Yahoo! JAPAN

「おかえりモネ」清原果耶にかかるNHK朝ドラの重圧…「おちょやん」大惨敗の連鎖も

日刊ゲンダイDIGITAL

デビューのきっかけとなったオーディション時から光っていた!(C)日刊ゲンダイ

 2021年前期のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」が来週17日(月)からスタートする。ヒロインの「モネ」を演じるのは、注目の若手女優である清原果耶(19)。宮城で青春を過ごすモネが「未来を予測できる」という気象の世界に興味を持ち、気象予報士を目指すというオリジナルストーリーだ。

加藤小夏は若手女優界の“隠し玉” マドンナ的なまぶしさ秘めている(高倉文紀)

 今月6日に行われた恒例の「バトンタッチセレモニー」では、前作「おちょやん」のヒロインだった杉咲花(23)と共に登壇。清原は「毎日必死です。頑張らないと。(舞台である宮城県の)土地の魅力を多くの方に知っていただき、心が豊かになるような作品になればいいと思います」と笑顔で語った。WEB「タレントパワーランキング」(アーキテクト)で女優やアイドルの取材や分析を手掛ける美少女・女優評論家の高倉文紀氏は、清原の実力に太鼓判を押す。

「デビュー直後の15年4月に『日経エンタテインメント!』の取材でインタビューしましたが、『お話を聞いたり台本を読むだけで、映像のイメージが浮かぶ』と語るのを聞いて“天性の女優”だと思いました。当時から非常に将来性を感じましたね」

 高倉氏の見立て通り、清原はその後、ドラマ、映画、CMと活躍の場を広げひっぱりダコに。特にNHKでは、朝ドラ「なつぞら」で広瀬すずの妹役を演じ、「透明なゆりかご」では「東京ドラマアウォード2019」主演女優賞を獲得するなど、視聴者にも馴染みが深い存在となった。

「今回、満を持してのヒロイン抜擢ですが、抜群の演技力で実力は折り紙付きです。さらに凜とした存在感は老若男女に受けるはず。華もあるのでさらに人気は出るでしょう」(高倉氏)

 しかしながら、そんな清原にも死角がある。前作「おちょやん」の予想外の大苦戦だ。さるドラマ関係者はこう話す。

「同じく若手の中で実力ナンバーワンとみられていた杉咲花が苦戦を強いられた。“杉咲花だから大丈夫”という周囲の期待をよそに、フタを開けてみれば、視聴率(関東地区・ビデオリサーチ調べ・世帯)が20%台に乗ることは一度もなく、全話平均は17.3%前後となる見込み。これは1961年からスタートした歴代朝ドラ103作品の中で、平均視聴率が判明していない初期の3作品を除き、歴代ワースト10前後になる見込みで、大惨敗です」

 苦戦の理由は“主人公のモデルとなった上方女優・浪花千栄子の知名度が低い”“劇中劇がうるさすぎる”など、さまざまに報じられたが、やはり新型コロナの影響で撮影が中断し、放送開始が遅れたことが影を落としているようだ。

「通常10月の後期の放送開始が11月30日というハンパな時期になってしまったことは大きい。さらに“バトンタッチセレモニー”や事前のインタビュー、特番など、十分な前パブが打てなかったことも影響している。これにより初回の合格点といわれる20%に達せず、そのままズルズルいってしまった」(前出のドラマ関係者)

 今回“前パブ”はバッチリであるものの、ずれ込んだ「おちょやん」の影響を受け、スタートは5月第3週という中途半端な時期であるのは事実。

 折り紙付きの実力で、離れてしまった視聴者を取り戻すことができるか。清原にかかるプレッシャーは大きそうだ。

【関連記事】

おすすめの記事