Yahoo! JAPAN

JAあつぎ 地場小麦でラスク商品化 芳ばしい「薫り」を消費者へ〈厚木市・愛川町・清川村〉

タウンニュース

新商品をPRするJAあつぎ職員

厚木市農業協同組合(JAあつぎ/大貫盛雄代表理事組合長)はこのほど、厚木産小麦「ゆめかおり」を主原料としたオリジナル商品「小麦薫るラスク」の販売を開始した。「おやつやお茶請けにちょうど良い」と評判も良く、好調の売れ行きを見せている。

「小麦薫るラスク」は、ゆめかおりの特長でもある「薫り」にこだわり、サクッとした軽い食感とほんのり優しい甘さに仕上げた。製菓メーカーと協議を重ね、およそ1年がかりで商品化にこぎ着けた。

JAあつぎは、遊休農地の解消と新規就農者支援を目的に2014年から小麦の生産拡大に取り組んでいる。主力品種は「ゆめかおり」と「さとのそら」の2品種。うどんや中華麺、ビールといったオリジナル商品の開発、販売で6次産業化を進め生産者の安定した所得確保に努めてきた。

取り組みの後押しもあり、2016年は4人の生産者で約5トンの生産量だったが、今年は7人が生産に携わり、約14トンを収穫するなど、少しずつ実を結んでいる。

JAあつぎ関係者は、ラスク販売について「手に取ってもらいやすい商品になった。厚木産小麦の魅力が多くの人に伝われば嬉しい」と話した。

価格は1袋2枚入り90円で、JA農産物直売所「夢未市」(厚木市温水)やグリーンセンター(同市及川)などで販売されている。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「東方Project」25周年を祝したフルオーケストラコンサート開催 全40曲を演奏

    おたくま経済新聞
  2. 岸壁でのサビキ釣りで本命アジ62尾 朝マヅメの時合いに入れ食い堪能

    TSURINEWS
  3. 1年に3ヶ月だけのお楽しみ!今年も「京都くりや」の名物が登場

    eoグルメ
  4. 「ね、ねむくないよ〜…」睡魔さんと一生懸命に戦う子犬ちゃんの可愛さに、キュンキュンする(*´ェ`*)

    PECO
  5. <おっぱいを怖がるパパ>パパの反応が見たくて、ついついイジワルしちゃうんです【2人目育児とパパ育ての日々】#4コマ母道場

    ママスタセレクト
  6. 札幌市内でも山は初雪…いよいよ冬が近づいてきた昨今。北海道民はどうやって暖まる?

    SODANE
  7. 柴咲コウ、岡田准一と初共演…ではなく「何でしたっけ…」

    ナリナリドットコム
  8. 【取材してみた】タバコかと思いきや、お茶!?日本を“茶化す”おもしろ商品が生まれた理由

    笑うメディアCuRAZY
  9. 【10月18日プロ野球公示】日本ハム・細川凌平、ロッテ・柿沼友哉ら登録 広島・玉村昇悟、DeNA・京山将弥ら抹消

    SPAIA
  10. 「BABY-G」がマットな質感とメタリックの光沢が上品な秋の新作を発売 

    SEVENTIE TWO