Yahoo! JAPAN

May'n、新生ドラゴンズの応援歌 新曲「蒼の鼓動」をリリース 『Laugh&Peace』追加公演も決定

SPICE

May'n

歌手・May'nが、2022年4月12日(火)にDigital Single「蒼の鼓動」をリリースした。

本楽曲は、立浪新監督率いる新生ドラゴンズの熱い戦いを盛り上げる、テレビ愛知の野球中継「10チャンベースボール」2022年テーマソングに起用されている。

「蒼の鼓動」ジャケット写真

作詞・作曲は、近年数々の人気曲を生み出した稀代のヒットメーカー・草野華余子が担当。ドラゴンズのために書き下ろされた本楽曲の歌詞には「All for Victory」等、歴代のチームスローガンやコンセプトが散りばめられており、May'nの熱い歌声に闘志が漲る。野球ファンのみならず、日々熱線を繰り広げる全ての方々に捧げる楽曲となっている。

また、それに合わせて、May'n Concert Tour 2022『Laugh&Peace』の追加公演が発表された。

追加公演の開催都市は東京と大阪。満を持して主要都市での開催が発表され、約2年振りとなる全国ツアーへの期待が高まる。

チケットは、May'n オフィシャルファンクラブ「ふぁんくラ部」にて最速先行が4月15日(金)正午12時から開始されるので、詳細はMay'n 公式サイトやSNSをチェックしよう。すでに発表されている12公演に関しては、現在一般発売を行っているので、そちらも合わせてチェックしてほしい。

昨年は東海エリア発のTVアニメ「シキザクラ」のエンディング主題歌を担当し、同名の楽曲「シキザクラ」をリリースする等、自身の出身地である名古屋からエンターテインメントを盛り上げ、注目を集めるMay'n。

「蒼の鼓動」も地元のプロ野球チームであるドラゴンズと密接に関わる曲だけに、さらなる盛り上げに期待がかかる。

また、アーティスト活動のみならず近年はミュージカルにも出演しており、先日まで上演されていた、週刊少年ジャンプの伝説的コミック『北斗の拳』のミュージカル化作品『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』にヒロイン・ユリア役として出演する等、ミュージカル界でも好評を博している。

キャリアを積み重ねても活動の幅を広げ、勢いに乗る彼女の今後に注目してほしい。

【関連記事】

おすすめの記事