Yahoo! JAPAN

気軽なのに本格派! 東武東上線グルメはつい途中下車したくなる美味ぞろい

さんたつ

東武東上線に乗り入れしている地下鉄が、地上に顔を出し、最初に到着するのが和光市駅。だから、和光市駅~上福岡駅間の東武東上線沿線エリアには、東京テイストの店と埼玉テイストの店が混じり合っている。気取らずおしゃれでおいしいのが魅力なのだ。

Clochette de Bois

新倉うどんを使ったモチモチパスタ

8種類のパスタから選べる新倉うどんパスタランチコース1800円~。

「お客様の誕生日には生演奏、生歌で、周りのお客様も巻き込んでお祝いするんですよ」とオーナーの鈴木康子さん。毎週土曜には、クラシックやジャズなどの生演奏を行う音楽レストランだ。
姉妹店の鈴木製麺所のオリジナルである新倉(にいくら)うどんは、小麦の風味と手もみ特有のコシが特徴。これを使ったパスタは、モチモチとした歯ごたえで生パスタのような食感! トマトやバジルソースなどアレンジの幅も広い。

店の専務で声楽家でもある布施忠良さんと、鈴木オーナー。
店舗のある場所は、かつての製麺所跡地。

『Clochette de Bois』店舗詳細

Clochette de Bois(クロシェット ドゥ ボワ)
住所:埼玉県和光市本町11-8/営業時間:11:30~14:00LO・17:30~21:00/定休日:水(祝の場合は営業)/アクセス:東武東上線和光市駅から徒歩5分

ROMANIA KITCHEN by M&Y

気軽にランチでルーマニア料理を

ルーマニア風パプリカの肉詰めは、生クリームが味のアクセント。

都内でも数軒しかないルーマニア料理店。塩・コショウがベースの味付けは癖がなく、日本人にも受け入れやすい。ランチは、定番のルーマニア風パプリカの肉詰めやロールキャベツのほか、週替わりメニューなど常時5種ほどがそろうセットがお得。スープ、パンまたはご飯、サラダ、コーヒー付きで各1000円。デイナーは、鶏1羽を丸ごと焼いたローストチキン2000円とともにルーマニアワインを楽しみたい。

2001年に来日した中川マリヤモニカさんが切り盛り。店名のM&Yは、Me&Youのこと。
白を基調にした店内。さりげなく飾った小物が異国情緒を演出する。

『ROMANIA KITCHEN by M&Y』店舗詳細

ROMANIA KITCHEN by M&Y(ルーマニア キッチンエムアンドワイ)
住所:埼玉県朝霞市本町2-6-11 1F/営業時間:11:00~15:00・17:00~22:00/定休日:日/アクセス:東武東上線朝霞駅から徒歩4分

ミソラ食堂

料理とカルチャーをワインと楽しむ

焼き立てキッシュと大山地鶏の骨付き鶏モモ肉のコンフィプレート(ドリンク付き)1848円。

店名は、ミュージシャン・罇木栄一郎さんの『み空/misora』から。白い引き戸、モスグリーンののれん、木の椅子やテーブルなど、手作り感のある店の雰囲気は「食堂」という名がぴったりなじむ。ビストロやホテルで修業した、店主の松澤邦明さんが作る料理は、キッシュとコンフィを中心にしたフレンチベースの多国籍料理。ライブや地元野菜の直売なども行う、地元カルチャーの発信地でもある。

奥に板張りの部屋もあり、子供連れでも気兼ねなく利用できる。
「夜はワインも楽しめます」と松澤さん。

『ミソラ食堂』店舗詳細

ミソラ食堂
住所:埼玉県朝霞市仲町1-3-37/営業時間:11:30~17:00(金・土・日11:30~15:00・18:00~21:00LO)/定休日:月/アクセス:東武東上線朝霞駅から徒歩5分

布とごはん しましま

野菜の旨味を最大限に生かした料理

しましまランチ1000円。この日の主菜は鯖のカレーマヨソテー、副菜は白ナスの洋風田楽、コリンキのポタージュなど。

季節野菜を使った料理が評判で、ご近所マダム御用達のカフェ。「この春から、料理は孫に完全に任せています」と店主の小松崎幸子さん。ランチは、小鉢3品が付くしましまランチ、またはオムライスの2種類。「酸味や甘みといった味に配慮し、歯ごたえが同じにならないようメニューを考えています」と孫の水本未来さん。祖母と孫が仲良く厨房に立つ姿と、アットホームなもてなしに心が和む。

お豆腐のガトーショコラ300円。コーヒー 200円。
左から水本さんと息子の光亮くん、小松崎さん、スタッフの斉藤さん。
自宅1階を改装。
パッチワークの先生を呼んで教室も。

『布とごはん しましま』店舗詳細

布とごはん しましま
住所:埼玉県ふじみ野市市沢2-14-27/営業時間:11:30~14:30(売り切れ次第終了)/定休日:月・火・土・日/アクセス:東武東上線ふじみ野駅から徒歩15分

