Yahoo! JAPAN

妖艶な美しさに酔いしれる...2021年ブレイク必至の<実力派若手男子>を青田買い!

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

コロナ禍で人々の日常が激変し、映画業界も終始大混乱だった2020年。劇場公開作品が限られる中、圧倒的な美貌と演技力を見せつけたティモシー・シャラメをはじめ、『mid90s ミッドナインティーズ』など話題作に出演し、若き実力派としての呼び声も高いルーカス・ヘッジズ、Netflixで配信中の『ストレンジャー・シングス 未知の世界』でブレイクしたフィン・ウルフハードなど、ハリウッドでは新たなニュースターが存在感を放っていた。今回は彼らに続くハリウッドから熱視線が注がれる<若手実力派俳優>たちを、最新出演作も交えながら先取りしてご紹介!

不良少年が病を抱える少女と一生に一度の恋...近寄りがたいオーラと笑顔のギャップで魅力を開花!
【『ベイビーティース』2月19日(金)より公開/トビー・ウォレス】

一人目に紹介するのは、病を抱える少女と孤独な不良青年の最初で最後の恋を描いた映画『ベイビーティース』に出演する、24歳の新人俳優トビー・ウォレス。

病を抱える16歳のミラ(エリザ・スカンレン)はある日、不良のモーゼスと出会い、自分を特別扱いしない彼の姿に惹かれて恋に落ちる。初めての恋に胸を躍ら、生きる希望を得たミラは、両親の猛反対にあいながらも彼と刺激的な日々を謳歌しようと走り出す――。正反対の二人の恋を描いた、オーストラリア発の青春ラブストーリー。

トビーはミラの相手役モーゼスに大抜擢。一見近寄りがたいオーラを放ちながらも、時折見せるチャーミングな笑顔のギャップで、観る者の心を魅了する。少年少女の一生に一度の恋に涙腺を刺激されてしまうはず。物語の行方はもちろん、はかなげな表情でミラを見つめるモーゼス役のトビーの美しい横顔も、ぜひスクリーンで堪能してほしい。


コリン・ファースに続く!新世代英国俳優が参戦...正義に燃える若き紳士を熱演
【『キングスマン:ファースト・エージェント』3月12日(金)より公開/ハリス・ディキンソン】

コリン・ファース、ベネディクト・カンバーバッチ、エディ・レッドメイン...。ハリウッドでも活躍する英国俳優の中で新たにブレイクが期待される若手が、『キングスマン』シリーズ第3弾『キングスマン:ファースト・エージェント』公開が控える24歳のハリス・ディキンソン。

舞台は、第一次世界大戦勃発の危機が迫るヨーロッパ。大国間での陰謀が渦巻き不穏な空気が漂う中、オックスフォード公(レイフ・ファインズ)に連れられてコンラッドが訪れたのは、表向きは高級紳士服テーラーだが実は世界最強のスパイ組織である"キングスマン"だった。世界の危機を前に"キングスマン"が立ち上がる――。

ハリスといえば、王子に扮した『マレフィセント2』のほか、誘拐される御曹司を演じた『TRUST』など、3年ほど前から急成長中。『マティアス&マキシム』では、幼馴染のマキシム(グザヴィエ・ドラン)に対して芽生えた恋心に動揺する主人公マティアス(ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス)の胸の内を揺さぶるキーマン、肉体派弁護士マカフィ役の好演でも話題になった。

そんな彼が、『キングスマン』シリーズ最新作では戦地に行くことが自分の使命と信じる、正義感にあふれた青年コンラッドを熱演。ブリティッシュ・スーツを華麗に着こなした麗しの英国紳士たちによる、同シリーズならではの切れ味鋭いアクションにも期待せずにはいられない。

誰もが羨む若き才能と美貌に世界が圧倒...あのイライジャ・ウッドも認めるサラブレッド!
【『ダニエル』2月5日(金)より公開/マイルズ・ロビンス】

そして最後に紹介するのは、『ショーシャンクの空に』の主演ティム・ロビンス&オスカー女優スーザン・サランドンが両親という、ハリウッド屈指のサラブレッド俳優、28歳のマイルズ・ロビンスだ。『ロード・オブ・ザ・リング』のフロド役で知られるイライジャ・ウッド製作、パトリック・シュワルツェネッガーとダブル主演を務める映画『ダニエル』。

両親の離婚により心に大きな傷を抱えた青年ルーク。彼の唯一の拠り所は、ダニエル(パトリック・シュワルツェネッガー)という名の、自分以外には見えない親友の存在だった。ある事件をきっかけにそんな"空想上の親友"を封印していたルークだが、不安と孤独に苛まれたことで長年の封印からダニエルを呼び起こす。カリスマ性にあふれ妖しくも美しいダニエルは、ルークにとって再び唯一の理解者となっていく。やがてルークの生活は順調に進むようになり、いつしかダニエルを必要としなくなるが、それを許さないダニエルはルークを支配しようと動き出す――。

マイルズが扮するのは、内気で精細な青年ルーク。不安や孤独に苛まれ、自信も持てずにいたルークがダニエルとの再会を機に、明るさを取り戻していく...かと思いきや、徐々に精神を支配され自己喪失していくという難しい役どころだ。あどけない笑顔から鬼気迫る表情まで、同一人物とは思えないほど多彩な顔を見せながら体当たりで熱演したマイルズは、第52回シッチェス・カタロニア国際映画祭で男優賞を受賞。イライジャ・ウッドも認めるハリウッドの逸材だ。得体の知れない世界が広がる本作の中で、妖艶な美しさ際立つルークの姿にはもちろん、異色のブロマンスから一転、狂乱の世界へと誘う予想外の展開が待ち受ける物語からも目が離せなくなりそうだ。

今年ブレイク間違いなしの美しき若手男子たちの活躍をお見逃しなく!(海外ドラマNAVI)

Photo:

『ダニエル』
©2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.
『ベイビーティース』
© 2019 Whitefalk Films Pty Ltd Spectrum Films Create NSW and Screen Australia
『キングスマン:ファースト・エージェント』
© 2020 20th Century Studios. All Rights Reserved.

【関連記事】

おすすめの記事