Yahoo! JAPAN

猫に必要な睡眠時間はどれくらい?『寝不足』が招く危険なトラブル4つ

ねこちゃんホンポ

1.猫に必要な睡眠時間は?

猫は野性時代、単独で狩りをして暮らしていた動物。獲物が姿を見せない日中は、体力温存のためほとんどの時間を寝て過ごしていました。

その名残りから、家の中で暮らすようになっても、寝て過ごすことが多いのです。

また、猫は犬に比べ体力がありません。猫の成長過程において、睡眠はとても大切な時間であると言えます。

猫にとって必要な睡眠時間は、12~16時間。実に1日の3分の2が睡眠時間という訳です。何とも羨ましい限りですよね。

しかし、全ての時間、熟睡できている訳ではありません。

聴覚が優れている猫は、物音で目を覚ましてしまうこともしばしば。浅い眠りと深い眠りを繰り返しながら眠っているのです。

2.「寝不足」が招く危険なトラブルとは?

1.ストレスを抱えてしまう

猫は意外にもストレスを抱えやすい動物。「寝不足」でも大きなストレスとなる可能性があります。

騒音や来客、家の中に落ち着ける場所がないなど、猫が寝不足になる原因は日常に潜んでいます。

猫が落ち着いて眠れる場所を確保し、大きな音は出さないよう、気を配りましょう。

過度なストレスにより、トイレ以外の場所での粗相や、嘔吐や下痢など、病気や問題行動に発展しまうこともあるのです。

2.食欲不振

寝不足になると眠気が先行し、食欲不振になることがあります。

食欲不振が続くと栄養不足から体力が落ち、健康を損ねてしまいます。ある程度の深い眠りも猫には大切なのです。

3.元気がなくなる

寝不足が続くと、1日中ボーっとした状態となります。

眠そうな表情をすることが多くなり、動いたり、遊ぶ気力さえなくなってしまうこともあります。

4.子猫の発育不良

成猫の睡眠時間は12~16時間ですが、子猫はさらに長く20時間ほど眠ります。

「寝すぎじゃない?」と思うかもしれませんが、寝ている間に「成長ホルモン」が分泌されます。

たっぷり眠ることは子猫の成長過程において、とても重要なのです。

まとめ

いかがでしたか?

「うちの猫は寝てばかり」と思っている飼い主さんも多いかもしれません。しかし、猫は元々長時間寝る動物と理解しておきましょう。

そして猫にとって「睡眠」は大切な日課でもあります。

くれぐれも寝ている猫を遊びに誘ったり、声を掛けて起こしたりしないようにしましょうね。


(獣医師監修:加藤桂子)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <根本的な問題は?>思春期・反抗期の娘の過度なダイエット、親の言うことを聞いてくれなくて……

    ママスタセレクト
  2. NMB48、関西Jリーグ3チームとのコラボビジュアル公開!

    Pop’n’Roll
  3. 【ライブレポート】つばきファクトリー、初の武道館公演で12人体制初パフォーマンス!これまでの軌跡、新体制への期待を感じさせる全25曲を披露!

    WWSチャンネル
  4. 『テレビ演劇 サクセス荘』の映画に“謎の4人組”として佐藤流司、北園涼、橋本祥平、北村諒がゲスト出演

    エンタステージ
  5. 【日本の名所になるぞ!】天空ウェディングでどんどん幸せになあれ!~SS30(エスエスサーティー)/青葉区中央~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  6. 短い爪でも上品に♡大人なデザインを楽しめる秋のショートネイル7選

    美容マガジン myreco(マイリコ)
  7. 郵便局マップが完成 茅ヶ崎・寒川各局で配布中〈茅ヶ崎市〉

    タウンニュース
  8. 伊勢原産 ミカンをネット詰め 10月から出荷作業開始〈伊勢原市〉

    タウンニュース
  9. 着物着て自撮りを 都筑民家園で七五三〈横浜市都筑区〉

    タウンニュース
  10. 実は「モデル出身」と聞いて驚く女子アナランキング

    ランキングー!