Yahoo! JAPAN

陸っぱりエギングで2kgオーバーの春アオリイカ堂々浮上 潮流れが決め手

TSURINEWS

2kg超え堂々浮上(提供:TSURINEWSライター野中功二)

伊豆エリアの沖の水温は17度で、石廊崎は18度の計測値。春烏賊サイズの釣果が数多く聞こえてくる頃になった。場所によっては新子サイズも目にする中、沿岸の藻の生え方は場所によりまばらである。そんな中、2kgオーバーの良型アオリイカをゲットした陸っぱりエギング釣行をお届けしよう。

当日の状況とポイント

釣行当日、天候は晴天夏の陽気、春烏賊サイズが他所でポロポロ出だしているが、伊豆地区ではそれほど聞こえてこない。いろいろな場所で2kgアップが出たという話が聞こえてくる。現状はどうなのか各ポイントを確認しに出かけた。

16時半にポイントに到着すると、潮位が低く釣りづらい場所である。晴天ということもあり、ケイムラのパタパタからスタート。ポイントは産卵場入り口といった藻場を背負う場所だ。

キャストし中層を探るが、手元でエギを止め追尾など確認するも、姿は見えない。エギをイージーQキャスト喰わせ3.5号ブルー夜光ゴールドブラウンにして中層を探るも反応がない。

当日の水温(提供:TSURINEWSライター野中功二)

エギの回収時水面にベイトもなく、潮色はクリアーでアオリイカがいたり、追尾があれば目視できる状況。回収のエギを触り確認すると冷たいどころかあたたかい。

タックル

今回使用したタックル&仕掛けは、藻場でも有効なロングロッドのアサルトジェットタイプS SD90に、LQ(レンズエギ)3.5号、ダートマスター3.5号アオリQ3.5号など。ラインはアーマードF +プロ0.6 号にパワーリーダーFC2.5号。リールはヴァンキッシュC3000を使用した。

ロングロッドを使用(提供:TSURINEWSライター野中功二)

潮流れずアタリなし

良く海面を観察すると、海面に出来た泡や沖の潮目の出来具合で潮の流れや変化が読み取れる。地形変化の場所の少し沖側、水深がある場所にキャストし、テンションフォールよりやや緩めにフォールさせ、潮の流れをチェック。LQ「ゴーストケイムラオーロラアジ」ナチュラル系で探ってみる。

着底する間際にテンションをしっかり掛けて、ラインからの情報を得るようにする。しかし、ラインは張ることも緩むこともない。要するに潮がそれほど効いてはいないということだ。引き重りやラインが持っていかれるなど、潮が効いた状態だと何らかの変化がわかる。

500gアオリイカ登場

夕マヅメになりローライトになったところで、ダートマスターモンスターマスター3.5号をキャスト。中層をイメージし1、2、3、4、5と、ダートを意識しアクション。しっかりとラインを張ってテンションフォールさせると、穂先に重さがかかっている感じがする。

夕マヅメのチャンス(提供:TSURINEWSライター野中功二)

潮が効いてると核心、ここがチャンスどころと集中。アクションし、テンションフォール。「ヌル!」といった感覚の後にグググっと重さが!スプールを押さえアワせて、上がってきたアオリイカはナイスサイズの1500g。

本命1500gゲット(提供:TSURINEWSライター野中功二)

2100g良型が浮上

ここが時合いとエギを3.5号のアオリーQのブルー夜光パープルパープルに交換し、早いアクション、テンポで誘う。回遊でその場所に入ってきたイカならエギに反応が良い。しっかりアクションしテンションを掛けると……。コンと小魚がラインに触ったような感じがした。

アオリイカ特有のエギを抱いて持っていくような動きがない。竿を立て気味にした途端、ドラグが出た。この時点で、重さと勢いのあるジェット噴射に良型を確信。

浅瀬での特有のジェット噴射。ロングロッドのレングスでカバーし、タメを使い主導権を得る。足元にくるとジェット噴射で逃げようとするが、ロングロッドの利点を活かし、観念したか浮き気味で姿を現したのは待望のナイスサイズ。しかし、追尾はない状況だった。

ナイスサイズ手中(提供:TSURINEWSライター野中功二)

サクッとギャフを掛けゲット。2100gの良型であった。まさに春烏賊ゲット。

釣行を振り返って

今回の釣りはこの2ハイで終了となったが、今回の釣行を振り返ってみると、光量の変化にケイムラは有効な感じがした。また縦の早いアクションや、横のダートのアクションにも好反応があった。

カラーは強アピールもありだが、ナチュラル系やケイムラ系も準備したい。追尾のアオリイカをサイトで釣るのもこの時期の醍醐味の1つなので、視野性の良いカラーも必要だろう。

釣行アイテム

海面のギラギラを除去して海の中の状況を見るのに、偏光メガネは必須。目の保護も出来るので一石二鳥だろう。

なお、足場の良い場所でもライフジャケット、スパイクブーツ、目の保護用でもあるサングラス。さらに、熱中症予防としてキャップや飲み物なども準備しよう。

着々と春イカは進行している。コロナに注意し、準備万端で海に出かけよう。デカイカが待っている。

<野中功二/TSURINEWSライター>

The post陸っぱりエギングで2kgオーバーの春アオリイカ堂々浮上 潮流れが決め手first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事