Yahoo! JAPAN

ゼロから始める「カヤックフィッシング」 マダイを釣るためのキホン5選

TSURINEWS

カヤックで釣ったマダイ(提供:TSURINEWSライターNoni)

今回は、カヤックフィッシングの定番ターゲット「マダイ」を釣るために知っておきたい基礎知識を、5つに絞って紹介したい。これを押さえておけば、憧れのマダイも高確率だ!

カヤックでマダイ釣り

「カヤックフィッシング」で画像検索すると、釣果に「マダイ」が写っているのをよく見かける。タイといえば日本人なら誰でも知っている身近な魚のひとつだが、アジやサバのように簡単に釣れるイメージはないかもしれない。

Noni自身、カヤックフィッシングを始めてしばらく経ったころ、『カヤックでタイを釣ること』が目標となっていた。今となっては定番ターゲットのひとつで、狙えば高確率で釣れるようになった。

マダイ釣りは簡単?

タイを釣るための様々なルアー(提供:TSURINEWSライターNoni)

タイを釣るルアーといえばタイラバが有名だが、実はジグやワーム、究極はオモリにフックが付いただけの「オモック」でも釣れる。釣り方も簡単、真下に落として底に着いたらすぐに一定の速度で巻き上げることを繰り返すだけだ。

水中動画を観ていると、タイは上から落ちてくる物体や着底時の砂煙に強く興味を示しているようだ。

活性の高いマダイが居れば、ルアーを落とすたびにアタリがあり、簡単に釣れ続けることもある。もちろん毎回そういうわけにはいかないが、そのチャンスを意図的に狙うために、またチャンスをヒット~キャッチにつなげるために知っておいて損はないことがある。

1、魚の居るポイントを知る

居場所は魚探でサーチ(提供:TSURINEWSライターNoni)

マダイは広範囲・多様な環境に生息している。その中でも特に、砂地から漁礁に切りかわる場所や、砂地の中にぽっかりとある水中の山のようなところに多くとどまっている印象がある。

魚探を使ってそういったポイントをいくつか把握しておき、順番に回っていくのもひとつの方法だ。また、大まかなポイントは周囲のアングラーや同エリアの遊漁船の釣果情報を参考にするとよい。

2、潮の流れるタイミングを知る

潮流予測サイトを活用(提供:TSURINEWSライターNoni)

「潮が動かないと食いが悪い」「潮が動き出したら連発した」という話をよく耳にする。これは魚釣り全般に言えることかもしれないが、特にマダイは潮が動かないと釣れにくい印象がある。

潮の流れにはパターンがあるので、大まかには『潮流予測サイト』を活用してその日の潮の動く時間帯を把握しておきたい。安全にカヤックフィッシングを行ううえでも有意義な情報だ。

ただし、ポイントによって岸際では逆向きに流れることなどもよくあるので、しばらく通って傾向をつかんだり、常連アングラーに情報をいただいたりしたい。いずれにしても「何時ごろ、どちら向きに潮が流れるのか」を頭に入れておくことで効率よく時合いを攻めることができる。

3、ベイトを知る

季節によってマダイのベイトはかわる(提供:TSURINEWSライターNoni)

マダイは見事な雑食だ。時期や場所によってエサとしているものがかわる。ゴカイなどの虫、エビやカニなどの甲殻類、小魚、イカ、海苔と多岐にわたる。ゴカイならタイラバ、小魚ならジグ、海苔ならサビキといった具合に『マッチザベイト』することが釣果に繋がる。

タイラバをメインにしているアングラーの中には、色や形状などバリエーション豊富に揃えて釣行し、その時期のヒットルアーを探り当てる上級者もいる。

出艇前にある程度情報があれば、それに合わせたルアーに絞って準備すればいいので、SNSや周囲の人たちに頼りヒットルアー・胃内容物などの情報を得ておくといい。

4、フックは鋭く保つ

甘くなったら鋭く砥ごう(提供:TSURINEWSライターNoni)

考えすぎと思う方も居るかもしれないが、マダイを釣るうえでフックの精度はとても重要だ。Noniの周囲には”一匹釣るごとに新品のフックに交換する”という方も居る。根掛かりから外れた時などはもちろん交換だという。

直接エサの付いたハリを口にするエサ釣りとは異なり、タイラバやスーパーライトジギングでは、ルアーに興味を示したマダイがフックに当たって刺さって釣れる。そのため、ちょっと触れただけで刺さるように鋭くしておくことが肝心だ。アタリがあっても乗らない原因のひとつに、フックが鈍っていることが考えられる。

先述のようにことあるごとにフックを新品に交換するのは現実的ではないかもしれないが、せめて毎釣行ごとに新品のフックをセットし、現場へはフックシャープナーを持参することで、貴重なバイトをフッキングに繋げる確率を上げたい。

5、ラインのチェックはこまめに

イトの巻きかえも重要(提供:TSURINEWSライターNoni)

フック精度に似た話となるが、ラインの管理にも気をつけたい。PEラインは細くて強いラインだが、浸水・乾燥・紫外線・摩擦などで劣化してしまうと突然弱くなる。

カヤックフィッシングでは、ファイト中に艇の向きを微調整するなど、パドルを持つことがあり、ラインが艇やパドルと接触した瞬間に切れてしまった経験もある。また、リーダーが極端に短いと見切られ易くなったと感じたことがあるので、最低でも1ヒロ以上はリーダーを入れておきたい。

釣行後の潮抜きに加え、消耗した部分を多めにカットしたり、ラインの裏返し(スプールの底にあるイトが表にくるように巻き直す)をしたりして、ラインの状態は良好に保ち、不意の大物に備えたい。マダイは60cm以上(ロクマル)も珍しくなく、とても力強い引きとなる。

情報や道具が釣果を左右

今回はカヤックフィッシングの定番ターゲット、マダイを釣るために知っておきたいことをご紹介した。タイラバやスーパーライトジギングは単純な釣りだからこそ、情報や道具によって釣果が左右されやすいと感じる。

筆者もそうだったように、カヤックフィッシングを始めて「まずはマダイを釣ってみたい!」という方の参考になれば幸いだ。

自作ルアーで釣れると嬉しい(提供:TSURINEWSライターNoni)

<Noni/TSURINEWSライター>

The postゼロから始める「カヤックフィッシング」 マダイを釣るためのキホン5選first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事