Yahoo! JAPAN

トライアスロン世界大会が山下公園で開催 日本選手も活躍〈横浜市南区〉

タウンニュース

自転車で新港橋=中区=を渡る男子トライアスロンの出場者ら

「2022ワールドトライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会」が、中区の山下公園を中心とした特設会場で5月14日に開催された。

トライアスロンは水泳と自転車、長距離走で競うレース。その中でもワールドシリーズは、各国の代表選手が世界各地で開催される大会を転戦し、年間のポイント数で優勝を決めるシリーズ戦となっている。今年は7都市で開催され、横浜を皮切りにイギリスや中国などを経て、11月にUAEで最終戦が行われる予定だ。横浜大会においては2009年から開催都市に選ばれ、今回で12回目の実施となる。パラトライアスロンの横浜大会は今回が11回目の開催となった。

横浜大会には男女100人ほどのトップアスリートが出場。1・5Kmの水泳と40Kmの自転車、10Kmのラン、3種目合わせて51・5Kmにおよぶレースが繰り広げられた。

女子は20位の高橋侑子選手が日本人最高位に。男子では小田倉真選手が最後のランで追い上げを見せて、日本人最高位の9位でゴール。

パラには男女約70人が参加し、3種目で25・75Kmのコースで順位を競った。右腕欠損の宇田秀生選手は、8人が出場した男子PTS4クラスで3位に輝いたほか、男子車いすクラスの木村潤平が4選手中2位となった。

また、15日は日本全国から一般選手約1600人が集まり、年齢や距離などの部門ごとに分かれて競う大会が行われた。

【関連記事】

おすすめの記事