Yahoo! JAPAN

松本潤主演映画「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花だったワケ

日刊ゲンダイDIGITAL

杉咲花(C)日刊ゲンダイ

 松本潤(37)主演の映画「99.9 -刑事専門弁護士- THE MOVIE(仮)」(冬公開)のヒロインに杉咲花(23)が決まった。

「子供は欲しい?」の“タブー質問”に嵐・松本潤のひと言

 松本にとって映画出演は2017年10月公開の「ナラタージュ」以来、実に4年ぶり。嵐の活動休止後、初めての仕事でもあり、関係者やファンは「99.9――」のヒロインが誰に決まるのか早い時期から注目していた。

「松本は08年公開の映画『花より男子ファイナル』で興収77億5000万円を叩き出して以降、映画に関してはあまり成績が振るいません。その原因について、『ヒロインとの相性がイマイチ』とみる演出家が少なくありませんでした」(芸能プロ関係者)

 映画「花より男子」のヒロインは井上真央(34)。それ以降の共演者には「陽だまりの彼女」の上野樹里(34)、「ナラタージュ」の有村架純(28)らがいるが、いずれも大ヒットには結びつかなかった。

「今回の映画『99.9――』のヒロインは“東大卒の聡明なアラサー若手弁護士”という役どころです。ポジションや年齢的に順当なのは長澤まさみや新垣結衣あたりでしょうが、役柄と本人たちのイメージが違い過ぎます。特に長澤はキムタクと『マスカレード・ホテル』で組んだ女優ですから、松潤と組ませるわけにいかなかったという事情もあります」(映画関係者)

 そして、最終的にヒロインの座を射止めたのは杉咲だった。朝ドラ「おちょやん」を見た人は分かると思うが、役作りには定評がある女優だ。ただ、映画の設定を考えると年齢的に若すぎる。それでも杉咲に決まったのは、木村拓哉(48)と共演した映画「無限の住人」、King&Princeの平野紫耀(24)と共演した連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)の評判が良かったためだという。

■謎解きゲームのような予告動画

 実は2月半ばに配給の松竹が発表した予告動画がファンの間で話題を呼んでいた。映像開始の12秒後に、1枚のメモがさりげなくインサートされ、そこには“1=7 Ⅱ=23 M=87”と走り書きされていた。謎解きゲームを楽しめるような仕掛けがほどこされた映像なのだが、「1=7」は、16年にTBS日曜劇場のシーズン1でヒロインを務めた榮倉奈々(33)だとすぐ分かる。「Ⅱ=23」もシーズン2の木村文乃(33)だと理解できるはずだ。問題は「M=87」で、MがMovieのMだと分かるとしても、「87(ハナ)」が黒木華(31)か杉咲花かで見方が真っ二つに分かれていた。

「松潤は“重厚な作品を撮りたい”と口にしていたそうです。年齢を加味しても『99.9――』のヒロインは黒木が本命視されていました。最終的に杉咲に決まったのは、松潤が『彼女となら、もっと大きな仕事につながるかもしれない』と判断したからです。杉咲はこの先まだまだ伸びるだけでなく、共演者を引き立たせるために努力を惜しまない女優だといいます。その辺もジャニーズ事務所にとっては好都合のはずです」(芸能関係者)

 黒木も月9ドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)で判事役を務め好演している。しかし、黒木華の華は「ハル」と読む。ファンが勝手に期待して妄想を膨らませていただけの可能性が高いのだが、筆者も松潤と黒木の共演を見てみたかったと思うひとりである。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

【関連記事】

おすすめの記事