Yahoo! JAPAN

液体塩こうじで下味冷凍!ハナマルキで働くフルタイムママの時短術とは【たべぷろ編集長インタビュー】

たべぷろ

フルタイムで働くママの平日は大忙し! でも皆さん、仕事から帰宅後の貴重な数時間を、とっても上手に家事・育児とやりくりしてるんですよね。しかも夕飯づくりだけなく、子どもと過ごす時間も大切にしています。そんな平日の上手な時間の使い方を、たべぷろ編集長の貞苅が現役ワーママにインタビューしていきます。第一回目は、味噌や塩こうじでお馴染みの「ハナマルキ」で働くママに、時短レシピとともに教えてもらいました♪

平日のタイムスケジュール大公開!

お話を伺ったのはハナマルキ商品企画部兼マーケティング部に所属する國吉優子係長。保育園に通う5歳の娘さんとダンナさんの3人家族です。

朝は弱いけど、好きなものなら食べてくれる!という娘さんのために、朝食には目覚めのよい味噌汁をなるべく用意し、娘さんが「残さず食べられた♪」の自信につながるように食事量も調整。特に食の細い子にはオススメの方法ですね!

<朝>支度は2時間で完了!

6:00 起床、身支度を整え、洗濯機をまわして干す(時間があればストレッチ)
7:00 子ども起床
7:15 朝食
*みそ汁は昨晩の残りもしくは即席みそ汁。食欲のない朝も汁物があると◎
*ほうれん草や玉ねぎなど、生では食べにくい野菜も味噌汁にすると食べやすい!

ピーマンとじゃこのふりかけも娘さんの大好物!

7:45 歯磨き、ワーク時間(ひらがなのお勉強中!エライ!)
8:00 家族そろって出発(保育園への送りはパパ担当)
*出勤の場合は炊飯器ON、下味冷凍の食材を冷蔵庫へ。

朝の貴重な時間も計画を立てて過ごしている國吉さん。洗濯物も朝に行っているようですね!

夕飯に使う「下味冷凍」が気になるところです。

<夕方>下味冷凍を活用して時短調理

16:00 退勤
17:00 保育園お迎え(その間にお風呂のタイマーON)
17:30 子ども習い事(月・水)
*習い事の間に不足食材を買い物
*寄り道してお肉屋さんで惣菜購入も(娘さんがお手伝いとして担当!)
18:30 帰宅、夕飯準備開始
*朝のうちに冷蔵庫に移しておいた「下味冷凍」を活用

活用している方も多い「下味冷凍」は本当に便利!すでに調味されているので、焼いたり炒めたり、火を通せば完成です。國吉さんの場合、下味冷凍にハナマルキの「液体塩こうじ」を愛用しているそう。週末に購入した肉は、ジッパー付き袋に肉+野菜+液体塩こうじ+醤油などを入れ冷凍庫へ。当日は火を通せば一品完成!

「液体塩こうじ」には保水効果があり、肉に揉みこむだけでパサつきを抑えてしっとり食感になるので、小さな子どもにも食べやすくなるのがうれしいポイント。「なんとなく味が決まらないな…」という時も、「液体塩こうじ」をプラスしてあげるだけで、味がまとまり納得のいく料理に。まさに万能調味料ですね!

時短調理に一役かっている調理器具も教えてもらいました! そのひとつがサーモスの「シャトルシェフ」。短時間加熱した調理鍋を保温容器に入れておくだけで料理が完成する、時間とエネルギーを節約できる調理器です!コンロに張り付いていなくていいのはうれしいですよね。

<夜>子どもと過ごす時間もしっかり確保!

19:00 夕飯(30~40分程度)、お風呂
20:00 子どもと遊ぶ時間(最近の流行はインスタライブごっこ!)+明日の用意
21:00 パパ帰宅(夕飯の後片付けはパパ担当)
21:30 寝かしつけ
22:00 大人時間(予定確認やSNS、友人とのやり取り、読書など)
23:00 就寝(気持ちよく朝を迎えるためにも、食卓は必ずきれいにしてから就寝)

一人っ子の娘さんのためにも、一緒に過ごす時間を大切にしているようです。習い事のない日には、銭湯にいったり図書館も活用するなど、時間の使い方がとても上手な印象を受けました!

そしてパパもしっかり家事に参戦! 自分の食べたものと一緒に夕飯の片付けをしてくれるのは助かりますね。さらに、日曜日の夕飯はパパが担当! リクエストしたものには応えてくれるなんて頼りがいがあります!(調味料にこだわりがあるのが困る…という声も 笑)

子どもと楽しむ食育

娘さんが小さいころから徹底していたのは、食事バランス。『炭水化物+タンパク質+野菜』を意識したメニューを考えていることに加えて、素材の味を大切にしている國吉さんは「液体塩こうじ」に漬けたキュウリやトマトを一品に添えることも。余った大根などを漬けて食品ロス削減にも努めます。

さらに季節の行事では娘さんと恵方巻を作ったり、野菜の収穫体験、味噌づくりなどを一緒に楽しみながら、食の世界を体感させてあげているそうです。

ハナマルキ社員オススメ「液体塩こうじ」レシピ

時短や子どもの好き嫌い克服にもつながる、國吉さんオススメの「液体塩こうじ」レシピを2つご紹介します。特にドレッシングは、ニンジン嫌いの娘さんが喜んで食べるスペシャル野菜ドレッシング! ぜひお試しください。

人参と液体塩こうじの食べるドレッシング

【材料】( 2人分)
ニンジン 1/3本(50g)
玉ねぎ 1/8個(20g)
液体塩こうじ 大さじ2
サラダ油 大さじ2
酢 大さじ2
胡椒 適量

【作り方】

ニンジンと玉ねぎはすり下ろす。ボウルにすべての材料を入れ、あわだて器でよく混ぜ合わせる。
※ブレンダーで作る場合、野菜は1cm角に切り全ての材料をブレンダーにかける。

液体塩こうじでしっとり鶏ハム

【材料】
鶏むね肉 1枚(約350g)
液体塩こうじ 大さじ2
サラダ 適量

【作り方】

袋に皮を取った鶏むね肉と液体塩こうじを入れ、よく揉みこみ冷蔵庫で30分~1時間漬けこむ。直径20cmの鍋に水を8分目(約1500cc)入れ沸騰させる。(1)の鶏むね肉を袋ごと入れ弱火で3分加熱、火からおろしフタをしたまま1時間置く。お好みの厚さにスライスし、サラダとともに皿に盛る。

【関連記事】

おすすめの記事