い。こりゃ人気出るのも分かると納得した私は勢いそのままネクストステージへ進み、『愛の不時着』までもイッキ見してしまったのであった。

・国境を越えた恋愛

『愛の不時着』を一言でいうならば国境を越えた恋愛──なのだが、そんじょそこらの国際恋愛ではない。まずは簡単にあらすじを説明しよう。

View this post on Instagram

A post shared by Hyun Bin | 현빈 (@withhyunbin)onNov 3 2019 at 11:17pm PST

事の発端はパラグライダー中に韓国の財閥令嬢ユン・セリが竜巻に巻き込まれて北朝鮮に不時着したことから。そこで北朝鮮の将校であるリ・ジョンヒョクに助けてもらったことで物語の歯車が回り始める。そう、同作は北朝鮮と韓国……軍事境界線を越えた恋愛という面白くないワケがない設定なのである。

・誰1人として欠かせない

これだけでもググッと引き込まれるものがあるが、そこに軍の陰謀、理不尽な上下関係、家族の陰湿な人間関係など牡丹と薔薇もびっくりのドロドロ要素も加わるのだから鬼に金棒。そして演じる俳優もイケメン&美人とくれば人気が出ない方が難しい。たとえば……

View this post on Instagram

A post shared by Hyun Bin | 현빈 (@withhyunbin)onNov 5 2019 at 5:52am PST

主人公のリ・ジョンヒョクを演じるヒョンビンは今さら説明するまでもないだろう。女性からすると「いてくれるだけで目の保養」と思うようなイケメンにもかかわらず、演技の方もピカイチ!

シリアスな表情を見せたかと思えば、子どものような無邪気なシーンもあってリ・ジョンヒョクという男を見事に演じきっている。それに加え、とても37歳とは思えない若々しさに甘いマスク。男性から見てもカッコよく、これにはコロッといくオバ様たちは多そう。

View this post on Instagram

A post shared by 손예진 (@yejinhand)onSep 11 2019 at 11:58pm PDT

んでもって、ヒョンビンが女性を虜(とりこ)にするならヒロインのユン・セリ(ソン・イェジン)は逆。最初こそ随分と強気な女性に見える彼女だが、徐々に心を開いて素直になる姿……さらに時折見せる弱い一面は男性なら守ってあげたくなるところがある。もはやこの2人だけでも魅力が爆発していると言っても過言ではない。

View this post on Instagram

ピョチスってキャラなんやけど、顔が崩れる(失礼)と描きやすくなる不思議

A post shared by原田たかし(@haradatakac) onSep 2 2020 at 3:06am PDT

ただ、容姿と脚本だけで爆発的な人気を獲得できるかと言われたら違う違うそうじゃない。というのも、私をイッキ見を引きずり込んだのは登場人物全員が魅力的に描かれていたから。リ・ジョンヒョクを取り巻く人物、そして重要な存在となる悪役あたりは当然としても脇を固めるところも抜かりなしで丁寧に描かれていたのだ。

View this post on Instagram

A post shared by seo ji hye (@jihye8024)onDec 31 2019 at 10:45pm PST

普通のドラマだとどうしても “空気” になってしまう登場人物は少なくないが、『愛の不時着』は誰1人として欠かせず。作品を通して、誰が登場してもドキドキワクワクが尽きなかったのが強く印象に残った。

主なストーリーとしてはあの手この手で韓国へ戻る方法を模索しつつ、北朝鮮で過ごすうちにユン・セリはリ・ジョンヒョクと惹かれ合っていくというもの。ここでネタバレは避けたいため、気になる方はぜひ本編を視聴してみてほしい。損はしないはず!

・韓国ドラマの面白さ

それにしても、なぜ韓国ドラマは面白いのか。十人十色だけに見方は人によってそれぞれだろうが、個人的にはクズと悪役の存在が秀逸だと思っている。もちろん、脚本がしっかりしていることや丁寧に撮られているのもあるだろうが、『梨泰院クラス』と『愛の不時着』ともに私をズブズブと引きずり込んでハマらせたのはクズと悪役だった。

View this post on Instagram

韓国ドラマは悪役がいい味出すような気がする

A post shared by原田たかし(@haradatakac) onSep 4 2020 at 2:55am PDT

まぁ中には韓国ドラマらしく(?)恐ろしく強引すぎる設定や一気に数年後まで飛ぶ時間軸はあるも、気になって仕方ないこともない。なお『愛の不時着』は全16話。1つ1つが約90分と長く感じるかもしれないが、再生して気がついたらエンディングを迎えていることだろう。イッキ見するしかない面白さなのでオススメだ!!

参考リンク:Netflix
執筆:原田たかし
イラスト:

稲葉翔子

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「ドコ行くの…」お家に来たばかりのラブラドールパピー。オモチャそっちのけで飼い主さんまっしぐら…可愛いがすぎる!【動画】

    Retriever Life
  2. 「はじめまちて♡」ハスキーとダックスパピーが仲良くなり、顔を近づけてチュウするまで。一部始終にジーンとした【動画】

    ダックスフンドライフ
  3. 人気牛タン食べ放題店の「牛タン詰め合わせセット」がウマそう!!【お取り寄せ】

    ウレぴあ総研
  4. XRを駆使した新感覚の展示体験を楽しむ 『ドコモ×国立科学博物館 XRで楽しむ未来の展示』

    SPICE
  5. 田中みな実、#美容パジャマ を華麗に着こなす! 『SNIDEL HOME』第3弾ビジュアル公開

    Pop’n’Roll
  6. 磯山さやか、37歳の誕生日「1日1日を大事に」

    ナリナリドットコム
  7. よく耳にするけど実は間違っている日本語 24選

    笑うメディアCuRAZY
  8. エド・シーラン、手書きの歌詞や幼少時に遊んだレゴがオークションに出品される

    Techinsight
  9. 【見つけたら買い】セブン限定! あの大人気お菓子“限定味”はキャラメルマキアート♪

    ウレぴあ総研
  10. ダンス自慢の俳優たちが限界ギリギリのパフォーマンスを披露する、ドラマ&舞台『KING OF DANCE』を10/24に一挙放送

    SPICE