Yahoo! JAPAN

「過去イチ」「ほんと美味しい」話題の冷凍餃子「王マンドゥ」食べ比べてみた。

東京バーゲンマニア

「過去一美味しかった冷凍餃子」「皮もちもち」「冷凍とは思えないおいしさ」「絶対リピする」

2022年6月現在、SNSや口コミで人気の韓国発の餃子「bibigo 王マンドゥ」を知っていますか?

普通よりひとまわり以上大きいBIGなサイズ感や1kgの大容量でも目を引く商品です。

いくつか味の種類があるので、実際に買って食べ比べてみました。

ボリューム感たっぷり

「王マンドゥ」は、韓国の有名食品メーカーbibigoの冷凍韓国餃子です。ワンマンドゥと呼びます。ちなみにマンドゥは餃子のこと。

1kgの大容量で、価格は各980円(税別/都内スーパーで購入)。

最近では、韓国俳優のパク・ソジュンさんのCMで日本での認知も高まり、スーパーマーケット等でもよく見かけるようになりました。

記者は、イオングループの小型食品スーパー「まいばすけっと」で入手しました。

袋はチャック付きで保存に便利。開けてみると、韓国餃子がそのまま入っています。

手の大きさと比べてみた!

ひとつひとつのサイズは、横10.5cm×高さ3.7cm。

一般的冷凍餃子と比べてひとまわりもふたまわりも大きく、具材もたっぷり入っているように思えます。

また、ひだがかなり細かく、日本のそれと比べて特徴的です。実際調理をするとこの細かいひだの美しさが際立ってきました。

まずは、「王マンドゥ 肉&野菜」から作っていきます。

作り方は焼き餃子、蒸し餃子、水餃子の3つ。好みやほかのメニューに合わせて作れます。今回は焼き調理をしてみました。

油をひいたフライパンに餃子を並べて、焼き目が付くまで焼きます

水約100mlを入れ、フタをして、約4分30秒間蒸し焼きにします。その後、フタを開けて、水分が飛ぶまで焼いたら完成です!

細かいひだも美しい!

フライパンのフタを開けたときから、肉と野菜の香りが一気に広がります。なんともいえない食欲をそそる味です。

一口食べてみると、ジューシーでさっぱりとした味わい。ニラがかなり効いていて、野菜のうま味がたっぷり楽しめます。

ニラ好きな記者にとって、箸が止まらないやみつきになる味です。

もちもちとした皮の食感も新鮮です。具材の中に太めの春雨も入っているので、食感のアクセントにもなります。

公式サイトに「餃子のようで、餃子じゃない!」とありますが、食べなれた餃子とは確かに食感は違っていました。

ひとつひとつにボリューム感があり、食べ応えが楽しめます。記者(20代女性)は、4個食べたらかなりの満腹感が得られました。

キムチ味と食べ比べてみたら

さて次は、「王マンドゥ キムチ」を作ります。

SNSや口コミをみると「キムチのほうが好き」という意見も見られるので、期待が高まります。

赤い餡が透けて見えて、見た目からスパイシーさが伝わってきます

食べてみると、旨辛い味が濃厚で最初に食べた「肉&野菜」とはまったく違う美味しさ。キムチのサクサク食感も楽しく、よりビールに合いそうです。

2種類食べ比べた結果、個人的には「肉と野菜」のほうが好み。野菜と豆腐のうま味を活かしたさっぱりとした味わいは、どれだけ食べても飽きがこないです。夏など食欲がない時でも、ストレスなく食べられそうです。

キムチ味はほどよい辛さが楽しめるパンチのある味わいなので、ごはんが進みます

  

焼いて食べるほか、鍋調理して「マンドゥスープ」を作ったりすることもできます。また、今回はレポしませんでしたが、水餃子用の「水マンドゥ 肉&野菜」もあるのでお試しを。

韓国料理や餃子が好きのみなさんは、ぜひ店舗でチェックしてみてね!

【関連記事】

おすすめの記事