Yahoo! JAPAN

初主演の川﨑皇輝(少年忍者/ジャニーズJr.)が舞台を制す 面白さと切なさにキュンとなる、『ロミオとロザライン』が開幕

SPICE

『ロミオとロザライン』舞台写真

2021年7月9日(金)紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて、鴻上尚史作・演出による新作舞台『ロミオとロザライン』が開幕した。

出演者は、舞台初主演作となる川﨑皇輝(少年忍者/ジャニーズJr.)。共演は、吉倉あおい、飯窪春菜、大高洋夫ほか、一色洋平、二宮陽二郎、ザンヨウコ、渡辺芳博のバラエティに富んだキャスト。初日にあたり、ゲネプロが行われた。

 (C)田中亜紀

幕が上がるとセンター奥から赤い衣裳を着た川﨑皇輝が前方にだっと駆けてくる。その後、青と赤の衣裳を着た俳優たちが上手と下手から交互に出て来て、最後は飯窪春菜がセンターから。メインキャストがそろって『ロミオとジュリエット』の前口上を語る。  

それからマスクーーといっても口ではなく目につける仮面をかぶって剣のアクションを模したダンスがはじまる。中心で動く川﨑は長い手足を切れよく動かす。時々手足の長い人は素早い動きがしづらそうに感じることがあるものだが、川﨑は自身の手足を自在にコントロールできているように見えた。

 (C)田中亜紀

『ロミオとロザライン』は、シェイクスピアの代表作『ロミオとジュリエット』(以下『ロミジュリ』を下敷きにして、ロミオがジュリエットと運命の出会いをする前に好きだったロザラインについて深堀りしていく鴻上尚史のオリジナル戯曲である。

『ロミジュリ』では最初、ロミオはロザラインに夢中で、彼女に会うために舞踏会に忍び込み、そこでジュリエットに一目惚れする。だがふたりの家は敵同士。つきあうことが難しい。禁止されればされるほど恋の炎が燃え上がり、ふたりはわずか5日間で心中という悲劇に突き進んでいく。その物語のなかでロザラインは最初にセリフの中で出てくるだけの存在である。物語のきっかけでしかない役割の人物を鴻上尚史は膨らませ、劇中劇『ロミオとジュリエット』とその稽古をしているプロデュース公演の座組の様子を絡み合わせて描き出した。

 (C)田中亜紀

『ロミオとロザライン』は、舞台『ロミジュリ』を稽古している現実パートと『ロミジュリ』の劇中劇パート、さらに、演出家・松谷亜希子(吉倉あおい)の夢の中の3つの世界が交錯する。

冒頭のダンスシーンは『ロミジュリ』の稽古という体(てい)で、舞台が現実パートに移り変わると、ロミオ役の北山修一(川﨑)が白いシャツにデニムのベストと黒いパンツとブーツをはいてシャボン玉を吹きながら、ロミオのセリフを語りだす。単語一つひとつが粒立ち、舞台初主演作とは思えない堂々としたものだと感じた。

北山は演出家・松谷にロザラインに関する疑問を投げかける。納得できないと演じられないと言う北山に、先輩俳優たちは意味がわからなくてもとりあえずやってみるのが俳優であると説くが……。こういう言葉は俳優や演出家がインタビューなどで話しているなあとくすりとなる。こんなふうに“演劇あるある”が随所に散りばめられて、演劇のバックステージものとしての楽しみもありながら、ロザラインに関する謎が全体を一本刺しにする。

 (C)田中亜紀

本番まであと5日。にもかかわらず、ロザラインの謎は松谷の宿題となり、彼女を悩ませることになる。

演劇あるある、ロザラインの謎……ときて、もうひとつ、“恋”がある。なんたって『ロミジュリ』はラブストーリーだから恋がなくてははじまらない。北山から出された宿題に悩んでいる松谷に北山が電話をかけてきて彼女の心を揺さぶるのである。

ボブカットに眼鏡の松谷はロザライン研究に没頭するあまりロザラインになった夢を見る。『ロミジュリ』にはほとんど出てこないロザラインが、夢の中では物語を見つめる存在と化し、『ロミジュリ』の名場面の数々をロザラインは目撃していく。演出家が俳優の芝居を見ているのかロザラインなのか現実と物語が近づいたり離れたりして、そのうち恋するロミオとジュリエットの強い想いに介入して別の物語が生まれてしまうのではないかとハラハラが止まらない。現実世界では、ジュリエット役の蓮見なな(飯窪春菜)が恋する気持ちがわからないと北山にデートを申し込む。現実世界でも北山と蓮見が接近しそうで松谷はそれにも心揺れる。

 (C)田中亜紀

現実パートの私服の川﨑はロングコートを着用。舞台上で軽やかに動き回るたびに裾がひらひらして、風を可視化する。ロングコートを着こなす者は舞台を制するとは筆者の持論だが、川﨑皇輝もロングコートをみごとに着こなしていた。このように萌えやエモい要素も盛り込んだ舞台。おりにつけ舞うシャボン玉が、ロミオの“恋”の世界や松谷の“夢”の世界を彩りながら、ありえたかもしれないロザラインがいる世界……と多元宇宙のようにも見えてくる。

真面目に芝居に取り組む北山を真摯かつ華のある芝居をする川﨑、文学少女ふうなナイーブさが魅力的な吉倉と、元モーニング娘だけにアイドル俳優・蓮見役のリアリティーがよく出て、はつらつとしている飯窪春菜。フレッシュな俳優が多いなか、彼らを取り巻く俳優たちがいろいろな役を演じ分けて頼もしい。とりわけ大高洋夫がベテラン俳優役で出演、ジュリエットの父・キャピュレットと母キャピュレット夫人の演じ分けなどさすがで、楽器でいったらベースのように物語を支えている。

『ロミジュリ』にはロザラインだけでなく途中から出なくなってしまう登場人物たちがいる。お芝居の都合でしかないことを自分なりに納得させながら役を演じていく芝居と俳優の面白さと切なさにキュンとなる、約2時間だった。

 (C)田中亜紀


川﨑皇輝(少年忍者/ジャニーズ Jr.) コメント

ついに初日まで来た、という実感がしています。稽古の1か月間を通じていろんな方に助けていただいて、支えていただいた成果を発揮したいです。僕が演じる北山は、しっかりしているというか、芯のある役なので、そのせいか共演者の方からも大人っぽくなったねって言われます。ロミオのシーンは、セリフも長くてシェイクスピアの独特の言い回しも多いですし、衣装も素敵で、なによりかっこいい役なので。僕もかっこいいロミオになれるように頑張りたいです。笑える部分や考えるところもある面白い内容になっているので、みなさんが楽しんで下さったら、僕らの芝居も変わってくるんじゃないかと思うんです。それが舞台なので、まずは楽しんで観ていただけたら嬉しいです。

取材・文=木俣 冬

【関連記事】

おすすめの記事