Yahoo! JAPAN

【西武園ゆうえんちリニューアル】新アトラクション徹底レポ!みんなで「昭和30年代」にタイムスリップ♪

ウレぴあ総研

埼玉県所沢市にある「西武園ゆうえんち」が、開業70周年記念事業としてリニューアルし、5月19日(水)にグランドオープンしました。

1960年代の商店街を再現した「夕日の丘商店街」や、新ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド」、ファミリーエリアの「レッツゴー!レオランド」など、家族3世代で楽しめる遊園地へと生まれ変わった「西武園ゆうえんち」を徹底レポートします!

ゲートをくぐって“昭和30年代”にタイムスリップ!

約100億円をかけてリニューアル工事が行われたという「西武園ゆうえんち」は、ゲートをくぐると活気・元気・熱気がほとばしる 1960 年代の商店街の風景が広がります。

今回の内覧会に参加されたメディアの人たちの年齢層は幅広く、「懐かしいなぁ~」、「これ昔、実家にあったなぁ」などの声や「なんですかコレ?」、「コレどうやって遊ぶんですか?」などの声がチラホラ聞こえて来ました。

まぁ私も昭和生まれとはいえど、30年代は知らないのでとっても新鮮。

平成生まれの人は、昭和レトロ博物館に来たような気分で楽しめます。

360度どこを見渡しても昭和の風景が広がる「夕日の丘商店街」

今回のリニューアルは、商店街は単に古い町並みの再現ではなく、商店街に生きる人々の息遣いや体温まで感じられるよう、客席と舞台の垣根をなくした一大舞台空間になっています。

30店舗が連なる「夕日の丘商店街」で、「フレンズクルー」によるライブ・パフォーマンスが繰り広げられます。

パフォーマンスは、タイムスケジュールがあるわけではなく、突然始まります。

例えば「泥棒~~~!!」という声が聞こえたかと思えば、お巡りさんがホイッスルを鳴らして泥棒を追いかけます。

建物の2階から吊るされたロープから降りてきたり、投げ飛ばされたりするのを至近距離で見ることができるので、大人も子どもも大興奮!お巡りさんを応援して楽しみましょう!

通貨を使って「昭和グルメ」を食べ歩き!

「西武園ゆうえんち」内での買い物は「西武園通貨」が必要です。 入園するときに、チケット売場で通貨を購入しましょう。

足りなくなったら商店街にある「夕日丘郵便局」で追加換金もできます。

「西武園ゆうえんち」を一日満喫したい人は、フリーパス(切符)と西武園通貨(450園分つき)の「得1日レヂャーパック」をチケット売場で購入するのがおすすめ。

それでは、西武園通貨を使ってさっそく食べ歩きを楽しみましょう!

「肉のおほみ」

商店街に漂うおいしそうな匂いにお腹がグーッ。

「肉のおほみ」では、ホクホクした食感の「クロケット」や、ジューシーな肉汁が堪らないメンチカツなどを販売。熱々のお惣菜は食べ歩きにピッタリ!

「喫茶 ビクトリヤ」

商店街の憩いの場所になっている「喫茶 ビクトリヤ」は、昔ながらの洋食やスイーツが楽しめます。

カラフルな「クリイムソーダ」や「ゼリイポンチ」、「プリン・ア・ラ・モード」は、歩き疲れた時のおやつタイムにおすすめ。

「食堂 助六屋」

「食堂 助六屋」では「丹心中華そば」や「ライスカレー」、「ライスオムレツ」などの他に、定食類も味わえます。ガッツリ食事をしたい派におすすめの食堂です。

「中富米店」

商店街に突如響き渡る「ポン!」という爆発音!それは、商店街の奥で行われている「ポン菓子」が完成した合図です。

「中富米店」で生米を購入して持っていけば、出来たてアツアツのポン菓子を作ってくれます。

その他、焼きモロコシ、かき氷、おだんごなど、縁日のようなメニューも食べ歩けます。

ゴジラの世界初!スリル満点の「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」

“ゴジラ”をテーマにした世界初の大型ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」が登場!

昭和の街を走行する「特殊装甲車」に乗って逃げ回るのですが、これがなかなか逃げられず、気が付くとキングギドラとゴジラの激闘に巻き込まれてしまいます。

ちなみにこのライド・アトラクション、富士急ハイランドの「富士飛行社」と同じタイプのシミュレーションライドです。

座席を包み込むような半球構造の巨大スクリーンに映る映像に合わせ、ガタガタと揺れます。

……いやちょっと待て、コレすごい揺れる。

「富士飛行社」に初めて乗った時、とっても優雅で美しい映像と音楽に、涙が出るほど感動した。

そして、「進撃の巨人」、「エヴァンゲリオン」で、まさかここまで動くとは!と、ライド・アトラクションのポテンシャルを知って衝撃を受けたことは記憶に新しい。

今回はライドの可動性を最大に活かしたのではと思うほど、最初から最後までよく動くーーー!!

これはスゴイ!!所要時間は5分ほどなのに内容が濃い!楽しすぎて足をバタバタさせてしまった。

「西武園ゆうえんち」には絶叫系マシンはないと思っていましたが、これは絶叫系に入るアトラクションといえますのでぜひ体験をしてほしい。

情緒あふれるアトラクションの数々に懐かしさがこみ上げる!

夕日の丘商店街を抜けた先には、西武園ゆうえんちのシンボルである「大観覧車」や「メリーゴーラウンド」、「回転空中ブランコ」などの懐かしい乗り物がリニューアル後も残っています。

そして、西武園ゆうえんちを語るのに欠かせない、「バイキング」と「オクトパス・アドベンチャー」などのレトロなアトラクションは、ここを訪れたことがある人なら誰でも懐かしいと感じるはず。

ファミリーで楽しめるエリア「レッツゴー!レオランド」が新登場!

颯爽と走り抜けるジェットコースター「アトムの月面旅行」や、回転型ライド・アトラクション「飛べ!ジャングルの勇者レオ」、「レオとライヤの夕日列車」、「レオとライヤのジャングルダンスパーティー」など6つの体験が楽しめます。

レオランド内には、「ミルクホール」や「赤ちゃん休憩所」もあり、屋内の休憩・授乳施設までととのっています。

一部の男性用トイレにも、おむつ替え台やベビーキープ、キッズトイレもあり、パパだけの時も安心です。

また、アトムやレオをはじめとした手塚治虫氏の人気キャラクターたちをデザインした「限定グッズ」を販売するショップ「レッツゴー!バザール」も併設。

ココでしか買えない素敵なお土産をゲットしましょう。

私が子どもの頃の「西武園ゆうえんち」は、とても賑わっていた記憶があります。気が付くとループスクリューコースターがなくなり、だんだん寂しくなっていました。

今回、リニューアルしたことで、あの頃の賑わいを取り戻し、どんどん進化していくといいな。

そう考えていたら、これから園内に「ビヤホール」も誕生するそう。そうそう、大人が退屈しないお楽しみも宜しくお願いします!その頃また遊びに行きたいと思います(笑)

「西武園ゆうえんち」
住所:埼玉県所沢市山口2964
TEL:04-2929-5354
営業時間:日によって異なる

詳細は西武園ゆうえんち公式サイトをご確認ください。

TM & © TOHO CO.LTD.
©TEZUKA PRODUCTIONS

(ハピママ*/牡丹餅 あんこ)

【関連記事】

おすすめの記事