Yahoo! JAPAN

"お局様"のパワハラで退職した20代女性「1時間正座した状態で叱責を受けました。休みも月1回くらいでした」

キャリコネニュース

1時間正座はつらい……

勤め先に"お局様"がいる、という人も多いだろう。彼女が味方となれば心強いが、ターゲットにされるとたまったものではない。福岡県の20代女性は、教育係にお局様がついたことがある。

「学校で講師をしていたのですが、そのお局様のモットーは『女性は生徒から舐められがちだから、怖くないとだめ!』。過去にも新人をいじめ抜いたとの噂がある人でした」

女性に対して、「ニコニコ指導するな!」「そんな職員がいるから女の職員は舐められるんだ!」「男子生徒に舐められて暴れられたら自分で対処できないだろ、常に厳しくいろ!」と強く言い放つ人だった。(文:鹿賀大資)

「お前はなんで私が出社しているのに休んでいるんだ!」

時代錯誤なお局の指導は、もはや域を超えていた。女性が生徒との交流を試みたり、楽しく雑談だったりをしようものなら、容赦なく"制裁"を加えていたお局。女性は「1時間ほど正座をさせられた状態で叱責を受けたことも」と明かす。さらに、

「お局様は義母と同居していたようで、いつも帰宅を渋るかのように残っていました。そのため残業や休日出勤も多かったです。何故かそこに私もいないとダメみたいで、初っ端に『お前はなんで私が出社しているのに休んでいるんだ!』とこれまたお叱りを受けました。そのため休みは月1回くらいでした」

結局、女性は、そんなお局について行けず、2か月で退職した。現在は給与こそ下がったものの、まったくの別業界にキャリアチェンジ。定時出社および退社のほか、しっかりと休日も取れる環境に満足しているようだ。肝心の上司についても、

「厳しい一面もありますが、若手の教育に熱心な人です。上司の下で、たくさんことを学んでいます」

と述べている。

「みんな攻撃され反論もできないため、いつも職場のムードは朝から暗かった」

"お局様"が原因で学校の用務員を2か月で辞めた人もいる。東京都の60代男性は、

「そこにいた年配女性は、自身の間違えを認めず、異常なくらい大声で他人を徹底的に攻めるタイプだった。私の他に2人いたが、みんな攻撃され反論もできないため、いつも職場のムードは朝から暗かった」

と振り返る。ほかにも、

「介護用品の販売員を3か月で退職。お局様に好かれる人だけが生き残る職場で、私も常に彼女の顔色を伺っていた。人間関係が最悪」(50代女性/福島県)
「チョコレートの製造工場を1日で辞めたことがある。単純作業もさることながら、お局さんや周りの人間関係にただならぬ気配を感じた」(50代女性/兵庫県)

といった声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「会社辞めよう」と思った瞬間のほか「電話対応が苦手な人、苦手だった人」や【緊急アンケート】「努力は必ず報われる」?などのアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事