Yahoo! JAPAN

世帯年収800~1000万円のリアル「夏の賞与が160万円。ネット系でコロナの影響を免れました」「携帯は格安スマホ。車はレンタカー」

キャリコネニュース

世帯年収800~1000万円のリアル

世帯年収800万円?1000万円というと、日本の平均世帯年収は、552万円(2019年厚生労働省調べ)を大きく上回るが、本人たちはどう感じているのだろうか。

兵庫県の50代女性(小売業/世帯年収850万円)は、「住宅ローンと子どもの教育費が終わり、貯蓄に回せるお金が増えました」と語る。不自由なく暮らしているように感じるが、「生活が楽になったが、貧乏性のため無駄遣いが出来ないことがストレスになっています。必要ないものを買えなくなっているため、楽しみがないです」と嘆く。(文:中島雄太)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「欲しいものは大抵買えるし、貯金も年間300万円できている」

福岡県の30代女性(コンサルタント/世帯年収850万円)は、「家賃が高くなく、子どももいないので、欲しいものは大抵買えます。旅行や外食をちょくちょくしても年間200~300万円の貯金ができるので、特に不満はありません」と語る。

「勤めている会社がネット広告系で、コロナ禍の影響を受けず、夏の賞与が160万円も出たのがラッキーでした」

滋賀県の40代女性(フリーランス/世帯年収850万円)は、夫とチワワ2匹とマンションで暮らす。

「マンションや車のローンは無いので、無理な贅沢をしなければ比較的自由な暮らしができていると思います」

しかし、「独身時代は大阪の実家で暮らしていましたが、結婚後滋賀県在住となりました。そのため、大阪在住時代のように気軽にお友達と会うことも難しくなってしまいました。まわりに知り合いもなく、週末以外は毎日家で閉じこもり寂しい毎日を過ごしています」と嘆いた。

「贅沢をしないので、夫の給料だけで生活と貯金ができている」

東京都の20代女性(IT/世帯年収850万円)は、夫と子どもの3人で暮らしている。「もともと贅沢はしないので、私が働いた金額は全額貯金し、夫の稼いでくれるお金だけで生活と貯金が出来ているのに満足しています」とコメントを寄せた。

「今後子どもに十分な教育をしてあげられて、かつ老後も多少旅行に行ったり、子どもに頼らなくて済むような生活が出来るか心配です」

女性は将来の生活に不安を抱えており、「年金を貰えたとしても、私たちの頃には何歳から貰えるのか不安です。夫の転勤もあるので、私も何歳まですんなりと就業出来るかわかりません」と述べた。

神奈川県の50代女性(メーカー/世帯年収950万円)は、夫と2人の子どもと暮らしている。「ローンは数年前に完済したので、年に2回以上旅行に行きます。そのうち1回は海外旅行に行っていました」と充実した生活ぶりをのぞかせた。

「贅沢は旅行でしているので、車は必要なときだけレンタカーを利用していますし、ブランド製品もほとんど買いません。クレジットカードなどで支払うことでポイントをもらうことも節約のひとつです」

女性は他にも「格安スマホも以前から使い、情報を集めて実践してきたのが功を奏しています。投資もしていますが、まだ大きな利益を生んでくれていないので、これから研究したいです」と続けた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」などのアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事