Yahoo! JAPAN

敦賀半島でちょい投げキス釣り 単発ながらコンスタントにアタり18匹

TSURINEWS

単発ながらコンスタントに釣れたキス(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

福井県の敦賀半島周辺でキスが釣れ始めているとのことで、5月上旬に行ってきた。当日は、日が昇るまでの時間にコウイカを狙い、朝マヅメからキス狙いにチェンジしてお手軽チョイ投げを楽しんだ。

コウイカ狙いエギングから

福井県の敦賀半島周辺でキスが釣れ始めているとのことで、5月上旬に行ってきた。まずは近くの釣具店でエサのイシゴカイを購入。釣れている場所を聞くと、敦賀全域でコンスタントに釣れているとのことだった。

それとコウイカがエギングで釣れているとのことで、日が昇るまでの時間にコウイカを狙ってみることにした。

エギは3.5号にナス型シンカー2号を追加し、底をトントン探ってくる。何カ所か堤防を移動しながら探るもなかなかアタリはなし。そうこうしているうちに明るくなってきたので、コウイカは諦めてキス狙いにチェンジした。

キス釣りへ転戦

敦賀半島の縄間近辺の小規模な砂浜に入って、朝マヅメからスタート。今回はチョイ投げ釣りで手軽に楽しもうと、ルアータックルを流用した。

使用した仕掛けとエサのイシゴカイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

オモリ10~15号に仕掛けは船用の2~3本バリで短めのものを使い、エサのイシゴカイを半分に切って刺す。

イシゴカイは垂らしを短めに(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

単発の拾い釣り

50mほど投げた先で早速アタリが出た。1投目から上がってきたのは、10cmほどと小さいながらも本命のキスだった。それからもコンスタントにアタリがあり、15~20cmクラスもちらほらと釣れてきた。

夏の海にはパープルピンクがよく似合う(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

しかし、ダブルやトリプルの複数掛けはなく、単発で拾っていく感じで、数がなかなか伸びない。波打ち際で掛かることもあれば投げた先で掛かることもあり、群れを見つけ出すことが難しい状況だ。

最終釣果

こうなったら砂浜を歩いて広範囲に探るしかないと、ランガンしながら広範囲に探った。それでも変わらず単発ばかりだが、飽きない程度にアタリはあった。

なんだかんだでポツポツと釣れ続け、10時ごろにエサがなくなって終了とした。結果は10~20cmが18匹と、それなりに数は釣れた。持ち帰りは8匹で、残りの小さいサイズはリリースして帰ってきた。

20cmまでのキスがコンスタントに釣れた(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

フグが多いので仕掛けは多めに

キスは、敦賀半島周辺のあちこちで釣れているようで、手軽なチョイ投げでも釣れるようになってきているので、ファミリーにもオススメだ。

またゲストのクサフグも多くいたので、替えの仕掛けはいくつか用意した方がいいと思う。この日コウイカは釣れなかったが、こちらも敦賀半島全域でポツポツと上がっているとのことだったので、またリベンジに来たいと思う。

フグが多いので仕掛けの予備は多めに(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

<週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年6月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post敦賀半島でちょい投げキス釣り 単発ながらコンスタントにアタり18匹first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事