Yahoo! JAPAN

犬がフードを完食しない時の原因4選!食いつきをよくする方法は?

わんちゃんホンポ

ごはんを食べ残す理由

犬がフードを完食しないのは主に体調や飼い主さんの食事の与え方に原因があります。その中でもとくに食べ残しの原因になる○つのことについて分かりやすく解説します。

1.嗜好性が低いフードに切り替えた

食べ慣れたフードが味やニオイの強い嗜好性の高いフードだった時、嗜好性の低いフードに切り替えることで完食しなくなってしまうことがあります。高齢になったからシニア向けのフードに切り替えた、病気の治療や予防のために療法食に切り替えたなどを理由に起こりやすいです。

空腹になればもちろん食べるのですが、味やニオイも変わったり弱くなったために食いつきが悪くなっていると考えられる状態です。フードは食べ残すのにおやつを欲しがるという時は要注意です。そこでおやつや他の食べ物を与えてしまうとフードを全く食べなくなってしまう可能性があります。

2.ケガや病気

ケガや病気が原因でフードを完食できなくなってしまうことがあります。お腹が空いてはいるもののケガの痛みや体の不調によって食欲が低下してしまったのです。

体を丸めたまま眠り続けていませんか?ケガの痛みに耐えているのかもしれません。手足をしきりに舐めていませんか?その部分が患部かもしれません。

お腹はキュルキュル鳴っていませんか?うんちの状態に変化はありませんか?ちょっとした変化や症状にも敏感になる必要があります。

3.フードの量が多い

1回に与えるフードの量が多いと完食しないことがあります。もともと食が細い犬もいますし、胃腸が弱い犬もいます。食事の回数が1日1回という犬は稀ですが、朝と夕の2回という犬がほとんどです。食が細い犬にとっては回数が少ないのかもしれません。1日3回または4回に増やすことで完食できることがあります。

4.違う食べ物が出されるから

フードを食べてくれない時の間違った対処法が完食しない原因になりやすいです。フードだけでは食べないからと他の食材や犬用ふりかけなどをトッピングしていると、トッピングがなくなった瞬間にフードを全く食べなくなってしまいます。トッピングだけ食べてフードは完食しないこともあります。

フードを完食していないにも関わらず、おやつを与えてしまうのも間違った行為です。嗜好性の高いおやつの方が犬も好みますからフードを完食しない原因になりやすいです。

フードの食いつきをよくする方法

他の食材や犬用ふりかけなどのトッピングをしてしまいがちなのですが、さらに完食しないもしくは全く食べない原因にもなりやすいです。完食しないことで栄養失調や体調不良の原因にならない限り、今すぐにトッピングによる対処はしなくても良いです。まずは他の方法を試してみてください。

フードを数種類用意しておく

フードを選り好みする犬もいます。愛犬に合ったフードを2種類用意しておくと食いつきが良くなることがあります。2種類のフードを朝と夕で分ける、今日はこっちで明日はこっちと分ける、普段用と食いつきが悪い日用に分けるなどの方法があります。

ふやかして与える

ドライフードにお湯をかけてやわらかくすると食いつきが良くなることがあります。ニオイも強くなるため嗜好性を高めることができるからです。食感が変わることや食べやすく飲み込みやすくなることも食いつきが良くなる理由です。単純にいつもと違うということが食いつきを良くすることもあります。

食事の時間を遅らせる

犬はお腹が空いて食事をするのではなく、飼い主さんから与えられた時に食事をします。与えられた時はまだお腹が空いていなくて完食しないのかもしれません。いつもの食事の時間よりも30分~1時間ほど食事の時間を遅らせてみてください。食いつきが良くなることがあります。

まとめ

犬がフードを完食しない時の原因と食いつきをよくする方法について解説しました。おやつや他の食べ物はフードの食いつきを悪くしやすいです。フードを食べ残すことが習慣になると栄養が偏ってしまい、体調不良や病気の原因にもなりかねません。フードを完食してからおやつの時間にしましょう。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事