Yahoo! JAPAN

開店から8カ月!「たくみぱん」を取材…ふわふわ食パン もっちりクロワッサン【札幌】

SASARU

2021年7月、札幌・西区にパン屋「たくみぱん」がオープンしました。常時40種類以上のパンが並び、ひとつひとつの商品に魂が込められています。

「ずっと生地作りと向き合ってきた」と語るのは、店主の関本 巧さん。今回、開業から絶大な支持を集める同店の魅力と人気商品を取材しました。

小麦粉にこだわる2つの食パン

「たくみぱん」1本800円、ハーフ400円

たくみぱんの特徴といえば、徹底した素材へのこだわり。特に小麦粉へのこだわりが強く、一つ一つの商品の特性に合う小麦粉を使い分けているそうです。

なかでも店名と同じ「たくみぱん」は、並ぶとすぐに売り切れる人気の商品。“毎日食べても飽きない”がコンセプトで、道産小麦の「春よ恋」と「きたほなみ」をブレンドしています。

2種類の小麦粉をブレンドすることで、1種類だけ使う場合と比べて良い香りが引き立つんだとか。水分量が多くしっとりで、もっちりとした食感に仕上がっています。

生地には、種子島産のきび砂糖、沖縄産の塩、アカシアのハチミツをブレンド。甘さやしっとり感、まろやかさなど、全体のバランスを考えて素材を厳選しています。

関本さんによると「焼いたりサンドイッチにしたり、なんでもできる食パンを目指して作った」とのこと。

土曜日限定「たくみぱん-極-」580円

また、たくみぱんの進化系に「たくみぱん-極-」があります。最高ランクの食パン用小麦「1CW」を使った同商品は 香りと風味が強く、きめ細かい食感が魅力です。

生地の一部を一晩寝かせることで熟成感を演出しつつ、フレッシュさも感じられます。購入した翌日も翌々日も、なめらかなくちどけを楽しめますよ~。

翌日食べてもおいしいしクロワッサン

「クロワッサン」230円

そして、店一番の人気商品がサクサクの「クロワッサン」です。発酵バターの風味を邪魔しない、道産の中力粉を使用しています。

また、水の代わりに十勝産牛乳100%も使用しており、牛乳の強い香りが印象的です。

時間が経ってももっちりとしているので、朝食やランチ用に購入するのもよさそうですね。

フランスパンやベーコンエピも

土曜日限定「スペルトフランス」400円

そのほか、品種改良前のスペルト小麦を使用した「スペルトフランス」

「いちじくとオレンジの大麦フランス」400円

大麦のもっちりとした生地とイチジクが相性抜群の「いちじくとオレンジの大麦フランス」

「ベーコンエピ」300円

香りが強いバジルソースを敷くことで、ベーコンとパン生地がより引き立つ「ベーコンエピ」など、素材にこだわる商品が盛りだくさんです。

道内では珍しい?筒状のラウンドパン

「山の手ラウンド メープル」500円

最後に紹介する「山の手ラウンド メープル」は、北海道であまり取り扱いがない丸いパン。筒状の型で焼くことで均等に火が入り、水分を閉じ込め、しっとり感を生み出しています。

取材の最後に関本さんから「いろいろなパンを作っているので、自分の好みを見つけて、いろいろなシチュエーションで食べてもらえたら」とコメントをいただきました。

ふわふわ・もっちり・しっとりなパンを味わいたい人は、たくみぱんで自分好みの商品を探してみては?

たくみぱん
住所:札幌市西区山の手3条4丁目1-34 グレース山の手1階
電話番号:011-624-6355
営業時間:午前10時30分~午後5時(完売次第閉店)
定休日:日曜日・月曜日
Webサイト:https://takumipan.amebaownd.com/

*みんテレ3月24日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

【関連記事】

おすすめの記事