洋食エリーゼ えいすけ

ビーフカツレツはあの名店の味

ビーフカツレツのソースは、デミグラスソースかガーリックオリーブソースを選べる。

四ツ谷の人気店だった「洋食エリーゼ」(現『かつれつ四谷たけだ』)で修業した佐藤晃一さんが、その後継者と認められ、2013年に開業。看板メニューのビーフカツレツは、サーロインの脂身を取り、パン粉をつけてレアに焼いたもの。ご飯、サラダ、味噌汁またはチキンブイヨンスープ付きで1580円。メニューにはビーフトマト、ポークジンジャー、チーズハンバーグなど、伝統の味がそろう。

「すべてオーダーを受けてから手作りしています」と店主の佐藤晃一さん。
店頭にも店の由来を掲示。

『洋食エリーゼ えいすけ』店舗詳細

洋食エリーゼ えいすけ
住所:埼玉県富士見市東みずほ台2-6-7 黒田ビル11F/営業時間:11:45~14:20LO・18:30~21:00LO/定休日:火(祝の場合は翌水)/アクセス:東武鉄道東上線みずほ台駅から徒歩3分

讃岐うどん 條辺

本場さながらのコシの強いうどん

かけうどん1玉400円、野菜天ぷらなど各130円。

店主の條辺剛さんは、元巨人軍のピッチャー。引退後、宮崎のうどん店で修業後、故郷である四国のうどんを学びたいと考え、香川の名店『中西うどん』で修業。2008年に奥さんの出身地である現在地で開業。小麦粉や出汁のいりこなどは四国から取り寄せ、本場の味を追求している。本場と同じように、手こね、足踏み、寝かせ、伸ばし、手打ちするうどんは、コシの強さと喉越しのよさが秀逸。

店主の後ろに掛かるのれんの文字は長嶋茂雄氏の筆。
うどんは1玉~ 3玉から選び、カウンターに並ぶ天ぷらなどを皿に取り、精算するセルフスタイル。

『讃岐うどん 條辺』店舗詳細

讃岐うどん 條辺 (じょうべ)
住所:埼玉県ふじみ野市上福岡1-7-9/営業時間:7:00~15:00(麺売り切れ次第終了)/定休日:日/アクセス:東武東上線上福岡駅から徒歩1分

TRATTORIA TRINITA

食材の質や器にもこだわる絶品イタリアン

島根県産イノシシの低温ローストベリーと赤ワインソース2750円。

デジタルライフ製品の輸入・販売を行う会社が営んでおり、店舗は元倉庫。「食材は国内外を問わず使っています。日々違う食材を使うことでメニューの幅も広がります」とシェフの松崎賢司さん。佐賀県産ふもと赤鶏やイタリアのポルチーニ茸など多岐にわたる。食器にも手抜かりはなく、『ノリタケ』製のオリジナルロゴ入りの皿や、カトラリーには新潟・燕産を使う。ランチはコース1100円~で、ディナーはコースやアラカルトで味わえる。

佐賀県産ふもと赤鶏と4種のキノコのトリュフ風味ソース自家製ガルガネッリ1650円。
松崎シェフ(左)とスタッフの皆さん。
4人席がゆったり配され、天井も高く開放的。
厨房では松崎シェフが腕をふるう。

『TRATTORIA TRINITA』店舗詳細

TRATTORIA TRINITA(トラットリア トリニータ)
住所:埼玉県新座市東北2-14-17/営業時間:11:30~14:00LO・18:00~21:00LO/定休日:火・第1月/アクセス:東武鉄道東上線志木駅から徒歩7分

取材・文=塙 広明・千葉香苗(アド・グリーン) 撮影=原 幹和、高野尚人、中西多恵子、加藤熊三
『散歩の達人』2020年10月号より

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【洗濯モノの山】毎日うんざり…片付けのポイントは「干す・たたむ・収納」の動線を短くすること

    特選街web
  2. 【セブン限定】パピコのピスタチオ味が再登場!濃厚クリーミーで最高に美味しい。

    東京バーゲンマニア
  3. 伊藤美来3rdアルバム『Rhythmic Flavor』ジャケ写公開 リリースイベント開催に本人絵柄のTカード発行&グッズ発売も決定

    SPICE
  4. チャンバラトリオ山根伸介は巨人が試合に負けるとラジオをゴミ箱に

    日刊ゲンダイDIGITAL
  5. 渋谷バス停・ホームレス殺人事件 時代と社会の歪みの中で不幸にも交差してしまった2つの人生…【ラサール石井 東憤西笑】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  6. ジャニーズ大みそか「ネット重視」の戦略と商魂 NHK紅白歌合戦など眼中なし

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. バービーは成功し高い支持が 女性芸人“脱ブス”の背景に「いじり」の難しさ

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 犬を飼う前に知っておきたい! 「オス・メスに見られる違い」を獣医師が解説

    いぬのきもちWEB MAGAZINE
  9. ゾロ目は幸運の知らせ!?数字が教える運気パターン8つ

    つやプラ
  10. 【後編】義母が娘に「遅くまで保育園でかわいそう」と言う。フルタイムで働くママの葛藤……

    ママスタセレクト