Yahoo! JAPAN

大神商店会 スマホの活用術指南 神之木ケアプラで〈横浜市神奈川区〉

タウンニュース

教室の様子

大口・神之木地区などを中心とする大神商店会が7月15日、神之木地域ケアプラザで高齢者向けにスマートフォンの使い方講座を開催した。

ワクチン接種の予約などでスマホの活用が必要となってきている中、使い方に困っている高齢者を手助けしようと行われており、講師を務めるのは大神商店会のメンバー。同商店会ではマップの中にAR(拡張現実)機能を取り入れるなど、地域でのネット技術活用を推進しており、同講座でもボランティアとして同ケアプラザと連携してきた。

5月から開催され、当初は二次元コードの読み取り方や手軽な連絡手段として利用者の多いLINEの操作方法をテーマにしてきた。今回はYouTubeでの動画視聴方法を中心に、調理動画や植物の育て方など実用的な動画があることを説明。参加者はメモを取るなどして知識を深めた。

同商店会の小野寺知恵会長は「最初は抵抗があっても、知識を習得していくと徐々に意欲的になって継続的に参加してくれる方もいる。地域の人たちで連絡を取り合ったり教え合ったりして、より有効的にスマホを使ってもらえたら」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事