Yahoo! JAPAN

住民の要望で市道改修 愛甲原自治会〈厚木市・愛川町・清川村〉

タウンニュース

ドライバーの注意を促し、スピードを抑制する「イメージハンプ」 を交差点直前に設置した

厚木市愛甲西の市道がこのほど、地元自治会からの要望によって改修された。

改修された市道は、伊勢原市側への抜け道として使用されることが多く、特に朝の通勤時間帯は、スピードを出して通る車が多かったという。そこで、地元の愛甲原自治会(丹野倫和会長)は、今年4月、自治会で行ったアンケートでも「子どもが車にひかれそうになり、怖い思いをした」という声があったことから、市道路維持課と厚木警察署に相談。当該市道を通る車のスピードを抑制し、安全を確保するための策について、厚木警察署の知見を得ながら、市と協議を重ねた。

協議の中で、ガードレールの設置や交差点の路面に「ハンプ」という凸部を設ける案が挙がったが、幅員に余裕がないことや、生活道路のため、凸部を設けると車が通過した際に振動が生まれ、近隣住宅に影響することから断念。そこで、凹凸は設けずに、舗装の色や材料を一部分だけ変えることで、凹凸があるように見せ、ドライバーの注意喚起を図り、減速させる「イメージハンプ」を設置することになった。

これら一連の協議を踏まえ、愛甲原自治会は、9月1日付で、市に要望書を提出。9月29日には施工、供用を開始した。要望書提出から施工までの早さについて、市道路維持課は、「交通安全や通学路にかかわる案件は、特に、できるだけ早く対応するようにしている」と話す。また今回の場合は、自治会と市が協議を重ね、話を詰めることができていたことが早期の実現を可能にしたよう。

丹野会長のもとには、住民から「スピードを出す車が減ったような気がする」といった声が寄せられているといい、「要望が叶ってよかった」と笑顔を見せる。

市への道路の損傷やその周辺に関する通報は年間でおよそ2000件、要望書の提出は200以上あるという。市内の道路の補修に関する要望書は、市公式ホームページでダウンロードし、基本的には要望者(代表者)を自治会長として誰でも提出することができる。市道路維持課は、「事故を未然に防ぐためにも、住民の皆さんのご意見は伺いたい。規制等が伴う場合は難しかったり、窓口が変わることもあるかもしれないが、まずはご相談いただければ」と話している。

■市道路維持課【電話】046・225・2339

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. エリザベス女王、サンドリンガムの私邸に移動 夫との思い出深いコテージに滞在

    Techinsight
  2. ゲームの邪魔をしてくるネッコ♡可愛いが過ぎる【悶絶必至】

    ねこちゃんホンポ
  3. YOASOBI、初のライブ映像作品集『THE FILM』リリース決定 『情熱大陸』出演回も収録

    SPICE
  4. THE RAMPAGE・浦川翔平、デビュー5周年を回顧「16人で険しい道を乗り越えて…」

    フジテレビュー!!
  5. 「子どもに夢を与える舞台を」沖芸大琉球芸能専攻OB会が30日公演

    HUB沖縄
  6. 2022年1月5日オープン Italian バール ne?

    京都速報
  7. MONDO GROSSO、Black Boboiのermhoiをボーカルに迎えた「FORGOTTEN」先行配信

    SPICE
  8. THE RAMPAGEデビュー5周年!“世界進出”への野望「令和の世代を引っ張っていく飛躍の年に」(陣)

    フジテレビュー!!
  9. 丹生明里(日向坂46)[イベントレポート]声優初挑戦への想いを語る「エンドロールで自分の名前が出てきた時は、思わずウルっときてしまいました」劇場版『DEEMO サクラノオト - あなたの奏でた音が、今も響く-』完成披露試写会より

    Pop’n’Roll
  10. 両肩にクモの巣のタトゥーを入れた女性、「魚のエラ」に見えるとショック隠せず(米)

    Techinsight